市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【ご近所♪ウラヤスイーツ①】 “生地が主役のクレープ屋”が、ついに浦安にも進出! 自由な働き方が育んだ、誰もが笑顔になれるクレープを食べに行こう♡ 『ウエダクレープ』

日々に小さな幸せを運んでくれる存在といえば、スイーツですよね♡
甘くて美味しくて、口に運べば笑顔がほころぶ…そんなスイーツが、浦安にもたくさんあります。お仕事帰りに、お買い物やお散歩のついでに、もちろんそれ自体をお目当てに、この春はご近所をめぐってみませんか?
誰かに自慢したくなる“URAYASweets”ご紹介します!

一戸建ての1階、5畳のお部屋をクレープ屋さんとして改造した『ウエダクレープ』。もともとの窓が提供スペースです。「この窓にあわせた高さのウッドデッキが必要で、1ヶ月くらいかけて自分で作りました。他にも機材が全部入るのか、調理スペースが取れるのか、いろいろ心配したんです」と上田さん(写真右)。「実はここ、ヤマグチクレープFC加盟店の中でも一番狭い店舗なんですよ」と、ヤマクレ創業者の山口さん(写真左)。

働き方を変える!会社員からクレープ屋さんへ

段差道路を舞浜方面へ進んでいくと、見明川のちょっと手前に現れる小さなお店。ここが昨年12月にオープンした『ウエダクレープ』です。「平日は高校生や保育園帰りの親子連れ、舞浜駅から帰る途中の近所の方が寄ってくださいます。土日は遠方から来てくださる方も多いです」と話してくれたのは、ウエダクレープ店主の上田さん。浦安生まれ浦安育ち、とっても可愛らしい女性です。


もともと会社勤めをしていた上田さんですが、『毎朝決まった時間に会社に行く生活が向いてない』と感じて一念発起。「絵を描いたりモノづくりをしたり、小さい頃から手を動かすことが好きで。辞める前に戸建てを買ったので、1階の使っていない部屋を工房と雑貨屋さんにしたいと考えていました」。お店の構想を練る中で、雑貨の前にまずは『食』のほうが老若男女に来てもらえるのではないか…そんな思いが強くなり、ご自身の大好きな〝クレープ〟が選択肢に浮上します。

実は『ウエダクレープ』は、市川市広尾にお店を構える『ヤマグチクレープ』のFC加盟店。「以前住んでいた家がヤマグチクレープのすぐそばで、よく食べに行っていたんです。他のお店のクレープもいろいろ食べましたが、やっぱりヤマクレが一番!と思うくらい大好きで。フランチャイズってちょっと抵抗があったけど、『山口さんにクレープの作り方を教えてもらう』ならそれが一番いいなと思って、お話を聞きに行ったのが去年の9月でした」。トントン拍子に話が進み、自宅をクレープ屋に改装。得意のDIYを活かし、ウッドデッキは全て手作りというから驚きです!

忙しいけれど、毎日がとっても楽しい!

クレープの特徴は、何と言ってもこだわりの生地。外はパリッと中はモチモチで、とっても美味しい! オーガニックの小麦粉や全粒粉、バターを煮詰めて作るギーなどを使用した生地は、鉄板の上に流した瞬間良~い香りが表の道路まで広がります。複数オーダーの場合、どのように順序立てて作るかも肝なのだとか。ウエダクレープではスタッフの小芝さんが生地を焼き、上田さんがトッピングとレジを担当。お二人の息の合ったコンビネーションで、出来立てのクレープが次々とお客様に渡されます。


土日は行列が絶えないウエダクレープ。大変そう…と思いきや、「毎日忙しいですけど、クレープを作るのもお客様とお話しするのも、とっても楽しい!」と目を輝かせる上田さん。「使いづらいところは直しながら、誰もが来やすいお店を作りたい。いずれは隣で雑貨屋さんもやりたいです!」と抱負を語ってくれました。この春は、クレープ片手に段差道路をお花見散歩…なんていかがでしょうか?

《番外編》元祖・ヤマグチさんと、ヤマグチクレープのお話

北海道から鹿児島まで、現在8店舗のFC加盟店を抱える『ヤマグチクレープ』。元祖ヤマクレが誕生したのは2019年。元々会社員だった山口さん、子どもが生まれたタイミングで「働き方を変えたい」と転身します。子どもが熱を出した時や悪天候の時にスパッと休む営業スタイルは、全国で共感を呼びました。「無理しない、自分の生活が第一。日本の働き方を変えたいですね」と山口さん。今後もヤマクレ系列店が続々オープン予定!FC加盟店は随時募集中とのこと、私たちもウラスミクレープやろうかな…!?
市川市広尾1-16-24 ・月木定休・臨時休業有り・火水金日12~18時、土12~16時(生地売切れ次第終了)Instagram@yamaguchicrepe

ウエダクレープ
Instagram @uedacrepe
浦安市富士見5-24-1
営業時間 12:00~18:00※生地が無くなり次第終了

人気すぎて早めに閉まることもあります。


定休日 火・水曜日

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2022年3-4月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る