市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

開業して1年! 日の出にあるホテル『イビススタイルズ東京ベイ』の朝食ブッフェが利用できる! 遅めのモーニング堪能してきました。浦安市民の方にも宿泊利用の方にもおすすめな超ハイテクホテル♪

2018年7月、日の出に開業した『イビススタイルズ東京ベイ』は新浦安駅からシンボルロード沿いにあるコンビニエンストア(ファミリーマート)にある交差点を左に曲がり、専門病院施設の隣にあります。ここは一体どんなホテルなの? と思っている方も多いはず。実はこちらのホテル、宿泊者以外でも利用ができるとのことで、早速編集室スタッフとともにお邪魔してきました。

フランス・パリを拠点に世界で展開しているホテルグループ『ACCOR HOTELS』

世界100ヶ国4,600軒以上のホテルを展開している世界有数のホテルグループ『ACCOR HOTELS』。ラグジュアリーからエコノミー、アパートホテルからスパまで、幅広いセレクションの中から素敵な旅のニーズに応えてくれるホテルグループです。そんな世界を股に掛けるホテルグループの『イビススタイルズ東京ベイ』が、ここ浦安に開業して1年が経ちました。ホテルのコンセプトは『スタイリッシュカジュアル』。外資系のホテルとあって、内装はとてもおしゃれでひとつひとつにこだわりを感じます。また、新浦安の立地もありテーマパークへお出掛けの方やビジネスで利用されている方も多くいらっしゃると、宿泊担当の加藤さんがお話をしてくれました。

必要なモノが豊か

外観を見た感じはビジネスホテルのような佇まいと思いきや、いざホテル内に足を踏み込むと、スタイリッシュで洒落ている! ロビー後ろ壁のアートピースは水のしずくをイメージされたものだそうで、いたる所で海を感じられます。大きな椅子から小さな椅子まで、素敵な家具ばかり! 宿泊者ではないのでホテル取材はいつも緊張気味で身構えてしまいますが、広すぎないロビーに安心感さえ覚えてしまう、ほっこりとさせてくれそうな印象なのに細部が超絶おしゃれです♪


宿泊担当の加藤さんがホテル内を案内してくれました。まずはエレベーターで7階へ。階数によってテーマカラーが異なるそうで、細かな案内サインやアイコンがとっても素敵! スーペリアルームのお部屋をみせていただきました。
 
(加藤さん)「23㎡のお部屋は3名が泊まれるバスタブの付いたお部屋です。2名利用のお部屋はシャワータイプのお部屋になります。僕のオススメは靴を乾かすことのできる『シューズドライヤー』です。パークで沢山歩いた日も雨の日も、お帰りの際や連日パークインさせる方にはとっても好評なんです! 全室に完備しています。」

ほーこれはありがたいサービスですね! 靴が少しでも濡れていると楽しい旅も思いっきり楽しめませんよね。
そして眺望はこんな感じでした。

こうして改めてみると、新浦安の街並みはやはりキレイです。

(加藤さん)「当ホテルはペーパーレスを推奨しており、ホテルの案内などTVモニターでご案内をさせていただいていおります。テレビはディズニーチャンネルが見れますので、お部屋に戻っても魔法にかかったままです!(笑)」
すごーい! なんだか未来的でハイテック。私達も興奮気味になってきました! 自動販売機で地図が見れたり周辺情報が見れたり、この他にも大浴場も完備されています。ラグジュアリーな雰囲気ではありませんが、必要なモノが豊かでデザインに囲まれた最先端なホテルでした!

 
こんなに素敵なホテル私も泊まりたい! しかし市民はそうもいかないですよね。と、言うことで。

『朝食ブッフェ』が利用できるのだ!

なんと私たち市民も利用ができるという、レストランの朝食ブッフェが楽しめます! ホテル一階にあるレストラン『STREATS』。こちらでは洋食和食のブッフェ、お子さまコーナーもあり、コーヒーのテイクアウトもできます。ホテルブッフェといえばランチですが、こちらでは朝食ブッフェが利用できるとのこと、実際にいただいてきました!
まずはオススメを聞いてみました。

(加藤さん)「朝食ブッフェのオススメは、当ホテルグループがおすすめしている、発酵バターを使用したフランス直送の『クロワッサン』です。全ホテルで出しており世界中の方々からお褒めの言葉をいただいております。」実際にいただいてみるとバターの風味たっぷりでパサパサ感ゼロの中がもっちもち! やはり使っているバターが日本とは違うからかな? う~これは持って帰りたいほど美味!
 
