市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

聴いて楽しい・知って楽しい♪ 耳と頭と身体で味わう、大人のためのクラシック入門編・『ほしおと レクチャーコンサート』が開催されます【9月5日@浦安音楽ホール】※延期になりました

コロナ禍で在宅ワークをはじめ家にいる時間が増えたことで、意外と増えたものってありますか? 私の場合『音楽を聴く時間』です。若い頃はカラオケ全盛期だったこともあり、ほぼJ-POPしか聴いてこなかった私ですが、最近特にいいなっと思い始めたのが『クラシック音楽』。ストリーミングで聴きはじめてみたところ、懐かしのあのCMに使われていたあの曲も、あの名画に使われていたBGMも、フィギュアスケートであの選手が滑っていたあの曲も! クラシック音楽って敷居が高いと思っていたけれど、実はとっても身近な存在なんだな…と実感したのです。

そんなクラシックビギナーをはじめ、クラシックにあまり馴染みが無いという方にぜひオススメしたいコンサートが、9月に開催されます。浦安を拠点に活動するアンサンブルグループ『ciel』が主催する、『ほしおと レクチャーコンサート』。音楽を聴いて楽しむ・知って楽しむ入門編が、9月5日(日)浦安音楽ホールスタジオAにて行なわれます。どんなコンサートになるのか、出演する『ciel』メンバー4名の皆様にお話を伺ってきました!

アンサンブルグループ『ciel』とは?

2009年に「生の音楽をもっと楽しんでもらいたい」という想いから結成された『ciel』。音大・音高を目指す若者を支援する「若い芽うらやす」という団体に所属していたメンバーが、時を経て結成したアンサンブルグループで、メンバーは皆さん浦安ゆかりの方々です。ピアノ・ヴァイオリン・チェロ、そして声楽の揃うちょっと珍しい構成だからこそ、バラエティに富んだ演奏で楽しませてくれるのも魅力の一つ。

左から、ソプラノ歌手の大島さん・ピアニストの巽祐子さん・ヴァイオリニストの市川さん・チェロ奏者の北嶋さん・ソプラノ歌手の巽順子さん。※巽順子さんは現在海外でお仕事中のため、次のコンサートには不参加です

結成当初から0歳から入場可能なコンサートを定期的に開催されてきた『ciel』の皆さん。2016年より、親子参加型音楽セミナーとコンサートをセットにした企画『にじおと』と、大人向けのしっとり音楽を楽しむコンサート『ほしおと』の2つを活動の軸に据え、市内外でコンサートを行なってきました。様々な企画でコンサートをされてきた『ciel』の皆さんですが、今回の『ほしおと レクチャーコンサート』は、初の試みなんですって!

聴いて楽しむ、知って楽しむ。クラシック音楽のうんちく第一歩を、ここから踏み出そう♪

「親子向けの『にじおと』では、レクチャーコンサートという形を取ることもあったんです。でも大人向けの『ほしおと』ではやったことがなくて…クラシックに馴染みの無い方にも、もう一歩踏み込んで音楽を楽しんでいただけるような内容にしようと構成を考えました」と話してくださったのは、チェロ奏者の北嶋愛季さん。

「クラシックのコンサートって、好きな方は何度もリピートしてくださるんですが、どう広げていくのかというのが課題なんです」と、ピアニストの巽祐子さん。子どもの頃は初めての音楽もすんなり受け入れられるけれど、大人になると『クラシック音楽』というだけで身構えてしまって、「難しそう…」「どう聴いたらいいの?」「何から聴けばいいの?」って、無駄にアタマで考えてしまう…なんだか身に覚えがあります。「今回はレクチャーとして歴史や聴き比べを取り入れることで、大人の知識欲を刺激する内容になっています。親子向け『にじおと』のレクチャーコンサートとは真逆の構成なんです」

今回レクチャーで大きく取り上げるのは『ピアノトリオの歴史』と、同じ楽曲の器楽と歌の『聴き比べ』です。

イメージ写真

ピアノトリオとは、ピアノ・ヴァイオリン・チェロの三重奏のこと。クラシックを聴くうえでスタンダードな編成であり、楽曲もたくさん書かれています。「一つの編成(スタイル)に着目したレクチャーって少ないんですが、そうすることでよりコアに、具体的なことを示せるんじゃないかと思います。ピアノトリオがどう誕生してどう変化していったのか。昔の楽譜はどんなものだったのか。ピアノってヴァイオリンやチェロよりも歴史が浅く、昔はなかったんですよ。ピアノの無い時代は別の楽器で三重奏だったんですが、それは何だったのか?…等々、深堀をしていきます」と北嶋さん。

聴き比べで登場するのは、シューベルトの『ます』という曲。曲名だけではピンと来ないかもしれませんが、最初の一節を聴けば「ああ~これね!知ってる!」と思うはず! そんな有名な『ます』を、器楽と歌で聴き比べます(もともと両パターン書かれた曲なのだそう)。「歌はドイツ語なんですが、レクチャーではどのような歌詞なのかも含めて裏話も飛び出しますよ。ぜひお楽しみに!」と、ソプラノ歌手の大島智恵美さん。

