市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

子ども同士が一緒に遊べる『子連れベビーシッター』が浦安でもサービス開始!保育のプロが子どもを見てくれますよ~!

仕事のために、自分の時間確保のために…ちょっとの間、子どもを誰かに見ていてほしいときってありますよね。そんな時、頼りになるのがベビーシッター。海外では一般的ながら日本ではまだまだ浸透していないサービスですが、特にコロナ第6波では保育園・幼稚園の休園が相次ぎ、ベビーシッターの需要が急増したと言います。

ベビーシッターというと、シッターさんが依頼者の家を訪れて子どもを見てくれるというのが通常。ですが、昨年登場した『NINANKID(ニナンキッズ)』というサービスは『シッターさんが子連れでベビーシッターをしてくれる』というスタイルなんです! 昨年11月より浦安在住のシッターさんが登録され、浦安市内にもサービスが提供可能になった『NINANKID』。どんなサービスなのか、取材しました♪

子連れでシッターするからこそ、子どもが楽しい・子どもの学びにつながる!

『NINANKID』は、「子連れで働きたいママ」と「子どもを預けたいママ」をつなぐベビーシッターサービス。「私自身、産後に子連れで働ける仕事を探していたのですが、あまりに少なくて…」と『NINANKID』立ち上げのきっかけ話してくれたのは、代表の齊藤さん。「うちは娘が保育園に入れなかったので、娘を親に預けて登録制のベビーシッターで仕事を始めました。でも何回目かのシッティングのときに、親の都合で急に娘を預けられなくなってしまったんです。お客様に『こういう事情で娘を預けられないので、申し訳ないのだけどキャンセルをさせてほしい』とお伝えしたところ、『子連れでも良いから来てほしい!』と言ってくださって。そこで娘を連れてベビーシッターへお伺いしたら、娘とお客様のお子様がすぐに打ち解けて、とっても楽しそうに過ごしてたんです! 片や、待機児童問題やご自身のお気持ちから『子連れで働きたい』という働き手のニーズもある。そこをつなげるサービスをつくりたい!と、NINANKIDを立ち上げました」

2021年6月から始まった『NINANKID』。まだまだ認知はこれからだそうですが、「通常のベビーシッターサービスに比べ、お客様の満足度は高いです」と齊藤さんは話します。「同じくらいの年の子どもとコミュニケーションが取れるので、お客様のお子様が『楽しかった!』と喜んでくれるんです。そんなお子様の様子を見て、親御さんも喜んでくださっています」。シッターとシッターの子ども、そしてお客様のお子様…子ども同士でおもちゃで遊んだり、シッターさんが読み聞かせをしたり、お天気が良ければ近くの公園へ散歩に行ったりと、プチ保育園のような空間が生まれると言います。

浦安で活動しているシッターさんはこんな方♡

写真左・れいかママ、浦安在住のシッターさんです。※撮影のためマスクを外しています

浦安在住で『NINANKID』のシッターとして活動されているのは、2歳の娘さんと9ヶ月の息子さんをお持ちのれいかママ。実際に幼稚園・保育園にお勤めをしていたこともあるという、保育のプロです! 「母が保育士だったので、その背中を見て子どもに関わる仕事を目指しました。働き始めたら、もう子どもたちが可愛くて可愛くて…この仕事以外考えられない!と、ずっと地元の福島で幼稚園・保育園に勤めていたのですが、主人の仕事の都合で1年ほど前に浦安へ引っ越してきたんです。子連れで働ける仕事はないかな…と探していたときに、こちらの『NINANKID』のシッター募集を見つけて。これだ!とすぐに応募しました」

れいかママのお子さんは、二人ともとっても人好き。初めて会ったお友達にも「遊ぼうよ!」「おもちゃ貸してあげる」と、積極的にコミュニケーションを取るのだそう。「特に2歳の娘は、公園でもどこでも一瞬で友達を作ってくるタイプ。先日お伺いしたお宅では、娘と年の近いお子様だったこともあってか、すぐに打ち解けていました。0歳の息子はお客様のお子様に可愛がってもらったり、お世話をしてもらうこともあったり…子どもって本当にすごいなぁと、見ていて思いますね」。幼稚園・保育園でお勤めをしていたというれいかママ、工作やピアノもお手の物! 子どもの心をつかむのも上手なので、安心して任せることができます。

