市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

SPA&HOTEL舞浜ユーラシアに泊まってみたら最高だった<その1>

すっかり朝晩の冷え込みが厳しい季節になりましたね。温泉にでも入って暖まりたいなと思っていたら、ちょうどディスカバー千葉https://sumitai.ne.jp/urayasu/2020-09-10/78949.html)に当選して宿泊優待券が届いたので、舞浜にあるSPA&HOTEL舞浜ユーラシアに宿泊してきました!

筆者は舞浜ユーラシアは日帰りでも利用したことがなく、今回が初めての訪問だったのですが、色々な点がツボにハマり大好きになってしまったので、この記事で舞浜ユーラシアで個人的に最高だと思った点をお伝えさせて頂こうと思います。

1.天然温泉がある

大人になってからすっかり、これが宿選びの最優先事項です。私も家人も肩凝り腰痛持ち、温泉大好き人間なので。源泉掛け流しなら尚よし。部屋風呂がついてたら最高です。舞浜ユーラシアには源泉掛け流しの天然温泉露天風呂があります。浸かってみるとお湯は柔らかく、しっとりしていて肌に馴染む感覚がしっかりありました。ただの水道水を沸かした家のお風呂とは明らかに違う水質。これこれ〜〜!!これを求めていた!!!!と大満足できました。

源泉掛け流し温泉の他にもバブルバス寝湯サウナもあり、屋内には古代ローマを模した柱が立ち、露天風呂スペースには緑の観葉植物が飾られ、リゾート感のある上質な空間作りがされています。大浴場は地上の喧騒からも適度に離れた4階にあり、露天風呂では広々とした空と緑を眺めながらゆったりとした気分になれます。最高!!!

舞浜ユーラシアには温泉水が出る部屋もあるので、そちらを指定すれば部屋風呂も楽しめますよ。(私は今回お部屋お任せプランで、温泉水は出ない部屋でした)

2.館内着のまま朝食会場に行ける

これが出来るホテルって意外と少なくないですか? 舞浜ユーラシアでは、館内着とスリッパでホテル館内をうろつくのは勿論、その格好で朝食会場のレストランに行って朝食を食べることも可能です。つまり朝起きて入浴して館内着になり、そのまま朝食に行くことが可能なのです!!!最高!!!!

3.館内着とフェイスタオル&バスタオルを大浴場で無限に借りられる

宿泊者は部屋からタオル類やパジャマ(館内着)を持参する必要がありません。タオル類は大浴場の受付に行けばその場で渡してもらえます。館内着は大浴場入り口に置いてあるので何度でも借りられます。古い館内着は更衣室にある返却ボックスにポンと入れれば回収されます。入浴時に持参するのは、カード型のルームキーと着替えのみでOK。夜の入浴時に使ったタオルを、翌日また朝風呂で使いたいからと、寝ている間に干しておく必要もありません。超楽チンです。最高。

4.更衣室のアメニティが充実している

女性用大浴場の話になりますが、浴場内にシャンプー、コンディショナー、ボディソープが置いてあるのは勿論、更衣室には洗顔&メイク落とし、化粧水、乳液、ボディミルク、洗い流さないヘアトリートメントが置いてありました。更にそれらを複数の種類置いていたので、1日目と2日目で違う化粧水を試して楽しむことも出来ました。普段よりずっと丁寧に時間をかけてスキンケアをしていると、自分を大切にしてあげている実感が湧いてきて気持ちが安らぎました。時間に余裕がある近場での滞在の醍醐味ですね。

大浴場や更衣室のないホテルだと、アメニティに化粧水や乳液が無いこともありますが、これだけ充実していると旅行時の荷物が少なくなってありがたいです。最高!!

その2に続く♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る