市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

めちゃくちゃ旨いハンバーガーと『大人のお子様ランチ』が食べれる店発見! 隠れ家みたいであったかい、ダイニングバー【バルスノーキー クレッシェレ】

浦安のお隣・行徳にも、美味しいお店がたくさんある! 最近行徳のお店開拓にハマっている私ですが、浦安の皆さんにもぜひ声を大にして伝えたいのが、行徳駅前公園の目の前にある『バルスノーキー クレッシェレ』。何を食べても美味しいし、ランチもディナーもやっていて、ワインやビールなどお酒を飲むにもぴったりのお店なんですが、浦安からでもぜひ食べに来てほしいのは『ラクレットチーズバーガー』と『大人のお子様ランチ』! 取材してきました~っ!!

しっとり渋めの落ち着く空間

『バルスノーキー クレッシェレ』があるのは、行徳駅前公園の向かい。レンガ造りの塀と大きな木、そしてこのカッコイイ看板が目印です。

ドアをあけると、ずらっと並ぶカウンター。古き良き時代を思わせる佇まいが落ち着きます。「お店自体は26年くらい前からあるんですが、僕らが経営を引き継いだのが4年前。内装も、お店の名前も変えてないんですよ」と話してくれたのは、店主の山口さん。

お店を切り盛りするのは、山口さんと小田島さんのお二人。もともと同じ飲食店にお勤めでしたが、そこから独立する形で4年前に『バルスノーキー クレッシェレ』を引き継ぎました。「私たちはもともと食べるのが大好きなんです。自分たちでお店をつくるつときは食材にこだわって、美味しいごはんとお酒が飲めるお店を作ろう!と思っていました」と小田島さん。

お昼のイチオシ人気メニュー♡『ラクレットチーズバーガー』

そんなスノーキーさんのイチオシメニューは、目の前で大きなラクレットチーズをトロトロに溶かし、出来立てハンバーガーの上に乗せてくれる『ラクレットチーズバーガー』(単品1300円)! もうこのチーズが登場したところで「なにこれ~!」とテンションMAX間違いなしっ!!

チーズの焼けるいい香りがお店中に漂います。はぁ…お腹すいた…。トロットロに溶けたところで手早くハンバーガーの上へオン。あらびきコショウにマッシュルーム(生で食べられるんです!)も乗せて、トマトとバンズをかぶせて出来上がり。うっわ~、めっちゃくちゃ美味しそうなんですけど!

「これだけ厚みのあるハンバーガーなので、遠慮なくギュッと潰して食べちゃってください!」と小田島さん。いただきま~す♡

…ん!アツアツ!! チーズだけじゃなく、バンズや中のハンバーグ、玉ねぎも焼き立てアツアツっ! ハンバーグからじゅわっと溢れる肉汁、じっくり焼かれた玉ねぎの甘味、チーズの塩気とコク、トマトの酸味、マッシュルームの芳醇な香り…全部が口の中で合わさって溶け合って、これは美味しいっ…♡ 次の一口を早く頬張りたくて、夢中でがっついてしまう。「実はこのハンバーガー、ソースを一切使っていないんです。ハンバーグの肉汁とチーズと野菜、美味しい素材を充分に楽しんでほしいから」と山口さん。素材の味を活かした、まさにここでしか食べられないハンバーガーなんですね…!

自慢の料理がギュッと詰まった、大人にもワクワクしてほしい『大人のお子様ランチ』

もう一つ、スノーキーさんといえば…のメニューが『大人のお子様ランチ』(1500円)♪ 基本的にはディナーメニューですが、お昼の時間帯でも注文できます。「お店を作ったらぜひやりたい!と以前から考えていたメニュー。子どものころ、お子様ランチ頼むとすごくワクワクしませんでしたか? あのワクワクを大人になっても味わってほしい!と思ったんです」。でも、お子様ランチにありがちな唐揚げやポテトとといった手抜き感は一切なし。ワンプレートに『美味しい!』を詰め込んだ、スノーキーの自信作なんです♡

大きなプレートがドーンと登場! 乗っているのは、オムライス(カレーも選べます)、ハンバーグにナポリタン、エビフライ、そしてサラダ。これは贅沢…! ふわふわ卵のオムライスは味わい深いデミグラスソースと一緒に。ハンバーグは先ほどのハンバーガーに使われていたハンバーグと同じで、ふっくらジューシー♪もちろん手作りです。ナポリタン、実は私あんまり好きじゃないのですが、スノーキーのナポリタンは野菜の味がしっかりしていてさっぱり美味しかった! エビフライは『天使のエビ』を使用、頭からしっぽまで全て美味しく食べられる自慢の一品です。ちなみにサラダに使われるベビーリーフは、契約農家さんから直接送ってもらっているものなんですって!

