市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【春の便り】春を感じる弁天ふれあいの森公園

皆さんいかがお過ごしでしょうか。ポカポカ陽気が目立つ今日のこの頃。花粉が飛ぶ季節とあって、人によっては目が痒くなったり、鼻水が止まらない時期でもあります。

さて、今回は来たる春という事で「弁天ふれあいの森公園」の様子をお届けします。

●場所

●弁天ふれあいの森公園

弁天ふれあいの森公園は見明川沿いにある公園で弁天エリアの中では最大規模の広さを誇っています。写真はプロムナード付近の入口。見た感じ、冬木が多い印象を受けますが、花壇などの目線が低い場所に注目して見ると、ちらほら季節の表情を感じる事が出来ます。

キャベツのような見た目をしたこちらは【葉牡丹(ハボタン)】と呼ばれる冬のガーデニングに欠かせない植物。季節が移ると色づき、色が付いている部分はお花ではなく、葉っぱ。花姿が牡丹に似ていることからこの名が付けられたそう。

ビオトープも要チェック。よく見ると、写真左奥に桜のような植物が。落下しないよう注意しながら、桟橋を渡りましょう。

こちらは【梅(ウメ)】でしょうか。八分咲きくらい…?

撮影したのは三月中旬。夏に迫る暖かさの影響でしっかり開花しています。

水墨画に出てきそうなプロポーションをしたこちらの木は【広葉樹 落葉 バラ科】の【花梨(カリン)】という植物。タラの芽みたく、新芽が所々に咲き始めています。

緑道を道なりに進んで行くと、なんと立派な桜が咲いていました。濃いピンク色が特徴的なこちらは【河津桜(カワヅザクラ)】。早咲きの桜で開花時期は一月末~三月だそう。

別角度から。弁天ふれあいの森公園は平坦な芝生広場が大半を占める公園。日光がよく当たり、桜が広々とした空間で映えます。

春の訪れを感じます♪

黄色く輝く花々。春といえば、こちらのお花も忘れてはいけません。

おなじみ【アブラナ科アブラナ属】の【菜の花(ナノハナ)】です。ハチさんが蜜を求めて飛び回っていました。そうか…もうそんな季節か…。

いかがでしたでしょうか。皆さんも是非、季節を感じに訪れてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る