市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

青空の下ではしゃぐ子どもたち&気持ちよさそうに泳ぐこいのぼり! 5月5日(祝)開催の若潮公園【こどもの日イベント】

最近行われた調査では、4歳から12歳までの日本の子どものうち、二人に一人が「こどもの日を知らない」と答えたそうです。また、半数ほどの保護者が「こどもの日に特別なことはしない」と回答したという、ちょっと残念な結果となりました。

しかし、ここ浦安では「こどもの日」を心待ちにしている子ども、保護者がほとんどではないでしょうか。

【境川にこいのぼりを泳がせる会】が主催する「境川にこいのぼりを泳がせる」イベントは30年もの長きにわたって行われており、今年、浦安市都市計画課、浦安景観まちづくりフォーラム主催・浦安景観まちづくり表彰・特別賞を受賞しました。

ゴールデンウィーク中、多くの親子が境川を泳ぐこいのぼりを見に訪れます。5月3日〜5日までの間は、境川の上だけでなく、境川護岸(美浜側欄干)にも色鮮やかなこいのぼりが飾られます。これ、浦安市内の子どもたちがつくった手作りなんですよ!
   
 
 
市内の保育園・こども園・幼稚園に通う子どもたちは、私立・公立の区別なく、連休前にこいのぼり製作をします。それぞれの園が工夫を凝らし、つくりあげた素晴らしいこいのぼり作品は、【境川にこいのぼりを泳がせる会】スタッフとボランティアさんたちの手によって飾り付けられます。「自分のつくったこいのぼり」をカメラに収めるためにゴールデンウィーク中、多くの親子がこの場所を訪れるなんて、素敵ですよね!

若潮公園では楽しい「こどもの日」イベントも実施されていました。

5月5日。浦安の空は青く澄み渡り、絶好のアウトドア日和。若潮公園の敷地内には色とりどりのレジャーシートやミニテントが張られています。
そして、木々の合間には大きなこいのぼりが爽やかな5月の風に揺れていました。

ポップコーンやわたがしの屋台も賑わっています。

中央の広場では、浦安太鼓潮桴連(うらやすたいこうしおばちれん)のカッコイイ演奏!子どもたちのばち捌きや踊りも堂に入っており、見事です。

自筆メッセージや、イラストなどを残せる【ゆめこいのぼり】のコーナーにも子どもたちがたくさん訪れていました。
 

一昨年と昨年に寄せ書きされた【ゆめこいのぼり】は若潮公園の中や、境川護岸(美浜側欄干)に飾られています。
 
内田市長のメッセージも発見!

高洲公民館などで活躍する【すみれ会】の紙芝居、大型絵本、エプロンシアター、マジックショーには大勢の子どもたちが夢中で見入っていました。

10メートルもの長さの【こいのぼりの中を歩いて通る】コーナーも大人気!くぐり終わっては、また並び直す子どもたちと楽しくコミュニケーションを取りながら、安全にも配慮しているのは、東京学館浦安高校 インターアクト部のみなさんです。

ゴールデンウィーク、遠出などしなくても、お金を散財しなくても、ここ浦安市内では、こんなにスペシャルな体験ができたんです。

こいのぼり干し作業、【境川にこいのぼりを泳がせる】、及び「こどもの日イベント」に参加・協力した団体は次の8団体です。お疲れ様でした!

・浦安太鼓潮桴連
・すみれ会
・県立浦安高校社会奉仕活動部
・東京学館浦安高校 インターアクト部
・浦安水辺の会
・入船小中おやじの会
・美浜南小おやじの会
・末日聖徒 イエス・キリスト教会 浦安ワード
・ボーイスカウト浦安第二団

参加団体名は、こちらのこいのぼりにも書かれていました。

【境川にこいのぼりを泳がせる会】を中心に大勢の方が関わったゴールデンウィーク恒例のイベント。今後も末長く、次世代に継承されていくに違いありません。
浦安の子どもたちにとって「子どもの日」はかけがえのない特別な日。きっと、いつまでも記憶に残ることでしょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る