市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

舞浜の休日♪レジャーを満喫する一日モデルコースを考えてみた


浦安の舞浜地区といえば、テーマパークと共に発達し整備されてきた、世界有数のリゾート地。一番有名なのはやはりシンボルとも言える二つのテーマパークでしょうが、現在は感染症の流行に伴う入場規制のため、当日ふと思い立ってぷらりとテーマパークに行って遊ぶというのは難しい状態です。しかし舞浜の魅力は決してテーマパークだけではない、何と言っても世界有数のリゾート地なのだから!!と筆者は思い、先日「(テーマパークに行かずに)舞浜でレジャーを満喫する最高の一日」を考えて実行したので、ご紹介します。

①午前:シネマイクスピアリで映画鑑賞
②昼:イクスピアリでランチ(映画半券で特典♪)
③午後:舞浜ユーラシアで温泉
④夜:舞浜海岸遊歩道を散歩

①午前:シネマイクスピアリで映画鑑賞

シネマイクスピアリはスクリーン数が多く、最新の話題作はもちろん、上映館が少ないニッチな注目作や過去の名作まで、様々な映画を上映しています。

建物や施設は綺麗で、席は座り心地がよく快適。オススメは朝一番〜午前10時台の回。イクスピアリは11時開店の店も多いためか、午前10時台ならまだ人も少なく、休日でもゆったりとした気分で映画を見られます。そして映画の半券を最初に入手しておけば、この後の食事やショッピングでお得な特典も受けられますよ。

キャラメルポップコーン・ナチョス・ドリンク(M)のセットを購入。せっかく自宅ではなく映画館で映画を見るので、気分を盛り上げます☆ナチョスとセットになっているチーズソース&サルサソースは、交互に食べるとやみつき!更にキャラメルポップコーンと交互に食べると…甘さと辛さ、幸せの無限運動です。

②昼:イクスピアリでランチ(映画半券でお得♪)

映画鑑賞後は、イクスピアリ内でランチ。イクスピアリ内のお店では、映画の半券を持参することで様々な特典を受けられる「チケ得」というサービスがあります。(詳しくはこちら:https://www.ikspiari.com/ent/ticket/?f=osusume-bnr

今回筆者がランチをした「自然派ブッフェ 響の詩」では、映画の半券で料金を5%オフにして頂けました。

時間に余裕があれば、この後イクスピアリで買い物をしてもいいですね♪

③午後:舞浜ユーラシアで温泉

お腹いっぱい食べたランチを消化し、日々の疲れも癒すべく、午後は舞浜ユーラシアにGO!!

イクスピアリから舞浜ユーラシアまでは、歩いて約20分。舞浜駅前からシャトルバスも出ているので、簡単に移動出来ます。源泉掛け流しの天然温泉にゆっくり浸かりながらぼんやり空を眺めていると、明日からも頑張ろう…そうしみじみ思えてきます。

昨年泊まってみたら最高だった舞浜ユーラシア。(https://sumitai.ne.jp/urayasu/2020-12-15/83609.html)すっかり虜です。

④夜:舞浜海岸遊歩道を散歩

さて、舞浜ユーラシアでゆっくり温泉に浸かりすぎた筆者はここで帰路につきましたが、もしまだ時間と体力に余裕があれば、舞浜海岸遊歩道で夕焼けや夜景を見て一日を締めるのもオススメです。
舞浜海岸遊歩道については、こちらの記事(https://sumitai.ne.jp/urayasu/2018-05-24/54616.html)もご参照ください。昼間も素敵ですが、目の前いっぱいに広がる海に沈んでいく太陽や昇ってくる月、オレンジ色から紺色へと変わっていくグラデーションの空の美しさは格別ですよ。

(写真は昨年撮影した物です)
(写真は昨年撮影した物です)


いかがでしたでしょうか?舞浜を満喫する一日、実際にやってみた筆者は「浦安近郊に住んでて本当に良かった…」と思いました。思い立ったらぷらりと気軽に映画を見られて美味しいものを食べられて温泉にも入れて道を歩いても楽しい舞浜のレジャーパワー。さすが世界有数のリゾート地です。皆様もぜひ楽しんでくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る