市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

3月開通! 行徳橋へ行ってみました!

普段から浦安、行徳の方たちに利用されてきた行徳街道終点にある行徳橋。令和2年3月10日に架け替え工事で新しい橋が完成しましたので早速行ってみました!

まずは、元々あった(旧)行徳橋。完成してから50年以上も経っているので、それなりに年季が入っておりますね…。

そして一枚目の写真でもう見えてしまってますが、こちらが(新)行徳橋になります!

まず到着して一番驚いたのがこちらの歩道! 歩道が広い!!

元々の行徳橋は一枚目の写真の通り歩道が狭く、自転車同士のすれ違いや雨の日の傘をさしてる人同士のすれ違いができないくらい狭かったのですが、新しく完成した(新)行徳橋は歩道がとても広くて、自転車と歩行者も区割がしっかりされています。これだけ広かったら、自転車と歩行者の接触事故の可能性も下がりますね!

こちらは市川IC方面。

車道側は(旧)行徳橋と同じ1車線ずつになりますが幅員は2mくらい広くなってる気がします。市川IC方面の橋詰は、現在歩行者共に右折が出来なくて、左への急カーブになっておりました。信号機は現在工事中と表示されて動いてませんでした。


右折方面はまだ工事関係の車両が停まっていて、護岸の法面が工事中の様なので、完成したら後々開通するのかな…と思いました。

こちらは市川浦安方面。

左に見えるバックホウが置いてあるところは、元々みんなが通行されていた場所です。今は封鎖されてて、S字カーブの道路から新しい橋とつながっています。

こちらは新・旧行徳橋の2ショット!(あまり上手く撮れませんでした。)

(旧)行徳橋はご覧の通りバリケードで封鎖されています。こちらは後々撤去工事をされるのですかね。長い間利用させてもらったので少し悲しいですね。


今回の行徳橋ですが、本当は最近できた妙典橋と同様に開通式を令和2年2月29日に行う予定だったみたいですが、国内で新型コロナウイルス感染の影響で式典の中止が発表されました。式は行われなかったみたいですが、私が見に行った日曜日は橋を見るためだけに来てた感じの人が多数おり賑わってました。

次は浦安市のさくら通りと葛西の清砂大橋通りに是非、橋を架けて頂きたいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る