市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安から車で15分!本格的ジュニアチアリーディングチーム【FLAPPERS(フラッパーズ)】

今回お邪魔したのは、浦安のお隣、江戸川区・葛西地区で活動しているジュニアチアリーディングチーム【FLAPPERS(フラッパーズ)】です。

「江戸川って東京でしょ。浦安からは遠いんじゃないの?」と思われる方もいるかと思いますが、最寄り駅が浦安というメンバーによると、「【FLAPPERS(フラッパーズ)】が主なホーム(活動拠点)としている臨海町コミュニティ会館へは自宅から15分ほど、新町地域の日の出近辺からも15分程度でつきます」とのこと。近いんですね! 駐車スペースも広々しています。

一般的なチアリーディングは、
1. ダンス

2. スタンツ(組み体操)
 

3. タンブリング(バック転、側転等アクロバティックな技)
で構成された競技(スポーツ)です。
 

【FLAPPERS(フラッパーズ)】は、ジュニア(幼稚園児、小学生対象)チアリーディングチームなので、スタンツやタンブリングはほぼないかと思いきや、小学生チームには、かなり本格的な技が入っていてビックリ!

ベース、スポットと呼ばれる3人の小学生に支えられ、トップ(頂上に立つ)で背面から倒れ込む(!)大技を決めたうちのひとり、小学4年生にインタビューしました。

怖くない?「イベントなどでお客さんが楽しんでくれて目がキラキラしているのを感じると、ぜんぜん怖くなくなる。笑顔で頑張れます」。

チアリーディングにおいて笑顔は大切な要素。心から笑っていると感じられる、弾けるような笑顔を、どんなアクロバティックな演技のときもけっして絶やしません。

チアにおいての「頑張る」は歯を食いしばり、怖いほど真剣な表情をすることではありません。「楽しい!」と心から感じること、その楽しさを観客にも伝えることなんです。英語のチア(=cheer)には元気づける、励ます、という意味がありますよね。

観客に分け与えることができるくらいの「楽しさ」「元気」は日頃の鍛錬の賜。大会前には月10回ほどになるレッスンでは、ていねいな柔軟体操のあと、壁倒立、ペア倒立などをこなします。この念入りな準備体操によって体幹が鍛えられ、ダンスや技がきれいに決まるようになるのです。

団体種目は、ひとりでも欠ければフォーメーションが崩れてしまいます。保護者は子どもたちの健康をサポート。怪我や病気でお休みすることのないよう、見守りますが、チアリーディングに関してあれこれ口出しはしません。

チアリーディングを成功させるためには、協力が不可欠。なにより感心したのは、先生に言われたことをただこなすだけでなく、子ども同士が自然に声がけして、空き時間にも自主練習をしたり、目標や課題に到達した子が、できていない子をサポートするという体制がしっかりしていることでした。

【FLAPPERS(フラッパーズ)】は4歳から小学6年生までの子どもが在籍しています。幼稚園の子どもたちは、難度の高いアクロバティック技を次々に決める憧れのお姉さんたちに面倒を見てもらい、自身が小学生になったときには、小さな園児たちのお世話をすすんでやるようになるそうです。

指導者の先生は厳しいですが、子どもたちはみな笑顔で気持ちのよい元気なお返事。先生に深い信頼を寄せているのが分かります。

都内のチアリーディングチームなので、東京都が主催する行事に参加することもあります。10月28日(土)オリンピック1000日前記念イベントにも出演予定。

10月22日(日)はホーム(活動拠点)である臨海町コミュニティ会館の臨海フェスタにてチアリーディングを披露します。出演は12:45頃の予定。人気があり、立ち見も出るほどの盛況とのことで見逃せません!

10月31日(火)は【FLAPPERS(フラッパーズ)】幼稚園児クラスの体験会もあります。

園児クラスの代表さんにお尋ねしたところ、「人前で発表する機会が多く自分に自信がつく」「楽しむところ、真剣にやるところのメリハリ、時間感覚が身につく」「コミュニケーション能力が高くなり、協調性が培われる」など、チアリーディングはまさにいいことずくめ!

詳細については下記の問い合わせ先まで!

ジュニアチアリーディングチーム【FLAPPERS(フラッパーズ)】お問い合わせ
ブログ:https://ameblo.jp/cheerleading-flappers/
メールアドレス:juniorcheerleadingflappers@yahoo.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る