市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

日の出のケーキ屋さん「Plume(プルーム)」が3月末で閉店します

3月半ば、編集室に届いた一本の電話。それはプルームさんからの突然の閉店のお知らせでした。
プルームさんと言えば、浦安に住みたい!に何度も何度も登場していただき、新浦安の発展と共に時を過ごし、プルームなくして浦安に住みたい!も無かったような、そんなかけがえのないお店でした。

閉店の理由としては、2月25日にプルームを経営する株式会社竹若が、ステーキのあさくま(株式会社あさくま)の100%子会社化になったことが要因とのことです。

株式会社竹若の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

振り返ると、プルームさんとのお付き合いは、2005年4月プルームのオープン時から。当時何もなかった海側のシンボルロード沿いにお店が次々とオープンし、賑やかになってきた…そんな頃です。先日惜しまれつつも閉店したパンジュエルさんとも同時期のオープンでした。

浦安に住みたい!への初登場は、2005年5月。巷でウワサの浦安のお店というコーナーで紹介されています。
プルームの意味は「羽」。その「羽」が4つ集まってクローバーに似たちょうちょのようになり、皆に「おいしい・幸せを運ぶ」という願いが込められています。


(↑画像は全てクリックで拡大します)

そして、初表紙となったのは、2008年4月号。「いちごに桜!春のほろ甘スウィーツ」特集です。
プルームと言えば、季節の果物。そして、提携農家直送の朝採りいちご。果物がふんだんに使われたケーキは、見た目も豪華で可愛くって、キラキラとしていましたね。


プルームさんの隣ページには、以前美浜にお店があった「ル・パティシエ・ツシマ」さんや、今はグランドルチェとなった「ドルチア」さんも登場しています。懐かしいですね~。

2009年3月号も「いちご、いちご、いちごがたくさん☆春の甘ずっぱ~いストロベリースウィーツ」特集で、表紙を飾りました。
やっぱり春は、見た目も可愛くってワクワクしちゃうイチゴ!プルームさんは、その代表とも言えるお店でした。

2011年3月の表紙にも登場!プルームさんは、浦安に住みたい!の表紙に最多登場していただいたお店でもあります。
特集を読み返すと、入船4丁目にお店があった「ブーケ・ド・フルール」さんも掲載されていました。小さいお店でしたが、手作り感のある可愛らしいお店でした。もう10年近く前のことなんですね。


2013年9月は、こんな記事も掲載されています。よく見ると、歴代のシェフパティシエの方々が写っていました!
栗原シェフ、野々山シェフ、そして、元村シェフ。今まで、本当にありがとうございました。



夏はかき氷も人気でしたね!


編集室のみんなでスイーツブッフェにも何度も行きました。
https://sumitai.ne.jp/urayasu/2016-07-21/34111.html
https://sumitai.ne.jp/urayasu/2016-06-28/33215.html
https://sumitai.ne.jp/urayasu/2016-06-09/32144.html

Uber Eats(ウーバーイーツ)でバースデーケーキのサプライズも…!
https://sumitai.ne.jp/urayasu/2019-09-13/67343.html

プルームさんは、本当に浦安に住みたい!に何度も何度もご協力いただきました。

最後にもう一度、プルームさんのケーキを食べたいと思い、先週行ってきました。お店の前の閉店のお知らせを見て、本当に残念で寂しい気持ちになります。

平日のオープン5分前に到着しましたが、すでに10組ほどの行列。オープン時間には、20組くらいは並んでいました。最後にもう一度…そんなお客様が沢山いらっしゃいました。本当に市民の皆さんに愛されていたお店ですね。
大好きだったモンブラン、注文を受けてからクリームを入れるパリパリ皮のシュークリーム、子どもたちの誕生日ケーキに欠かせなかったいちごショート、お土産に買った焼き菓子やチョコレートケーキやゼリー…。
新浦安からまた一つ、大好きだったお店が閉店しとっても悲しい思いではありますが、15年間、美味しいケーキを作っていただき、本当にありがとうございました。



Plume(プルーム)
浦安市日の出1-3-1
電話 047-305-6050
HP https://www.patisserie-plume.com/
※3月末まで営業時間を変更して営業しています。
詳しくはHPでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る