市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【シンボルタワーと砂浜がある街!】千葉みなと、過去の探訪記録。

※写真は過去のものです。撮影日:2018年8月

私はこれまで数々の都市や海沿いの街歩きをしてきました。とは言っても、浦安からほど近い東京や千葉が主な目的地ですが。浦安に住んでいる人にとって、やはり密接に関わってくるのは「海」だと私は思います。どれだけ遠くとも、ふと歩けば潮の香りが漂ってくる。それは帰り道であったり、ウォーキングの途中であったり。「海」とは私達にとって、とても身近な存在です。

今回は「海浜幕張」に次ぐ個人的に好きな街、「千葉みなと」をご紹介します。

強い日差しが照り付ける、雲一つない晴天の日。電車を使って「千葉みなと」駅に降り立ちました。「新浦安駅」から「千葉みなと駅」までは乗り換えなしの一本で行く事ができ、所要時間は二十分少しなので遠さを感じる事はありません。

駅周辺の道路舗装は非常に綺麗。ホテルも幾つか建っているのでいざという時に便利です。

駅のロータリーを直進すると、このような海沿いの広場に出ます。赤褐色のタイルが目印です。

よく見ると駅の裏側には巨大な電波塔が。浦安の「さくら通り」近くにも似たようなものがありますが、ここまでの大きさはありません。「千葉みなと駅」を探すときのいい目印になりそうですね。

船の錨のオブジェには舵輪とハマグリのような貝が付いています。青い円弧に沿って「PORT OF CHIBA」と書かれていますね。

ふと思ったのですが、浦安の海沿いにオブジェを見た記憶がほとんどないんですよね。例えばシンボルロードの海沿いにアート的なオブジェ設置しても違和感ないと私は思うのですが。何故でしょう?

PORTの名の通り、港になっているこの場所。大規模に発展した工場地帯が印象的ですね。

港エリアの全貌写真。手前の施設は遊覧船などを利用できるポートサービス、奥に見える大きな建物はマンションです。

ああ!ここにも浦安にはない施設が!(ヨットハーバーを除く)羨ましい限りです…

●シンボルタワーへ。

数分程歩き、「臨港プロムナード」という大通りに出ました。浦安と同規模のこの道路は、シンボルタワーである「千葉ポートタワー」へと繋がっています。写真左側に見えるレンガ調の建物は「千葉県立美術館」。これまた、羨ましい。

歩道も広々としていいですね。

中央港の広場に着きました。千葉ポートタワー…で、でかい…。

ポートタワーに隣接するこちらのエリアは「千葉ポートパーク」という広大な公園。浦安市でいう総合公園みたいな立ち位置と言っていいでしょう。

ポートタワーを眺める上で特におすすめしたいのが、この「千葉ポートパーク展望の丘」。公園を上から眺めながら見るタワーはまた格別です。

付近には屋根の付いた建造物があり、場所が分からない場合は目印にするといいでしょう。この公園には他にもウォータープラザという水遊び場やバーベキュー場、テニスコートなどがあります。

海沿いに出ました。ポートタワーの目の前には「ビーチプラザ」という砂浜まであります。

●千葉ポートタワーからの眺め。

当時、訪れたのが久々という事もあって、記念に登ってみました。浦安同様、海沿いには工場地帯が多いです。

タワーというだけあって、全てがミニチュアのように見えてきます。

こちらは先程紹介した「臨港プロムナード」。続く街並みは「京成千葉」や「東千葉」などなど。

如何でしたでしょうか。千葉みなと。沢山の魅力に溢れた素敵な街です。残念ながら、過去の写真という事もあり、詳細には紹介する事が出来ませんでした。いつかまた行く機会があれば、違いなどを含め、ご紹介出来たらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る