市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【新習志野駅からすぐ!】茜浜緑地へ行ってみた(1)

私はよく海沿いを散策するのですが、浦安はおろか、近場はほぼ行き尽くしてしまっていたんですね。そんなある日、新境地を見つけるべく地図アプリを開きました。すると、「海浜幕張駅」の一つ前の駅である「新習志野駅」の近くに面白そうな場所を発見しました。名前は「茜浜緑地(あかねはまりょくち)。

●茜浜緑地とは?

新浦安駅から新習志野駅までは電車で13分。駅を降りたら、海沿い向かって一直線。川を挟んで左手には「海浜公園」や「習志野市海浜霊園」があり、茜浜緑地の道は右手という事になります。

東京湾を一望することが出来、その全長はなんと約1.5km。付近には「茜浜運動公園野球場」や「茜浜運動公園」「茜浜パークゴルフ場」など、広大なスペースを生かした整備が成されています。ちなみに、茜浜という名前の由来は「夕焼け、西の空が茜色に染まる」ことから名付けられたそうです。

今回から海沿いの最果てにある「茜浜緑道(関東の富士見百景)」を目指して歩いていきます。

●早速、歩いていく。

千葉船橋海浜線の15号横断歩道を渡ると、川沿いが見えてくるのでそこから海沿いにかけて歩いていきます。すると、写真のような河口付近に着きます。浦安市の場所で例えるなら、日の出橋近くの河口付近の小さい版、といった所でしょうか。

付近一帯が芝生で覆われているこの場所は「茜浜運動公園」。小高い丘やオブジェが点在しています。

テトラポットの先に見えるのは海浜幕張の摩天楼。潮の香りや雰囲気はどことなく浦安市に似ているのに、高層の建物が現れた瞬間、やっぱり別の場所だな…といつも感じます。今日は雲一つない最高の陽気です。

写真ではプライバシー配慮の為、人気が確認しづらいですがご了承下さい。個人的には穴場だと思っていましたが、撮影時、人が結構いました。緊急事態宣言下とあって、私を含め野外を好む人が多くなったのかもしれませんね。

道はとても広々しており、浦安市の「日の出海岸沿い緑道」etc…に勝るとも劣りません。一つ違いを挙げるとするならば、防波堤が低く海との距離が非常に近い事でしょうか。

次回へ続く…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る