市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安の夏は、これを食べなきゃ始まらない♪老舗そば屋『天哲』の看板メニュー『天哲そば』美味しさの秘密に迫る!

ジメジメ梅雨真っただ中、でもこれが開ければ待ちに待った夏! …浦安で夏を過ごす皆さんに、ぜひお知らせしたい“夏の食”があります。それは、創業100年を超える『そば処 天哲』さんの『天哲そば』! 夏季限定の天哲そばは、冷たいお蕎麦の上に揚げたての天ぷらの乗った一品。私も大ファンで、毎年夏が来るたびにいただいているメニューです。そんな天哲そばの美味しさの秘密を探るべく、今回なんと厨房にも潜入させていただきました!

老舗の夏の看板メニュー『天哲そば』の始まりは、些細な事だった

初代・江野澤哲次郎さんが創業したという『そば処 天哲』。「天ぷら哲次郎」と呼ばれていたため、略して「天哲」と名付けられました。当初は境川沿い、現在の宮前通りのあたりにお店があったそうですが、宮前通りを作るということで現在のフラワー通りへ移転。現在は三代目のご家族、そして四代目も一緒に切り盛りしています。

「はじめはね、なんかパパッと簡単に食べれるメニューがほしいって言われて。ほら、浦安は忙しい人多いでしょう。10年くらい前かな、新しく作ったんです」と話してくれたのは、『天哲』三代目のおかみさん。『天哲そば』というくらいだから、かなり歴史のあるメニューなのかと思いきや、最近できたメニューだったんですね!「内容は大体決まって、名前を何にしようかね…と話していた時に、ちょうどお客様が『天哲そば』でいいんじゃない?って言ってくれて。じゃあそうしようって、始まりはそんな些細なことでした」

100年超を誇る歴史から見れば新参者の『天哲そば』ですが、今や押しも押されぬ人気メニューの一つです。その勢いたるや、昔からのファンが多い『カレー南蛮』と並ぶほど。「土日は遠くから車で来てくださるお客様も多くて、1日中天ぷら揚げっぱなし。やっぱり皆さん『天哲そば』を求めてきてくださる方が多いです」。そんな『天哲そば』の美味しさの秘密を探るべく、今回初めて厨房に潜入させていただきました…!

『天哲そば』美味しさの秘密は、おかみさんとご主人のコンビネーションにありました

アツアツ&サクサクの天ぷらを揚げるのは、おかみさん。おそばを茹でるのは三代目のご主人。「まずは火の通りづらいかぼちゃから揚げて行きます。あとはおそばの茹で具合を見ながら、ちょうどおそばが出来上がるころに天ぷらが揚がるよう、タイミングを見計らって…」。厨房には冷房はなく、高温の油鍋の前に建つおかみさんの後ろには、そばを茹でる大きな釜。もうもうと立ち込める湯気に油の熱、まだ6月ですが、厨房内はかなりの熱気。「扇風機まわしても全然効かないの!」とおかみさんは笑いますが、お昼の時間帯ずっと立ちっぱなしのまま、ここで天ぷらを揚げ続けるのは並大抵のことではありません。

揚げ物が始まると、ごま油の良い香りが厨房中に、そして換気扇を通ってフラワー通りまで漂っていきます。ジュワっと良い音を立てる、鍋の中の野菜や海老。そこへ衣を少しずつ垂らし、“花を咲かせ”ていきます。「これが出来るようになるまでが難しくてね。二代目のおじいさんは『見て覚えて』というタイプの人だったから、こっそり後ろから覗いて。でもやってみると難しくて、こうして“花を咲かせる”ようになるまでが大変でした」。今は天ぷらに“花を咲かせ”はしないお蕎麦屋さんも増えて来たそうですが、「うちはつゆが濃いから。これくらいしないと負けちゃうんです」。こうして“花を咲かせる”ときに生まれる揚げ玉も絶品なんです!

おそばの釜の前では、三代目のご主人が竹ざるを手際よく動かします。ボコボコと沸騰を続ける釜の温度は100℃。「手を入れても全然熱くないんですよ」と笑顔の三代目。茹で上がったおそばは、手早く冷えた水へ浸け、一気に締めます。「夏は夏で暑いけど、冬は冬ですごく寒い。冬場はこの冷たい水が応えるんです」

サクサクの天ぷらと、つるっとした喉ごしのおそば。手軽なのに二度美味しい『天哲そば』

三代目のおそばと、おかみさんの天ぷら。その2つが合わさって出来上がったのが『天哲そば』(1,100円 ※7/1より価格改定、1,150円となります)なんですね! 上に乗るのは海老・かぼちゃ・ナス・ピーマンの4種の天ぷら。花の咲いた天ぷらは、そのまま頬張ればサクッと軽く、ごま油の香りが鼻をくすぐります。アツアツ&サクサクは出来立ての醍醐味!

冷水でギュッと締められたお蕎麦は、つるんとした涼やかな喉ごし。そばのふくよかな香りを楽しみつつ、しっかり味のつゆとの絡みも絶妙で、天ぷらの油っ気と合わさるとまたそばの旨味が引き立ちます。このぶっかけスタイルがまた手軽! 別添えのつゆに付ける手間なくつるっといただける、そしてサクッと揚がったアツアツの天ぷらも食べられる…手軽なのに一度で二度美味しい『天哲そば』が、忙しい浦安っ子に好評なのも頷けます。

最後はそば湯で〆。おそばにたくさん含まれれるルチンは抗酸化作用が高く、血液をサラサラにしてくれる成分です。そんなルチンの溶け込んだそば湯を飲まないのは損! 天哲さんのおそばは手作り・無添加なので、ぜひ安心しておそばもそば湯も楽しんでくださいね。

ちなみに『天哲そば』はテイクアウトも可能。テイクアウトでは、つゆはかけずに別添えとなります(容器代が別にかかりますのでご了承ください)。アツアツをお店で食べるもよし、テイクアウトしておうちでゆっくり味わうもよし…。『天哲そば』を食べて、浦安で夏を始めよう!

そば処 天哲…浦安市堀江3-8-17 047-351-2670
水曜定休 11時~15時、17時~19時 駐車場2台あり
※出前は一部地域のみ
Instagramhttps://tentetu.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る