市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

高洲地区にサーモンピンクの一軒家カフェがOPEN!!

 浦安で、海に近い高洲地区は整備された環境のいい住宅地。公園も多く、学校が終わる時間には子ども達が元気に遊び、ペットを連れて毎日決まった時間にお散歩する方も多い、明るくとても住みやすい街です。これまで高洲地区には飲食店が少なく、「気軽に立ち寄れるカフェがあったらいいなー。」と思っていた人は多いはず。その高洲に、待望のお洒落な一軒家カフェ『stand cafe veggie』が6月にopenしました。

image2
 店名がveggieですから、もちろん野菜にこだわりと自信を見せるメニューになっています。基本のメニューは天然酵母パンと契約農家の有機野菜のサンドウィッチ。オーガニックコーヒーとオリジナルブレンドのハーブティ。季節の野菜や豆腐を使ったデザートはランチメニューにもセットされています。

 更に、veggieにはテイクアウトブースが設けられていて、外から気軽に注文することができるのです。お散歩途中にワッフルやパンケーキと色鮮やかな野菜のスムージーを注文してテラスでひと休みもいいですね。店の前には5台分の駐車場も完備。車で訪れても安心です。

image3

テイクアウトブース

image4

店長さん

 店内はテーブル席とカウンター席で10席。明るく清潔で爽やかな印象の白い壁に、黒いアーチ型の格子が目を引きます。格子の向こうはキッチンになっており中の様子が見えますが、オープンキッチンの気まずさは軽減され、空間は広く感じられる計算された造りになっています。今後、2階もオープン予定とのこと。席数が増えると大人数でも利用しやすくなりますね。
image5
 広いお庭には長いウッドデッキがあり、手作りのテーブルが用意されています。(取材時にはテーブルを製作中でした)今後、テーブルを増やして大人数のパーティも可能なオープンエアの席を用意する予定だということです。お話を伺った店長さんはじめ、手作りのあたたかい雰囲気が伝わってくる素敵なお店です。

 この日、店内が満席だったのでウッドデッキでランチをいただきました。4種類のランチメニューにはどれもエッグスラッドと季節のデザートがセットされています。コーヒーは別料金(200円)ですが2杯目は無料。ランチワイン(350円)を楽しめるのもうれしいところです。

image6
 季節のオープントーストフレッシュサラダ添えは、文字通り野菜がゴロゴロ溢れんばかり。トロッとしたチーズが全体をうまく包んでいます。実はこの下にパンがもう1枚。パンは茄子と古代米を使ったしっとりと甘味のあるパンです。店長さん曰く、2枚のパンでサンドして食べても良し、もう1枚のパンにエッグスラッドと野菜を挟んで食べてもよし。とのこと。
 とにかく野菜がしっかりしていて味が濃い。茄子が全く水っぽくなかったのがびっくりでした。さすがにこだわりの野菜たち。食べ方も計算されています。デザートは、豆腐と有機チョコのムースブーケレタスのチュイール。濃厚なチョコレート、繊細なチュイールはランチに添えてあるサラダのブーケレタスをペーストして焼いたものだそうです。
image7

veggieのwebサイト(www.standcafeveggie.com)には、色鮮やかな野菜が素敵に変身した写真がたくさん掲載されています。新鮮で美味しい季節の野菜をカジュアルにいただける一軒家カフェ。是非立ち寄ってこだわりの美味しさを試してみてはいかがでしょう。

stand cafe veggie …千葉県浦安市高洲1-16-24 047-720-0629  月曜定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る