市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

企業庁所有・浦安市高洲の住宅用地を新昭和が落札

浦安市高洲地図

千葉県企業庁が分譲していた「浦安地区第二期高洲地区戸建住宅用地」ですが、浦安市東野の住宅展示場にもモデルハウスがあるウィザースホームの新昭和が落札したそうです。

浦安市 新昭和が住宅用地6500㎡を取得(建通新聞電子版)

6500㎡とありますが、一つの土地ではなく既に24物件に分かれています。

浦安市高洲企業庁分譲物件位置図

浦安地区第二期高洲地区戸建住宅用地の分譲について(千葉県企業庁サイト)

契約条件の中に「一戸建て住宅を建設すること」「自ら(または親族など)居住する者に対し販売すること」などとありますので、一戸建て住宅用地として分譲、またはウィザースホームの建売住宅として販売される可能性が高いです。また、最低面積は132㎡(39.93坪)と定められておりますので、一番小さく分譲されたとしても敷地面積40坪程度になります。

追記:浦安市宅地開発事業等に関する条例に浦安市高洲は敷地最低面積165㎡(49.91坪)という記載がありました。一番小さい区画で165㎡になりそうです。
浦安市宅地開発事業等に関する条例

現在、浦安市高洲の132㎡クラスの大きな土地の相場は㎡単価で28万円前後(坪単価で90万円前後)のようですので、現在の相場を適用すると最低価格は土地だけで3500万円程度になりそうです。

居住用に分譲されるのは少し先になるかと思いますが、新浦安で土地を買いたい方には待ち遠しい情報ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る