コーヒーマシンも千葉県のホテルに唯一、ヨーロッパ製のコーヒーマシンはエスプレッソよりも濃いリストレットから、ラテマキアートもいただけるのでお好みのコーヒーをいただけます。クロワッサンとの相性もばっちり。こちらのスタッフさんはラテマキアートがオススメとのこと!

和食ブッフェ

そして和食のオススメは『手作り豆腐』。滑らかな舌触りで何杯でも食べれます。ほんのり温かく優しさを感じます。ネギと生姜に醤油、お塩なども薬味として、さまざまなバリエーションでいただけるのも嬉しいです。
この日の和食メニューは、イワシの香梅煮、鶏団子煮、お味噌汁にごはん、おかゆ、温泉卵、納豆、手作り豆腐でした。


海苔はもちろん千葉県産。朝の和食って、自分で作るのは大変ですよね。おかずが3つも揃っているのでごはんのおかわりがすすむ~。私は和食をいただきました。やっぱり朝は美味しいお米派の方、栄養満点の朝ごはんがいただけます。お腹が満たされた後のおいしいコーヒーは格別!

洋食ブッフェ

洋食メニューでは、野菜(トッピング種類多め)、玉子サラダ、パスタ2種(この日はほうれん草のジェノベーゼと)。ポテトフライにソーセージ、パン類(クロワッサン、ベーグル、バゲット、デニッシュ、食パン、パンケーキ、サーダーアンダギー)にトマトスープ。「朝食はサクッと食べてパークへ向かう方がいらっしゃる一方、しっかりと朝食を召し上がりのんびりと過ごされる方も多くいらっしゃるので、それぞれのニーズに応えられるように、ひとつひとつこだわって調理しています。」と、高味シェフ直々に教えてくださいました。

 
これまた栄養満点です。パンコーナーには巣蜜もあり、国産のはちみつがかけ放題なのも嬉しすぎます!
 
編集室スタッフが気になっていた青汁はやはり青汁でしたが、加藤さん曰くミルクを入れると美味しいとのこと、早速ミルクイン、めちゃくちゃ美味いとスタッフ!

子どもブッフェ

また、ファミリー層も多いとのことで、キッズコーナーは常設ですが、イベント時にはテーマに沿って料理も変えているそうです。この日は夏休みとあってテーマは『夏祭り』。焼きそばやチーズドックに枝豆、懐かしいソースせんべいや子どもビールなんてものも用意されていました! 装飾も手が込んでいて、見た目にも可愛らしい雰囲気。こんなに楽しげだとお子さんも朝からしっかり食べてくれそうです。またチョコレートファウンテンもあり、お子さんと一緒に楽しめますね♪

なんとこちらの装飾、実は高味シェフ自身で使ったオリジナルのデコレーション! シェフ自らだなんてすごい!
(高味シェフ)「初めはここまでこったものは作っていなかったのですが、やっていくうちに何だか楽しくなってきて、スタッフに意見を聞きながらテーマごとに作っています。夏休みが終わったらハロウィンに模様替えです!」。
え~~自ら作成するんだなんて、やはりシェフは器用なんですね! なんとなくシェフって話かけずらいイメージでしたが、楽しんでスタッフとともに工作したり、 レストランの雰囲気作りをされているのがとっても印象的でした。
(高味シェフ)「また、連泊される方が多いのでブッフェメニューも毎日変えています。気軽にいらっしゃってください!」
これはレストラン利用される方にとっても嬉しいですね。場所柄、新浦安の駅に近く、浦安三番瀬に近い立地なので、朝のジョギング後や、子どもを見送った後、ママ達と一緒に朝食をとることで優雅な1日が迎えられそうです。

 
カジュアルな雰囲気なので、散歩ついでに立ち寄れるのも良い! レストラン内にはお一人でも気軽に座れるテーブル席もあります。ビジネス利用の方にも嬉しいUSBやコンセントが付いたテーブルでサクッと仕事ができてしまいます。新しい朝の迎え方を『イビススタイルズ東京ベイ』は提案してくれますよ! 

*期間限定(朝食利用者限定)
レストラン『STREATS』

浦安市日の出2丁目1−1
047-381-6775
朝食ブッフェ 6:30~10:00(最終入店9:45まで)*営業開始時間は変更になる場合がございます。
▪大人(12歳~):1,500円(税込)
▪子ども(6~11歳):750円(税込)
▪子ども(0~5歳):無料
【10月の増税による値段の変更あり】
▪大人(12歳~):1,700円(税込)
▪子ども(6~11歳):900円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る