市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【参院選の投票率にみる浦安市】『投票率、市内で最大30%の差!』

 10日に実施された参院選。選挙権が18歳に引き下げられることが話題となりました。投票率も低い水準とはいえ、全国的には54.70%で前回を2.09%上回る結果となりました。

 さて、浦安市の投票率です。浦安市の投票率は、全国を下回る53.70%です。お住みの地域によっては、「もっと高いのでは?」と思われる方も多いと思います。そうなのです、市内の31か所の投票所で投票率に大きな差があるのです。投票所による差は、『最大で30%』を超えるのです。
 市内31か所の投票率等のデータは市のHPで公開されています。そのデータをもとに、投票率の「ベスト5」と「ワースト5」をみてみましょう。

【ベスト5】

 順位  投票率  投票所名  有権者数
 1位  70.51% 入船小学校体育館   3,872人
 2位 69.95%   美浜公民館2階大集会室 3,055人
 3位 67.24%  舞浜小学校体育館  3,098人
 4位 65.06%   見明川小学校体育館 4,705人 
 5位  64.73%  美浜南小学校体育館 5,416人 

 この他に投票率60%を超えた投票所は7か所あります。60%を超えた12か所の投票所をエリア別にみると、中町が9か所、新町が3か所です。

  一方で、投票率のワースト5をみてみましょう。

【ワースト5】

  順位   投票率   投票所名  有権者数
 1位 39.97%  堀江公民館2階大集会室  2,777人
 2位  40.00%  堀江中学校体育館 6,402人 
 3位 41.36%  堀江一丁目自治会集会所  4,253人
 4位  41.55%  富士見自治会集会所  4,075人
 5位  43.46%  北部小学校体育館  6,449人

 こちらは、すべて元町の投票所です。投票率が最も高い「入船小学校体育館」と最も低い「堀江公民館2階大集会室」の差は、なんと『30.54%』にもなります。

 投票率の傾向をわかり易くするため、各エリアの投票所平均を単純計算してみると、元町43.73%、中町61.53%、新町60.37%となります。

 理由はいくつか考えられます。まずは東西線浦安駅近くの元町エリアには、単身者用の社宅やワンルーム賃貸マンションが多く、地方選挙などでも選挙への関心が低い層が多いと言われています。また、元町はかつて浦安町時代に、政治的な対立で町民感情が分断された歴史から、「政治に関わらない」とする元々の住民が多いとも聞きます。
 一方で、中町や新町の住民は、市外から転居してきたファミリー層が多く、投票率が高い条件がそろっているとも言えます。

 結果、浦安市の投票率は市全体では全国平均を下回る50%強という結果となってしまいました。
 投票率が低いということは、選挙結果に対する影響度も低くなるということです。今回の参院選でみると、元町は浦安市の総有権者に占める割合が42.66%なのに対し、選挙の結果に与える影響は34.85%、中町は35.35%に対し40.36%、新町は21.75%に対し24.67%という結果でした。

 選挙は民主主義の根底をなす行為です。投票率が有権者の半数前後と言うのは、あまりにも残念な結果だと思います。どこが勝ち、誰が負けるにしても、有権者である私たちが「しっかり」とした意思表示をし、結果に係るべきだと思います。

 このまとめが次の選挙での投票率アップにつながればと願う次第です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る