市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【Urayasu Made】ドキュメンタリー映画『浦安魚市場のこと』2022年12月~全国公開中|歌川達人(うたがわたつひと)

『浦安魚市場のこと』

ドキュメンタリー映画 『浦安魚市場のこと』

2022年12月~全国公開中 ★上映劇場は公式サイトにてご確認ください
urayasu-ichiba.com

 浦安魚市場の閉場からもうすぐ4年。その最後の1年間をカメラに収めた映画『浦安魚市場のこと』が、昨年12月より全国公開されています。
 監督を務めたのは、北海道出身の歌川達人さん。この映画を撮るために浦安へ移住し、魚市場で働く人々と信頼関係を築きながら綿密に撮影を進めてきました。映画では「鮮魚 泉銀」三代目の森田釣竿さんとその家族を中心に、魚市場で働く人々が描かれます。スクリーンに映る、今はもうなくなってしまった魚市場の活気や浦安の風景、魚の流通の現場、働く人々の生の声…。「この映画に映っているものが魚市場の全てではありません。これを観てみんなはどう思うんだろう?という気持ちが強いです」と歌川さん。
 『浦安魚市場のこと』は、1月20~26日にシネマイクスピアリで上映されます。かつて漁師町であった浦安の人々の営みを記録したドキュメンタリー映画。ぜひ劇場でご覧ください!

★シネマイクスピアリにて1週間限定上映決定!
1/20(金)~26(木) 各日11:10~

詳細はシネマイクスピアリ公式サイト→www.ikspiari.com/cinema


★写真集『浦安魚市場のこと』発売中

歌川監督が撮影を進める中で、出てきた資料や写真を一冊にまとめた本。
お店の方やお客様からの直筆メッセージも収録されています。市内のお店で購入できます。
↓詳しくはこちら↓
http://www.songriver-p.com/urayasuPhoto/

写真集『浦安魚市場のこと』

★歌川達人さんプロフィール

監督・撮影・録音・編集・製作:歌川達人。
1990年生まれ、北海道出身。映像作家。主にドキュメンタリーのフィールドで活動する。立命館大学映像学部卒業後、フリーランスとしてNHK 番組やCM、映画の現場で働く。中編『東京2018 プノンペン』がFestival/Tokyo18 にて展示上映。短編『時と場の彫刻』がロッテルダム国際映画祭2020、Japan Cuts 2020 などで上映。

歌川達人さん
歌川達人さん

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2023年1-2月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る