市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安駅前 外国人講師英語教室】え、このクオリティで大手半額近くの料金いいんですか?!本格的英語レッスンが嬉しい土曜開講&都度払い。個別レッスンや成人向け外国語相談も。

小学校も高学年になると教科として英語が扱われるようになり、「大学入学共通テスト」でも英語の試験は内容・実施形態ともに大きく変わりました。これからの時代、英語ができることはアドバンテージではなく、英語は”手段”としてますます重要になってきます。春になって新しいことを始めたくなる季節。手軽に本格英語を初めてみるのはいかがでしょうか。

大人の皆さん、「job」と「work」の違いを説明できますか?

小中学校の元校長先生である村瀬先生の個別指導塾、暁塾。なんと5教科対策だけでなく、小学生や大人向けの英語教室もやっていると聞き、取材に行って参りました。

この日見させていただいたのはグループレッスンの枠。小学校4年生6年生中学1年生の在籍が長い子とこの春から参加するようになった5年生6年生が参加しています。

クラスが始まる前にホワイトボードにそれぞれ「今日の天気・明日は日曜・昨日は土曜」英語で書いていきます。現在形と未来形と過去形とそれぞれ違う文法ですが、みんなスラスラと書いています。

そしてクラスが始まると先生から質問の嵐。「今日は何月何日何曜日?」「今日の天気は?」「今日の気分は?」「午前中なにしてた?」「何年生になったの?」子供たちはそれぞれ答えます。ひとりひとりに当てていく授業のようなスタイルというよりは先生 対 子供たちで自由に話しているような和気あいあいとした雰囲気です。みんな勝手に喋ります。

「曜日(月の名前、数字の20まで)を自分で暗唱してみよう。」と先生が振ると子供たちはそれぞれスラスラと暗唱します。このあたりの基礎的な単語はすでにインプットされているようです。

この日のレッスンテーマは『職業』。自分たちが知っている職業を英語で挙げていきます。

学校の先生、医師、歯医者…と次々出していく中で、「美容師は?」「映画監督は?」「テーマパークのキャストってなんて言うの?」等と子供たちからは能動的に質問が飛び交います。自分からどんどん聞いていき、先生も1を3で返してくれるので学びがどんどん深まっていくように感じます。先生が「Anyting else?(他にない?)」と尋ねると「あ!これもあるね!」と子供たちから永遠とでてきます。

音読するだけでなく間違いなくみんな内容理解している…!!

テキストを音読するのも先生が読み上げるものを復唱するというよりは子供たちは知っている単語や表現は自力で読み上げます。(中学英語から触れてきた筆者にとってはなぜこんなに読めるのか不思議な光景でした 笑)

テキストの文章を読んだあと、登場人物やこの人の職業等を先生が質問を投げかけます。当たり前ながら先生からの質問もテキストの内容もすべて英語。テキストを正しく読み取り質問を聞き取り理解しないと答えることはできません。先生の質問の意図がわからなかったり、単語の意味を知らないと子供同士で「○○って言ってるよね?」「△△ってことで合ってるかな?」という日本語が飛び交います。なので、みんなわからないから黙るというより、『声に出して聞いてみる』という印象です。(日本人って黙ってしまいやすいので、大人になってこういう力は社会に出たときどの職種業界でも必要なスキルですよね。)

この日、初見の文章だったということですが生徒はみんなその後の文章問題にもチャレンジしていました。筆者もテキストの内容を見たのですが、文章量・単語レベルともに中学1-2年生相当になりそうです。新4年生の子が問題なくついていっているのはスゴイ!のひと言に尽きます。

先生はバイリンガルというより日本語の方が苦手

土曜の英語を担当してくれているのはフィリピン出身のJasa(ジュサベル)先生。子供たちが課題を見せにいくと埋もれてしまいそうな小柄な女性の方です。やなぎ通り沿いのプリスクールにお勤めの経験もあり、浦安市内の小学校の名前等も御存知です。普段は江東区で同系列のプリスクールにお勤めですが、土曜は暁塾に来てくれているそうです。綺麗な英語を話すのですが、実は日本語のほうが苦手なので、本格的オールイングリッシュのクラスになっています。(レッスンの中でも”看護師”という単語が日本語ではわからなく、子供たちに教えてもらう、といった場面もありました。)

レッスンを見学する中で総じて感じたことは「レベルが高い」。実は筆者は小学生の娘たちには英語教育だけはそれなりに力を入れ、色々な教室も見学に行った経験があります。

ジュサ先生は、(子供たちがすべて理解しているかは置いておいて)天気を聞くのも、単語の解説をするにも、短文ではなく、様々な説明をつけて文章でお話ししてくれます。単純に「How the weather?(今日の天気は?」「It’s sunny.(晴れです)」と生徒に応えさせるだけでないのです。その後に「そうだね、昨日はだいぶ雲も多くて涼しかったけど今日は晴れて良い天気だよね。上着着なくてもよいくらいだし春だよね。」といった風に関連付けて言葉のシャワーをくれます。

気になるお月謝とレッスン情報

現在、ジュサ先生の英語クラスは土曜に開講しています。

<土曜日> 

小学生低学年クラス14:00~14:50
個別レッスン 12:00~17:00 
※予約制(小・中・高対象)
受講料集団:1回(50分)1,500円
個別レッスン:1回(60分)4,000円
参照暁塾 公式ホームページ 生涯学習講座

嬉しいのが入塾初期費用なし、都度払いという制度です!土曜日って学校行事や何かしら入ることがあるのですが、レベルにあったクラスが開講数が少なく振替がきかない英語教室もたくさんあります。都度払いであればそのような心配も不要です。

金額は一回1,500円で月に基本4回。毎週出席したとしても1,500円×4回で6,000円です。外国人講師の小学生高学年以上のクラスだとグループレッスンで週1回も10,000円近くいくのが通例です。これに入会費や教材費も合わさるともっと初期費用はかかってきますので、破格ともいえる価格設定です。

教材は以前は学校教育(中学校)に根差した教科書ワーク等を活用していましたが、現在はジュサ先生おすすめの民間テキストです。市販テキストでもこんなに英語は伸びるとは正直びっくりです。

現時点でのグループレッスンは1枠のみ。人数が増えてきてレベルにバラつきがでたり先生が細かく見る人数を超えてしまったら、随時見直していくとのことです。現在、他にはジュサ先生のよる個別レッスンがあります。

小学生から60代70代のシルバー層まで幅広い生徒が通っているそうです。某産婦人科の助産師さんやピアノの先生等、大人の職種も幅広いです。

また、塾長の村瀬先生の繋がりで元客室乗務員の先生やベルギー出身の先生もお願いできる可能性があります。ビジネス英会話やフランス語・ドイツ語も相談できるということので、大人のキャリアップにも充分繋げられそうです。

この春、新しい外国語との出会いを暁塾で初めてみるのはいかがでしょうか。

無料の体験や相談は随時行っています。公式ホームページのお問合せページやお電話で相談してみてください。

ご好評いただいております暁塾 個別指導塾のバックナンバー記事はこちらから。

21世紀寺子屋 暁塾…浦安市北栄1-13-11 NO.21ニイクラビル4F(浦安駅徒歩30秒) 047-711-2400
開塾時間:平日14:30~21:00 土曜日 12:00~17:00
休塾日:日曜日・祝日
https://www.akatsukijyuku.com/

体験・相談の際はぜひ『浦安に住みたい!webを見た』とお伝えください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る