市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【植木まつり】浦安公園にて10月30日開催のソーシャルディスタンスな植木まつりを堪能。秋の庭に彩りを!

昨年から浦安公園へと拠点を移した植木まつり。今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、春の開催は見送られました。このままないのかと思っておりましたが、10月31日の市民まつりと同時開催に!コロナ禍でも楽しめる植木まつりをレポートします。

待っていたぞ!植木まつり!

庭好き花好きの土いじり大好きな市民が楽しみにしている植木まつり。今年は春の開催が見送られたので、このままないのかと思っていましたが、市民まつりと同時開催で10月31日に開催されました。


参照 浦安市広報ページhttp://www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/029/074/koho1155_8.pdf

毎年盛大に屋台が並びますが、今回の規模は縮小され、浦安公園のゆうゆう広場の一角でした。

植木まつりといえばリサイクル堆肥。今年も配布がありました。

植木まつりと言えばリサイクル堆肥の無料配布!今年は規模も縮小されていたので、ないのかなと思ったのですが、ありました!!

列はソーシャルディスタンスを保つように並び、入口で検温があり、手指を消毒してひとりづつ入っていきます。筆者は併設の市民まつりのステージ横で検温を実施していたので、検温済みを証明する首から下げるカードがあったので、顔パス状態でした。

写真には写っていませんが、テント横には土のう袋が積みあがっていました。職員の方は「はーい、どんどん持っていってね~」と渡してくれます。中には台車を持参して積み上げてもって帰られている猛者もいました!

筆者は自転車だったので、3袋のみ。自転車置き場が遠かったので重たかったーーっ。10時に開会され、11時過ぎにはなくなってしまっていたので、複数もらえた筆者はかなりラッキーだったようです。

植木まつりといえば無償苗木の配布!今年は市民限定&ソーシャルディスタンスの工夫も

植木まつりといえばその2は無償苗木の配布です。開催10時にも関わらず、朝から長打の列ができていました。開会式の前に蜜を避けるため、早めに配布開始してくださいという本部からのアナウンスもあったほどです。

ソーシャルディスタンスを保つため、なんと隣接する東小学校の正門~校庭~裏門をぐるっと回るようになっていました。高低差もあり意外と歩きますが、1歳児には良い運動です。ワンちゃん連れの方もいらっしゃいました。

市内在住の方のみ、1世帯に1鉢という案内や、ソーシャルディスタンスの注意喚起、庭木のお手入れ方法などが至るところに掲示されていました。

配布場所が密にならないよう、職員の方が入場者の数を見てくれています。細かいところまで感染予防対策が徹底されていると感じました。

今年の配布の品種は4種類です。
画像左からウィルマコニファー、ガーデンシクラメンMIX、シャコサボテン、アッサムニオイ桜です。うーむ、どれもかわいくて悩んでしまいます…


お花が好きな1歳児も楽しめること、木なので来年も手入れすればきちんと咲くことと聞き、アッサムニオイ桜を選びました。
この時は11時前くらい。まだまだたくさん並んでいました。なるべく元気があって蕾がたくさんついている鉢がいいよ、とアドバイスをもらい、職員の方と一緒に選びました。


出口には簡易手洗い場が設置されていました。長い間並んでいると、無意識にどこか触っているかもしれないし、鉢を梱包したりする際に手に土がつくので、確かに手を洗いたくなりますよね。


こちらが筆者がいただいた鉢です。つぼみがたくさんついていてこの状態でも充分かわいいのですが、

植木まつりから1週間ほどたった11月上旬にこんなにたくさんの綺麗な花を咲かせてくれました。よく見ると本当に花が桜の形をしています。この桜が来年咲くころには、コロナが収束し、また賑やかな植木まつり・市民まつりが開催されますように、と願いを込めて大事に育てようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る