市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】障がいがあってもなくても 一緒に学び、働き、地域の中で暮らしていける社会を目指して

社会には障がいがあったり、人と接することが苦手だったりする人がいます。
そんな人たちが地域の人と共に知り合い、学び、育ち、働き、そして暮らしていけるようにサポートするのが「アリスのうさぎ」です。

そんなアリスのうさぎが3月中旬に移転しリニューアルしました。
窓が大きくて明るく、開放感たっぷりの施設内。明るく広くなった施設内で、ねころんだり走ってみたり、のびのびと子どもたちが過ごしています。

「集団プログラム」では、お部屋の広さを活かして、ボウリングやボールを使ってカラダを動かすものもたくさんあります。子どもたちが伸び伸びと動いているのがとても印象的でした。

アリスのうさぎの魅力の一つに「療育」の手厚さがあります。
ほぼマンツーマンで丁寧に見るのが基本です。

成人の「自立に向けてのサポート」では、地域で暮らしていけるように、お金の管理や食事の作り方、余暇に至るまで学ぶことができます。

障害者手帳をもたないボーダーの方たちにとっても、家以外で相談できる場所が必要と考え、希望に応じています。
合唱・ダンス・料理プログラムなど市民の方ならどなたでも参加できるプログラムも充実。
自分の好きなことをアリスのうさぎで一緒に楽しみませんか?

「アリスのうさぎ」 では、プログラムの中で活躍していただけるボランティアさんを募集しています

・障がいのある方と一緒に調理、合唱、楽器演奏などを行なって頂ける方
・日中障がいのある方と園芸作業をしてくださる方

アリスのうさぎと繋がっている方が少しでもふえると嬉しいです。皆さまのお力添えをお願いいたします。

写真は、アリスのうさぎ理事長の竹谷さん。
自身の息子さんの障がいから「障がいがあっても地域で働き暮らしていけるように」との願いを込めて活動しています。

特定非営利活動法人 アリスのうさぎ … 浦安市猫実3-16-43-101 047-713-1393
ホームページ

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」5・6月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る