市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安ひとり飲み③】外はパリパリ、中はジューシーな肉汁滴る一口ギョウザを召し上がれ!「博多劇場」

以前、浦安駅近くに新しくオープンするお店としてご紹介した「博多劇場」ですが、(過去記事:本日11/14にNew Open!浦安駅前に博多料理専門の居酒屋「博多劇場」)オープン以来、気になってちょくちょくお店の前を通っていたのですが、毎日たくさんのお客さんで賑わっている様子です。お店の前を通過する度にギョウザの香ばしい香りがプーンと漂ってくるので、こりゃたまらん!ということで、さっそく1人飲みをしてきました。

店内は屋台をイメージしているとのことですが、天井には提灯がぶら下がっていてカウンターを囲むように屋根が付いているので、まるで本物の屋台に来たかのような雰囲気を楽しめます。カウンター席はキッチンを囲んでL字型に13席ほどあり、席と席の間隔も広めに作られているのでゆっくりと座ることができます。

image2
ファーストドリンクは何にしようかとメニューを見ると、「どでかサワー」なるものが。どのくらいデかいのか気になったので、メニューの中でイチ押しだという「塩レモンサワー」をオーダー(680円)。
なんと、提供されたジョッキは1リットルの“どでかジョッキ”。持つだけで重い!でもこの大きさで680円でしたら、かなりお得です。
image3
写真だけではジョッキの大きさが伝わりづらいかもしれませんが、背後のタレ容器が15センチくらいあったのでそれと比較するととってもデカいことはお分かり頂けるかと思います。サワーは塩レモンがたっぷりと入っていて、甘じょっぱさと酸味のバランスが取れているのでグビグビと飲めてしまいそう。お通しの生野菜は何度でもお替わり無料なのだそう。これは嬉しいサービスですね。

食べ物のメニューは博多名物料理がたくさんあってどれも気になったのですが、今回はギョウザ1本攻めで行こうと心に決めていましたので、一口ギョウザを3人前オーダー(1人前は360円)。オーダーしてから5分程度で鉄鍋に綺麗に並べられたアツアツのギョウザが来ました。
image4
テーブルにはギョウザのタレ、ラー油、ゆずコショウが並べられているのですが、店長さん曰く「まずはゆずコショウのみを付けて召し上がってください!」とのことでしたので、そのオススメに従って食べてみました。
一口サイズのギョウザは女性でも食べやすい大きさ。薄皮で表面はパリパリで香ばしく、中のあんはとてもジューシーで肉汁たっぷり。ニンニクの香りが程良く効いていました。3人前は頼みすぎたかも…と心配でしたが、あっという間に平らげてしまいました。筆者のように1人で来店し、ギョウザを4-5人前食べる方もいらっしゃるそうですよ。
image5

メンバーズカード(有料)を作ると来店ごとにお通しが無料サービスとなり、自分の誕生日月には年齢分のギョウザをプレゼントしてくれるそうです。

店内はグループで来店される方も多いですが、カウンター席で1人飲みされている方も結構いらっしゃいましたので、おひとりさまでも抵抗なく飲みに行けますよ!

博多劇場 浦安店…浦安市北栄1-15-27 熊川ビル18 1F 047-316-0118




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る