市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【歯のことを知って健康寿命を延ばそう! vol.4】マウスピース型歯科矯正「インビザライン」の実例紹介。咬み合わせと歯のズレ、1 年8 カ月で治療終了しました。|新浦安駅前矯正歯科

PR

今回は、右側前歯の咬み合わせが逆であること、上下の正中線のズレを主訴に来院されました。精密検査を行い、右側犬歯のクロスバイト(反対咬合)が原因の、叢生を伴う下顎の右側偏位症例と診断しました。治療前~装置到着中(1 年2 カ月)~治療終了(1 年8 カ月)までを写真を見ながらご紹介します。

咬み合わせ、上下の正中線のズレを治したい。マウスピース型矯正装置のみで治療完了しました!

・年齢性別:30代女性
・治療期間:1年8カ月
・治療費:70万円~(精密検査代別途)
・症例:叢生、下顎の右側偏位、非抜歯

before

シミュレーション

噛み合わせと上下の正中線のズレについて精密検査を行い、右側犬歯のクロスバイト(反対咬合)を改善したところ、約一年で上顎と下顎の正中が一致しました。その後は、咬み合わせを微調整して矯正治療終了となりました。こちらの患者様はマウスピース型矯正装置(インビザライン)のみで治療を完了しています。

after(1年2か月目)

治療完了

治療前のシミュレーションと比べて、実際はいかがでしょうか。口頭だけの治療説明では分かりづらいしイメージが湧きません。立体アニメーションの他にも、レントゲン写真や口腔内写真なども用いて、理屈だけではなく感覚的にもわかりやすいので安心の「インビザライン」です。
・施術の説明…マウスピース型矯正装置(インビザライン)を用いての歯並び、咬み合わせの改善
・施術の副作用(リスク)…疼痛、咬合時痛、知覚過敏、歯根吸収、歯肉退縮が生じる可能性があります。


こんにちは。代表の柏です。今回は、右側前歯の咬み合わせが逆であること、上下の正中線のズレを主訴にご来院された実例をご紹介いたしました。インビザライン治療では治療前のお口の中のデータから、治療終了時のシミュレーションを作成し、さらに精密検査時の資料も考慮に入れて治療計画を立案します。この治療計画に合致したマウスピースを装着することで美しい歯並びを手に入れることが可能です。

Q.マウスピース矯正のデメリットは?
A.ご質問ありがとうございます。食事やブラッシング毎に取り外しができるということはメリットにもデメリットにもなり得ます。1日の装着時間が20時間を下回ってしまうと治療計画通り進みません。患者さまご自身で装着時間を管理していただくという部分が最大のデメリットと考えております。

新浦安駅前矯正歯科…浦安市美浜1-9-2-707 047-316-2806
月水金10:00~13:30・14:30~18:30
土9:00~12:30・13:30~17:30
日9:00~12:30
※浦安に住みたい!の読者の方に、X 線写真や3D スキャナなどの検査を行う「精密検査」を無料で実施しています(通常30,000 円+ 税)。お気軽にお問合せください。

※この記事は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」1・2月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る