市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

2020年夏季オリンピック同年開催の浦安三社祭を前に 3基の神輿がシンボルロードに集合!?

四年に一度、開催するものといえば?

答えは当然、「オリンピック」。二年後にはいよいよ日本で開催となります。今から待ち遠しいところです。

浦安っ子にとって四年に一度と言えば、オリンピックだけじゃないんですよ。そう!あの熱狂の「浦安三社祭」が開催される年なんです。

三社祭は猫実の豊受神社堀江の清龍神社当代島の稲荷神社の三つの神社から、大小さまざま、実に100基もの御神輿が浦安の街を練り歩く盛大なお祭り。
その昔、漁師町の血気盛んな若者たちの「暴れ神輿」「喧嘩神輿」などと呼ばれる荒々しい担ぎ方で神輿同士が衝突、乱闘騒ぎになることもあったのだとか。

現在の三社祭では神社ごとの神輿のルートを細かく分けており、神輿同士が衝突することはないそうですが、それでも血湧き肉躍ること請け合いの浦安三社祭。

次の開催が楽しみだけど二年先よね?…なんて思っていた矢先、なんと3基の神輿を同時に見ることができるイベントがあると聞き、9月16日(日)、会場となるシンボルロードに行ってきました。

その日は「ウラヤスフェスティバル2018の二日目。シンボルロードのおよそ500メートル区間にて行われるパレードタイム。3部の「浦安神輿パレード」開催時間より少し早く現地につくと…。

第2部の「観て楽しむパレード」の真っ最中!色とりどりの大旗が頭上高く舞っていました。よさこいソーラン団体は船橋、埼玉、東京からもやってきていましたよ。

こちらは千葉県・佐倉と山形県合同の花笠音頭のパレード。壮観です!

そしていよいよこちら!3部「全員参加型パレード」のオープニングを飾る浦安神輿パレード3基の神輿が並んでいます。

色彩鮮やかな提灯も目立ちますね。

 

3基の神輿がシンボルロードを練り歩く様子は大迫力でした!

日が暮れていくと巨大ミラーボールが登場し、さまざまな光の演出を駆使した「URAYASU OCEAN ROAD 〜海と光のパレード〜」が始まります。

去年は大雨の中、パレードが行われたとのことでしたが、今年はお天気に恵まれてよかったですね。二年後の三社祭も楽しみだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

ページ上部へ戻る