もう一品メニューを頼むなら、自慢の産直野菜をぜひ味わって

ここまで来ると、アラカルトメニューも気になっちゃいますよね…。スノーキーさんの野菜は、ほとんどが契約農家さんから取り寄せるこだわりの野菜たち。「季節の野菜もぜひ味わってほしいですね」と山口さん、一品料理で頼むなら『ラクレットチーズ こだわり野菜』(990円)をオススメしてくれました!

こちらもラクレットチーズバーガーと同様、あの大きなチーズが姿を現し、色鮮やかでみずみずしいお野菜の上にこれでもかと乗っていきます。この待ち時間がまたたまりませんね…。

チーズの上にはたっぷりと胡椒をかけていただきます。見たことのないお野菜もたくさん顔を出しますが、気になったら「これは何?」とぜひ聞いてみて! この日も『リーキねぎ』『紅菜苔』などなど、初めて聞くお野菜がたくさんありました。どのお野菜も食べてビックリ、こんなに味わい深いだなんて…! 野菜の美味しさとチーズのコクが一緒に味わえる、贅沢な一品。

もう一つ、野菜の美味しさを味わうなら『バーニャカウダ』(990円)もオススメ♡ ハーフサイズもできます。新鮮野菜を生で味わいたいなら断然こちら。こちらもまた『紅心大根』『きんびニンジン』などの珍しい野菜が登場していました。塩気の絶妙なバーニャカウダソースは、余ったらスプーンですくって食べちゃいたいくらい美味しい!

ちなみにランチビールは500円。丁寧に注いでくれるので、お酒を飲みたいときにも◎ですよ!

素材にこだわるのは、感動を伝えたいから

お野菜もお肉もチーズも、契約農家さんや牧場から直接取り寄せているというスノーキーさん。その理由を伺うと、「それがシンプルに美味しいから。美味しいものを提供したいんです」と山口さん。以前お勤めだった会社は北海道に本社があり、直接生産者さんのところへ出向いて仕入れを行うスタイルだったのだそう。現在も同じように、北海道・福井・静岡にある生産者さんと直接やりとりをして材料を仕入れています。「現地へ出向いて、その場で直接野菜を食べたときの美味しさには本当に感動しました。その感動を、スノーキーのお客様にも伝えたい」

店主の山口さん(右)と、小田島さん(左)。お忙しい中、長い時間ありがとうございました!

山口さんが料理の道を志したのは、学生時代の友人がキッカケだったのだそう。「友達が『イチからモノを作りたいから農家になる!』って言い出して、いきなり農業科に転入したんです。それを目の当たりにして『じゃあ俺がその野菜で料理作るよ!』って、料理人を目指す約束をしたのが始まりですね」。今ではその友人は福井県で農園を持ち、そこから仕入れるお野菜を山口さんが調理してスノーキーで提供しています。

月に一度のお弁当も見逃せません! 浦安でも不定期で買えるよ♪

スノーキーさんでは、月に一度『愛情弁当』の販売もされています。コロナ禍で今年始まった『愛情弁当』には、旬の野菜を使ったおかず10種がギュッと詰まっているんです! ごはんは十六穀米なのですが、ごはんの上におかずが乗るのでごはんが見えない(笑)。普通880円、大盛り990円(おかずも増えます!)とお値段もまさしく愛情弁当♡

次回は新年あけて1月6日に発売予定とのこと、ちょうど仕事はじめの方も多いのでは?「ちょっとおせちっぽくしようかな?と思っています」と小田島さん。 ランチ時間でもディナー時間でも受け取り可能です! ご予約はお電話もしくはInstagramのDMでも受付してくれます。1月の愛情弁当の受付が始まったら、早めに予約しなくっちゃ♪

12月18日(土)にウラヤスマーケッツで販売された『スノーキーXmasお子様ランチ弁当』!

ちなみに…浦安でもスノーキーさんのお弁当が買える機会があるんですよ! こちらは北栄『ウラヤスマーケッツ』さんで12月18日に販売された『スノーキーXmasお子様ランチ弁当』。ボックスにギュンギュンに詰まったお子様ランチは、可愛くって美味しくって師走の疲れに沁みました…。

浦安からでもぜひ行ってみて!

そんなスノーキーさんでは、12月23日~26日の期間、クリスマスコースやテイクアウトもご用意! この美味しいお野菜とチーズを使ったクリスマス料理だなんて、考えるだけでもヨダレが出てきます…。絶対美味しいだろうな~。詳しくはスノーキーさんのInstagramをチェックしてみてくださいね。

何を食べても美味しくて、素材の味をしっかり楽しめる『バルスノーキー クレッシェレ』のお料理。浦安からでもぜひ食べに行ってみてほしいものばかり…! 私は次、1月6日の愛情弁当を狙う予定です♡

バルスノーキー クレッシェレ…市川市湊新田2-3-10 047-398-1937
12時~15時(LO14時半)、17時~24時(LO23時) 日曜定休
※12月26日~1月5日はお休みです。
https://barsnarky-crescere.owst.jp/Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る