市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

市川市行徳野鳥観察舎あいねすとに行ってみた。

久しぶりに「みどりの国」付近の緑道を歩いていると、ふと思い出しました。それは令和2年10月11日(日)にグランドオープンした「市川市行徳野鳥観察舎あいねすと」。浦安でいうところの「浦安市三番瀬環境観察館」に近い存在です。

今回は新しい野鳥観察スポット「あいねすと」をご紹介します。

●場所

場所は行徳エリア。周辺には「野鳥の楽園」や「みどりの国」があり、「南行徳駅前通り」や「福栄スポーツ広場」のらせん階段から緑道を通り、アクセスすることが出来ます。直線距離が長いので自転車もおすすめです。

●施設

緑道に突如として現れる円柱型の建物。写真からも分かるように、完成して間もない新築で上部がガラス張りとなっています。

建物の側面にはお洒落なデザインで「あいねすと」の文字が。綺麗な外観ですね。

中に入ると、市川市行徳野鳥観察舎「あいねすと」入館証の記入を求められます。これは人数分ではなく、世帯単位で書けばいいそうです。

こちらは中庭。建物は円形型で真ん中が吹き抜けになっているようですね。窓も適宜開放されていて開放的です。

階段を登り、二階に到着しました。一階の受付で望遠鏡のレクチャーを受けることでこちらの器具を利用することが出来ます。

階段の通りには感謝のメッセージや周辺の動植物を紹介する画像が掲載されています。

こちらは温かみのあるタイルに彩られた中庭。洋風の椅子とテーブルが設置されており、これまたお洒落なテラスです。

三階に到着。言い忘れましたがしっかりエレベーターも完備されています。

「行徳野鳥観察舎あいねすと」は「旧野鳥観察舎の跡地」に建てられたそうで優美な曲線からなる建物は行徳近郊緑地のもつ無限の可能性をデザインしてるそうです。

以下、市川市公式ホームページ
あいねすと(行徳野鳥観察舎)グランドオープン | 市川市公式Webサイト (ichikawa.lg.jp)

いかがでしたでしょうか。行徳野鳥観察舎あいねすと。新しいスポットの誕生です。皆さんも是非、浦安市から気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る