コロナによる多種多様な制約。だからこそ、どんな場面でも対応できる力がついた

コロナ禍ではコンサートが延期になる中、オンライン配信を行ないました。「『ほしおと』『にじおと』1回ずつオンライン配信しました。特に小さなお子様連れの『にじおと』では、子連れで決められた時間・決められた場所にいく必要のないオンライン配信は一定のニーズがありましたね。でも昨年12月、久しぶりに『にじおと』の有観客コンサートを行なったとき、用意したチケットが完売になって。やはり皆さん生の音楽を聴きたいと思ってくださっているのだなぁと実感しました」と巽さん。

コロナ対策を行なっての舞台には様々な制約があり、開催地の自治体や施設によってもガイドラインが異なるのだそう。観客の人数制限や検温・アルコール消毒、換気などのほか、歌手にもマスク着用が義務付けられたり、舞台と客席の距離は○m・器楽の演奏者さんも互いに○mずつ間隔を空けることが求められたり、コンサートが再開してもなかなか今までと同じようにはいきません。「とにかく安全第一ということで、そこは演奏者も柔軟に対応をしていこうと。今の時点で9月がどうなっているのかわからないですし(※この取材を行なったのは6月下旬)、そうでなくてもどんどん状況は変わっていくので、臨機応変に対応をしていこうと思っています」と、ヴァイオリニストの市川友佳子さん。「だいぶ考え方が柔軟になったよね」「そうだね」と皆さんも頷きます。

クラシック初心者大歓迎! 気軽に、普段着で気楽にどうぞ♪

来る9月5日の『ほしおと レクチャーコンサート』。どんな方に聴いてほしいかお伺いすると…「今回は未就学児NGのコンサートではありますが、学生料金もあるので学生さんだったり若い方たちにも聴いてほしいです。どうしてもクラシックって年齢層が高めなイメージがあると思うのですが、今回はレクチャーコンサートですし、クラシック初心者の方にも気軽に来ていただきたいなと思います」と大島さん。

「よく『クラシックのコンサートって何着てけばいいの?』って言われるんですけど、本当にカジュアルでOKです!」と市川さん。Tシャツやデニム、スニーカーで気軽に来ても全然大丈夫なんですって! ぜひ気楽に気軽に、クラシックを楽しみにきてくださいね。

生音の心地よさと、レクチャーでの深堀り。9月5日はクラシック音楽を耳で・頭で・身体で楽しもう!

インタビューの最後に、9月5日『ほしおと レクチャーコンサート』の見所をお一人ずつお伺いしてみました。

左から、ピアニストの巽さん・ヴァイオリニストの市川さん・ソプラノ歌手の大島さん・チェロ奏者の北嶋さん。ありがとうございました!

「コロナによって人と人との距離が離れたからこそ、近くに感じられるようなコンサートにしたいなと思っています。そのために今回は舞台のあるホールではなく、フラットな『スタジオA』にしたんです。ぜひ音楽との、私たちとの距離感を楽しみにいらしてください! 」と市川さん。

「配信でもみなさんとつながることのできる時代ですが、みんなで同じ時間を共有してみんなで楽しめるコンサートにできるように。私たちもそう願いながら、練習に励んでいます」と大島さん。

「『ほしおと』では初のレクチャーコンサート、キーワードは『深堀り』です。クラシックを深く掘ることで、興味深いな…と皆さんに感じてもらえたら嬉しいです」と北嶋さん。

「今は画面を通していろんなことができるようになって、とっても便利な時代。でも、生の音が空気を震わせ肌を伝って体に届く感覚は他では味わえません。『生の音を届けたい』と結成したアンサンブルグループ『ciel』の生演奏を、コロナ禍の人たちに聞いてほしいです」と巽さん。

縁が無いと思っているアナタも、実は身近なクラシック音楽。9月5日は、そんなクラシック音楽を耳でも頭でも身体でも楽しめる貴重な機会! ぜひ『ほしおと レクチャーコンサート』へ、足を運んでみませんか? 午前・午後の2回公演なので、ご都合に合わせて選んでみてください。チケットは浦安音楽ホール窓口、パスマーケットでも販売中。会場に行けない・行けるかわからない方は、録画配信によるオンライン視聴もご利用いただけますよ♪

【ほしおと レクチャーコンサート 開催概要】

日時2021年9月5日(日)
①11時~12時(開場10時半)
②14時~15時(開場13時半)
※プログラムは2回とも同じです。
場所浦安音楽ホール4F スタジオA
料金一般:2000円
学生:1500円
※未就学児入場不可
※本公演は会場の感染症対策ガイドラインに基づき開催いたします。
出演ヴァイオリン:市川友佳子
チェロ:北嶋愛季
ソプラノ:大島智恵美
ピアノ:巽祐子
プログラムブラームス:ピアノトリオ第1番 op.8第一楽章
ヘンデル:オンブラマイフ
シューベルト:ます 他
チケット浦安音楽ホール窓口、またはパスマーケットにて販売中。
録画配信によるオンライン視聴はこちらから
主催ciel…https://ensembleciel.com/
後援浦安市教育委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る