市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【お気に入りをさがしに①】境川沿いに灯る優しい光。センスの光るお花と実もの、そして温かな笑顔が迎えてくれる新浦安に根差したお花屋さん。

お花を飾ったり、音楽を聞いたり、大好きなカップでコーヒーを淹れたり、お気に入りの洋服を着たり…『お気に入り』を生活に取り入れるだけで、今とはちょっと違う輝きの毎日が送れそうな気がしませんか? お家時間が増えてちょっと憂鬱な気分も変えてくれる、そんなステキなアイテムが見つかるお店を取材してきました。

誰かに贈りたいとき、記念日や行事、お家にちょっと彩を添えたいとき…生活の様々なシーンで活躍してくれる″お花″。

境川沿いにお店を構える『Le popolus』は、新浦安エリアの頼れるお花屋さんです。店先には可愛らしい寄せ植え、扉を開けてみれば色とりどりのお花が芳しく香り、スタッフさんがとびきりの笑顔で迎えてくれます。

まるで森の中のような彩と香りに満ちた店内。入って右手には、季節のお花やグリーン、実ものが並びます。これからの季節はラナンキュラスやチューリップなど、春の訪れを告げる花々が続々登場予定。「これからは一年で一番華やかな季節。お花を束ねるのもワクワクします」と浅田さん。誕生日や記念日はもちろん、ちょっと疲れたときや気分を変えたいときにも、お花のパワーを持ち帰ってみてはいかがでしょう。一輪から購入できます。


「住宅街にあるお店なので、わざわざ足を運んでくださるお客様が『来てよかった!』と笑顔になっていただけるお店を目指しています」と話すのは、店主の浅田さん。浅田さんをはじめ『Le popolus』のスタッフさんのつくる花束は、手にした瞬間「わあ、ステキ!」と思わず笑顔になるものばかり。

メインとなるお花のセレクトはもちろん、引き立て役になるグリーンや実ものの種類も豊富。用途と予算・イメージを伝えたら、世界でここにしかない花束が出来上がります。花束はもちろん、置くだけで飾れるアレンジメントはお年寄りや忙しい方へのプレゼントにも◎。実ものとお花の共演を楽しめます。


浅田さんがお花の世界に入ったのは、ブライダルへの憧れから。最初は花嫁さんのブーケや会場装花を作っていました。その後、同じ境川沿いにあった『フローラルデコール』というお花屋さんへ勤め、2006年に前店長よりお店を引き継ぎます。2012年の店舗移転を機に『Le popolus』へと名前を改め、今年で9年。「ここでお客様と会話をしながらお花を作るのが本当に楽しくて。お花の前に人が好きなんだなと気づいたんです」と浅田さん。昨年の緊急事態宣言発令時には、営業を続けて良いのか悩み、『Le popolus』はどうあるべきかをスタッフみんなで話し合ったのだそう。「『お客様の笑顔を止めてはいけない』と。そこで時間を短縮して営業を続けました。今でもご自宅用はもちろん、会えない家族や友人のためにとお花を求めるお客様も多くいらっしゃいます。このコロナ禍において、どんな場面でも人の心にそっと寄り添える、そんなお花の力の大きさを実感しています」

たった一輪テーブルに飾るだけで、場が華やぎ心を和ませてくれるお花。
そしてそんなお花を扱う、笑顔のステキなスタッフさんたち。
『Le popolus』は境川沿いに灯る、温かく優しい光のようなお店です。

★Le popolusのアレンジレッスン 1/26・28、2/2・4(10:30スタート)
緊急事態宣言発令を受け、延期の予定です。最新情報はInstagramをご確認ください。

お花屋さん Le popolus…浦安市今川1-2-1 047-381-1166
11:00~17:00、日曜定休
Instagram @lepopolus.1206

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2021年1.2月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る