市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【コロナ禍の現況報告あり】若潮公園・交通公園に初潜入! 遊びどころたっぷりで、子連れの浦安ビギナーには楽しすぎた贅沢な公園でした。

今日は、梅雨入り前のお出かけ日和! 転入前から、「浦安には、動物とのふれあいあり、子供向けカートあり、しかもお金はかからない!」という夢のような施設がある、と調べをつけていた筆者。まだ朝の10時、体力を持て余した、歩き始めた子どもと一緒に出かけてみる事にしました。

●まずは基本情報 ~ビギナー向け情報~


自然がいっぱいで思いっきり体を動かせる「若潮公園」と、子どもたちが交通ルールを体感して学ぶ「交通公園」が隣接しており、そのちょうど真ん中に「体験学習施設」が建っています。施設内では、動植物の展示、ふれあい等が楽しめます。

子ども連れで遊ぶには最適な公園で、キレイなトイレ、自販機、駐車場に駐輪場はもちろん、ゴミ箱もたくさん設置され、道向かいにはコンビニもあり…とにかく至れり尽くせり! よく整備された、小さな子どもと一緒でも気持ちよく遊べる公園です。

●ウィズコロナ 運営状況

①体験学習施設

展示施設のみ、市内者に限定して施設を解放していました。入り口でスタッフの方に検温してもらい、用紙に名前、住所(字までで可)、連絡先などを記入して入館できました。2階には入れなくなっています。

②ふれあい広場

ポニー乗馬、モルモット・ウサギのふれあい、フィッシュセラピー、マーモセットとのふれあいは引き続き中止しています。動物の展示はされていますが、展示時間を短縮しているそうです。

③交通公園

こちらも休止中。「バッテリーカー広場」と「幼児用乗物広場」は閉鎖されていました。受付の裏手のトイレも施錠されていました。

●若潮公園デビュー! はじめての自然体験にピッタリ

リスクが高くなってしまう遊びは、いずれも休止となっていますが、それでも楽しめるのがこの公園のいいところ。朝に行くと、お散歩の園児たちが遊んでいる姿が見えました。「コミュニティ広場」は中央に丘がある芝生広場。遊具がない代わりに、あちこちにゴロッと大きな岩が転がっています。広場をグルリと囲む遊歩道沿いに植樹が並んでいるのですが、その数が多い! 遊歩道を歩くときに
は、帽子がいらないくらいです。


一見シンプルな「コミュニティ広場」ですが、子どもたちの自然体験にはもってこいです。我が子も目を輝かせながら、丘を登り、岩にしがみつき、野草を見つけ、と満喫していました。次はピクニックに来たいです!

●交通公園デビュー! バッテリーカーがなくても…!

そう…乗り物がなくても…小さい子向きの「子どもの遊び広場」があるのです。
安心して見守っていられるシンプルな遊具、柵で囲ってある砂場に、立派な藤棚まで。大きな公園の一角にしておくには勿体無い広場です。

そしてこの交通公園、とてもかわいいんです。小さな信号に、小さな横断歩道、小さな歩道橋。全体が小さな街のように見えてきます。歩き回っているとなんだかジオラマに入り込んだような気分になりました。とても映えるのでは…?ゆっくり写真を撮ることができるのも、乗り物休止中の今だからこそかも知れませんね。

●体験学習施設デビュー! 愛情を感じる展示にほっこり

思わず入館できたこちらの施設。平日の朝という事もあり、我が家の貸し切り状態でした。結論、こんなに面白い展示なのに、無料開放でいいんでしょうか??
魚だけでも、ずらっと並んだ水槽に、金魚、メダカから始まり、ウツボ、肉食魚まで、生き生きと展示されていました。この展示についている説明文が面白く、管理されている皆さんの広い知識と深い愛情が感じられました。魚たちが元気なのは、このおかげかも…?そこら辺の水族館より楽しめました。

もちろん展示は魚に限らず、シマリスやハリネズミといった小動物、たくさんの種類のカエル、ヘビといった両生類、屋外には、目玉のポニーやカピバラもいました。どの展示の説明も面白い! 是非お父様お母様にも読んで欲しいと感じました。

臨時閉園中、マーモセットとウサギには、赤ちゃんが産まれていたそうですよ!
展示されていた写真がかわいかったです。おめでとうございます!早く会いたいですね。

急ぎ足でぐるっと一周したつもりでしたが、気づけば時間はお昼前になっていました。お弁当を持って、ゆっくり遊べば、丸一日楽しめると思います。健康管理やソーシャルディスタンスに留意して、安全に楽しみたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る