市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【コロナ禍だって歌いたい!】青少年館が本気を出した。新しい合唱の形。みんなでなかよくうたってる~いるかの合唱団~♬

「きゅっきゅっきゅ~でこんにちは♪」2021年春。浦安青少年館が本気を出しました。これはかなりの力作なので是非、市民の皆さんに見て欲しい。

『歌うって楽しい!』でも歌えない…

浦安青少年館いるか合唱団。市内様々なイベントやピュアクリスマスコンサート等の舞台に数多く出演しているので御存知の方も多いかと思います。浦安市内在住・在校のジュニアコーラス(小学生)とユースアンサンブル(22歳以下)で構成されている元気いっぱいな合唱団です。ユニフォームもかわいいし、男の子も多数在籍しています。浦安の誇る声楽家 巽順子さんと音楽家 洋一郎さんが講師を務めていることでも有名ですね。

活動方針:
子どもたちに合唱の世界に触れる機会の場を提供し、合唱を通して心の育成や異学年交流を図るとともにコーラスの楽しさを感じることや協調性の向上などを目指します。また、地域社会との繋がりを持ち、公共の場などで発表することで、社会に貢献できる活動をしていきます。
参照:浦安市青少年館 いるか合唱団プロフィール(公式サイトより)

「歌うって楽しい!」がコンセプトのいるか合唱団。しかし新型コロナウィルスの影響で出演予定イベントは軒並み中止、緊急事態宣言を受け練習場所である青少年館も閉館。辛うじて、昨年の市民まつりや12月のピュアホワイトクリスマスコンサートの出演は適いましたが、3月に企画される文化会館での発表会は2年連続で中止でした。市内でも新型コロナウィルス感染者が後を絶たず余談を許さない今、歌いたくてもなかなか難しいという状況が続いています。

青少年館、すごい!本格レコーディングでオンライン合唱を実現

二度目の緊急事態宣言を前に2年連続で発表会が中止になってしまい、子供たちもガッカリ…そんな状況下でも何か活動の成果を発表できないか、と青少年館のスタッフは立ち上がりました。

それが、『オンライン合唱』です。

3月のある日。一人の持ち時間を10-15分ずつ細かく区切り、ひとりひとり撮影すると聞き、撮影現場に同席させていただきました。

筆者がオンライン合唱と聞いたときに浮かんできたのは、ビデオカメラの前で1人1人歌い(場合によっては踊り)、動画編集で音声を同時に流し映像をならべるという類のものでした。しかし、実際は本格的なレコーディング施設が!

撮影風景を見て、思い出しました。そういえば青少年館ってドラムセットやピアノが常設されバンド等の練習もできる施設があるのです。

(参照:浦安市青少年館公式サイト 施設の紹介

青少年館、本気だしてきたな…これは期待大だぞ…!

歌うのは正真正銘ひとりです。機材担当等にスタッフの方ともソーシャルディスタンスが保たれているホールでひとりで歌います。でも団員のみんなはヘッドホンで音声が流れているのでいつも通り歌っていました。(心なしかみんな緊張して表情は固いけどね!)

できあがった作品はこちら

YouTubeに誰もが閲覧できるようアップロードされています。下記URLより是非、ご視聴ください。

※音声が出る動画です。再生環境にはお気をつけくださいませ。スマートフォンでご視聴の場合、YouTubeのアプリが軌道する場合がございます。

早く落ち着いて元気ないるか合唱団の姿がたくさん見られる日が来ますよう。

2021年度もいるか合唱団は活動しています。出演依頼、入団相談は随時受け付けているということです。青少年館にお問合せください。

いるか合唱団の練習風景を取材したバックナンバー記事はこちら

いるか合唱団(浦安市青少年館)…浦安市猫実一丁目12番38号(浦安市集合事務所1階・2階)
電話:047-700-6203(青少年館)
ファクス:047-351-1174(青少年館)
公式ホームページ:https://www.urayasu-zaidan.or.jp/seishonenkan/iruka/index.html

お問合せの際、ぜひ「浦安に住みたい!webを見た」とお伝えください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る