市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【STAY HOME★おうちdeものづくり】おしゃれな端切れがたくさん!入船の工作室『手の舎』の『手作りマスクキット』で、オリジナルマスク作りに挑戦♪ ※在庫不足のため現在受付休止中

※こちらのマスクキットですが、大変多くのご注文をいただいており、在庫不足のため現在受付を休止させていただいております。再開の際はまた告知いたしますのでご了承くださいませ(5/13追記)。

入船にある『まちづくり活動プラザ』にて、おしゃれな工作室・シェアアトリエを運営されている『手の舎』さんから、ステキなお知らせが飛び込んできました! 新型コロナウイルス感染拡大を受け『まちづくり活動プラザ』自体が閉館となっており、手の舎さんの工作室・シェアアトリエともに休業している現在ですが、なんととってもおしゃれな端切れの入った『手作りマスクキット』の販売が始まったんです。郵送で自宅に届けてくれるので、おうち時間のお供にもピッタリ♪ 早速頼んでみました!

服づくりの過程で余った端切れは、どれもセンスの良いものばかり!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手の舎(@tenosha_official)がシェアした投稿

マスクキットは一つ700円(送料込み)。注文は①メール(​info.tenosha@gmail.com)、InstagramへDMFacebookのメッセージ のいずれかで受付しています。住所・氏名・男の子用か女の子用か明記して送ると、振込口座が送られてくるので、振込みを済ませて待つこと2・3日…

こちらがポストに届きました!(対面受け取りではありませんので、ポストをよく見ていてくださいね!)

中身はこんな感じ。

端切れ10種類とガーゼ1枚、そして耳にかけるゴムが60cm(マスク一つ分に相当)。ほかにマスクの型紙も同封されています。端切れは大きなものから小さなものまで様々なので、マスクをたくさん作ってもいいですし、ほかの小物を作るのも◎!

いろいろ迷った挙句、涼しげな素材を表面に、裏面をガーゼで作ることにしました。

どの端切れも、抑えの利いたおしゃれな布ばかり。それもそのはず、この端切れは服作りをしている作家・miyaさんから分けていただいたものだそう! miyaさんご自身は、フラワー通りのギャラリー『どんぐりころころ』さんで昨年12月に開催された展示会をはじめ、市川・浦安エリアを中心に活動されている作家さんです。ラクに着られておしゃれにキマる、幅広い年齢層に支持されるmiyaさんの服の魅力は、ここでは紹介し切れませんのでぜひ公式Instagramをご覧ください! …とそんなおしゃれな服作りをされているmiyaさんの端切れなら、コーディネートの一部になるようなマスクが作れちゃうこと請け合いです。

「もともとは手の舎で開催するワークショップ用に…と分けていただいたのですが、この状況ではワークショップが開催できるのがいつになるのか、見通しが立ちません。こんなステキな布たちが眠っているのはもったいない!と、マスクキットにして販売をさせていただくことになりました。洗いざらしでも風合いの良い布を選んでお届けします」と、『手の舎』代表の小川さん。

お気に入りの端切れで、チクチクざくざくマスクづくり♪

あとは型紙に記載された作り方に沿って、マスクを作っていきます。まずは切り出しから。

いや~しかし、裁縫なんていつ以来だろう…? 家のどこかにチャコペンがあるはずなんですが、探すよりも子どもの色鉛筆を使っちゃったほうが早い!
 

縫い合わせはミシンを使いたかったのですが、子どもたちがアニメを見始めてしまったので仕方なく手縫いで。時間はかかりますが、その分ものづくりに集中するという貴重な時間を過ごせます。

ゴムは丸ゴムではなく、きしめんのような平らな形状。

このゴムはニットの伸び止め用テープで、『ウーリースピンテープ』という名前なのだそう。「肌あたりがソフトなので、ぜひお試しになってみて下さいね」と小川さん。ゴムはマスク1つ分なので、複数枚作りたい方は、いらなくなったTシャツから切り出したり、使い捨てマスクのゴム部分だけ取っておいてもいいかもしれません。


はい、できあがり! 手縫いでしたが1時間ほどで完成しました! どうです…なかなか、かわいくないですか!?(自画自賛)

せっかくのおうち時間。手の舎さんのセンスに乗って、ハンドメイドに挑戦してみよう!

ものづくりって楽しい、無心に手を動かすって楽しい! そう思わせてくれた、手の舎さんの『手作りマスクキット』。マスクは取り急ぎ1枚完成したので、残りの端切れで何をつくろうか考え中…穴が開きそうな服のあて布にしたり、子どもと一緒にきんちゃく袋をつくってみるのもいいかな!?


「こんな時期だからこそ、ハンドメイドの楽しさを少しでも分かち合えたら」と小川さん。休業前まで、手の舎さんでは「縫い仕事の日」「塗り仕事の日」「竹仕事の日」など日によって様々なものづくりの作業ができ、手仕事ワークショップの開催、ものづくりを中心としたイベントの開催も行われていました。私も参加させていただきましたが、手の舎さんが提案されるものづくりは楽しいだけじゃない、自分でもビックリするくらいおしゃれでセンスの良いものが出来ちゃうんです(すごく不思議)! 作り手が楽しく作れて満足できる、でも決してハードルの高くない手の舎さんのマスクキットは、初心者さんにもオススメ。今まであんまりハンドメイドに挑戦してこなかったという方も、このおうち時間を利用して、ぜひチャレンジしてみてください♪

手の舎…浦安市入船 5-45-1 まちづくり活動プラザ 206 207 208 号室 ※現在休業中
https://www.tenosha.com/InstagramFacebook

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る