市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【市川市福栄】みどりの国を散策してみた。

みどりの国。それは動植物のテーマパーク。という訳で今回は以前から気になっていた施設、「みどりの国」をご紹介します。

●場所

緑の国は「野鳥の楽園」や「宮内庁新浜鴨場」を取り囲むいわば野鳥を観察するための緑道。南行徳駅前通りから川沿いの緑道を伝ってアクセスすることが出来ます。

●みどりの国

緑道を歩いていると、突如として現れるこちらの施設。付近には柵が設置されており、営業時間内にのみ、扉が開放されています。「緑の国」との記載が目印です。

桟橋を進むと、川沿いと湿地帯が見えてきます。草に覆われてわかりにくいですが、しっかり水が張られているので落ちないように注意です。

付近ではカルガモが羽休めをしていました。境川などで見かける鳥たちは皆、ここに巣を作っているのかもしれませんね。

桟橋を渡り木製の階段を登ると、消毒床があるので必ず靴を消毒しましょう。生態系を守るためにも菌を持ち込まないように。

更に階段を登っていくと、写真のような光景が現れます。「みどりの国」は全体的に細長く、このエリアは右手に「千葉県立行徳高等学校」や「市川市立塩浜小学校」などの教育機関に隣接しています。

直線道を歩いていると、左手に道が現れます。本格的な細道でジャングルの中に迷い込んだようです。

数分ほど歩くと、水辺が見えてきました。木々の隙間から野鳥を探します。

遠くの砂地にはウの群れが。ウは素潜りで魚を捕まえる鳥として有名ですよね。

今回は真夏の暑さということもあり、体調を考えこの辺で終わりにすることにしました。緑の国内は自販機や売店がないのでこれからの時期、訪れる際は万全の準備と暑さ対策をしておいた方がいいでしょう。

開園日は毎週土曜・日曜日、祝日(年末年始を除く)で平日は開園していないので注意が必要です。また、開園時間も季節により異なります。詳細は以下のサイトをご覧下さい。

以下、みどりの国を含む市川市公式サイト
https://www.city.ichikawa.lg.jp/env02/1111000111.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る