『NINANKID』では、受付時間や利用料金などの条件がシッターごとに異なります。れいかママの現在の条件は以下のとおり。要チェック☆

対応エリア【近くのエリア】千葉県浦安市
【他対応エリア】要相談
単発依頼料金1700円1300円/時間+交通費
※現在キャンペーン中で基本料金がお安くなっています!
最低依頼時間2時間~
対応年齢0歳〜4歳
延長料金30分500円
資格保育士
幼稚園教論資格
​自治体への届出済
対応日時【3月】​​​カレンダー参照
外遊び​1時間まで
送迎不可
保育可能人数1人
基本受付時間10時~16時
8時~10時 ​
16時~18時
​1時間+100円
勤務外​
お泊り
​1時間+150円

実際の支払いにかかるのは、
・保育料
・交通費
・オプション料金(時間外料金等)
・手数料(保育料+オプション料金の15%)
となります。詳しくはシッター依頼時のお見積りをご確認ください。

利用にあたって気になることを聞いてみた!

Q.利用の流れはどんな感じ?

まずはメールかLINEで会員登録(入会金・年会費無料)をし、本人確認が済んでから利用可能となります。ご希望のシッターさんを見つけてシッター依頼を出すと、見積もりが送られてきます。この見積もりを承認すると予約成立となります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

Q.コロナ対策について

シッターはマスク着用、手指消毒、ワクチン接種済み。シッターの子どもは年齢にもよりますが、マスクを着用できないこともあります。詳細は事前にご確認ください。

Q.体調不良時はどうしたらいい?

申し訳ございませんが、病児保育はお受けできません。体調不良のお子様、熱が37.5℃以上のお子様はお預かりできませんので、キャンセルをお願いいたします。

Q.シッターさんやそのお子さんが体調不良の場合はどうなるの?

ご依頼当日は必ず健康チェックを行なっていますが、万が一、体調不良の際は急遽別のシッターで対応する形になります。ご了承ください。

Q.今日来て欲しい!そんな時も対応可能?

事前に会員登録をしている場合は、早急な対応が可能です。ただ、シッティング開始の6時間前までにお問い合わせいただけるとスムーズです。

Q.お昼ごはんはどうしたらいい?

A.シッティングに集中するため、シッター中の調理・家事は承っておりませんので、お子様分は予めご用意をお願いいたします。ベビーフードなどでも全然OK! シッターが連れてくる子どもの分はシッターが用意します。おむつなどのごみ処理についても、お子様の分はお渡し・シッターの子どもの分は持ち帰ります。

Q.シッターさんのお家で見てもらうことはできる?

ご依頼者様のご自宅でのシッターが基本。ですが、場合によってはお受けすることも可能です。ご相談ください。

その他質問は公式サイトの「よくある質問」からご覧いただけます。もちろん個別のお問い合わせも可能です。

いざというときに頼れる『子連れベビーシッター』。まずは会員登録から!

浦安在住シッターのれいかママ(左)と、代表の齊藤さん(右)。ママ同士で話が弾んでしまいました♪

『NINANKID』の名前の由来は、タガログ語の「NINAN(ニナン)=第二の母」。「第二の母として、お子様を見守ることをモットーにしています」と齊藤さん。就園前の子どもを預けながらも、子ども同士のコミュニケーションによって協調性や社会性を育める…NINANKIDは、そんなサービスです。現在は単発の利用が多いそうですが、子連れベビーシッターだからこそ「またあの子と遊びたい!」と定期利用も増えていきそうな気がします。急な仕事が入ってしまったとき、そろそろ自分の時間を確保したいなぁと思ったとき…子どもが楽しく遊べる『子連れベビーシッター』検討してみてはいかがでしょう?

NINANKID…https://www.ninankid.com/home

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る