市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open 】パークへ行く人も、浦安に親族・友人を招きたい人も、コストパフォーマンスが良いからおすすめできる、新しいホテルがオープン! 子どもと行く! 女子3人旅プレオープン宿泊体験♪ @HOTELユーラシア舞浜ANNEX

2月21日、千鳥エリアにある新しいホテル『HOTELユーラシア舞浜ANNEX』がオープンされました! オープンにさきがけ、2月16日子どもを2人連れて宿泊体験に行ってきました!

この日、仕事終わりに向かったので時刻は18時30分。旅行の気分を存分に味わいたかったので、車ではなく舞浜駅北口から1時間に2本運行しているシャトルバスで向かいました。もちろん駐車場は42台完備、満車の場合は本館の舞浜ユーラシアに停めることができます。市内ホテルに泊まる市民の方は少ないと思いますが、パークへ行く方、また親戚を呼びたいけど、泊まれるホテルのコスパが気になるという方も必見です!

ハイコストパフォーマンスなカジュアルリゾートホテル 


約10分程度、シャトルバスに乗り海寄りの千鳥方面へ、夜だったので外は真っ暗。早速チェックイン。ロビーの真ん中にはオリーブの木にデコレーションされた可愛い装飾! 女性やグループを中心にリーズナブルな価格で旅を楽しめるようなコンセプトということで、色とりどりの素敵な内装は、女性が喜ぶ南仏のリゾートに来たような雰囲気♪ スタッフさんも丁寧な方ばかりでチェックイン時、翌朝の朝食時間の予約をし、子ども用の歯磨きとルームウエアを貸し出してくださいました。

 

チェックイン後、ワゴンの中からアメニティを一人3つ選ぶことができます。カードキーを受け取って待ちに待った4階のお部屋へ。このカードキーのファイルにWIFi キーが書いてあります。

  

「可愛い~!」と子ども私もテンションが上がります。2~3名の利用できる客室の『ベーシックルーム』。各客室は1部屋につき、未就学児の方は2名までの利用が可能。こちらのお部屋にはシャワールームが付いています。気軽に旅を楽しんでほしい、そんなコンセプトから、無駄なものがないという印象。とはいえ、5Fの客室はバスタブが付いています。1Fフロント横には、加湿器やポット、ヘアアイロン、アイロン台なども無料で貸し出しされているので安心。数に限りがあるので、チェックイン後、必要な方は備品を確保した方が良さそうです。


(SS)(S)

子どものルームウエアは2タイプ。110センチのSSと、130センチのSサイズがあります。大人も子どももコットン素材で気持ちが良くてラクチン♪

本館『舞浜ユーラシア』で食事とSPA

『HOTELユーラシア舞浜ANNEX』に宿泊の方は本館『舞浜ユーラシア』のSPAを特別価格で(宿泊日のチェックイン、チェックアウト後のどちらか1回適用)楽しめるということで、夕食とお風呂を兼ね、シャトルバスで舞浜ユーラシア本館へ。まずは夕食。ユーラシア本館にはビュッフェレストラン「オアシス」、レストラン「オーキッド」があります。今回は地産地消=千産千消にこだわる豊富なメニューのある「オーキッド」でゆっくり食事を楽しむことに。少し込んでいましたが数分待っている間、お腹が空いて落ち着かない子ども達に、レストランのスタッフさんがお水を持ってきてくださいました。予想外の優しさに感動! 俄然たくさん食べようと思うのでした。幅広いメニューの中から子ども達は大好きなラーメンを、私はハンバーグ定食をいただき、あっという間に完食! 美味しくいただきました♪

そしてお風呂タイム。壮大な眺めを堪能できる露天風呂は最高! 一日の疲れをゆっくりと癒してくれます。地下1,700mから湧き出るエリア最大級の源泉かけ流しの天然温泉スパ。露天風呂はもちろん、本格サウナ・岩盤浴・寝湯・洞窟風呂など、女性浴室内では7つのお風呂と3つのサウナを楽しめます。特に子ども達はドーム風呂ハンマムが気に入ったようで、反響する声に終始笑い続けていました!
特別価格でSPAを、美味しい食事も楽しめるので、パークだけではなく、癒しもプラスした超満喫する旅になること間違いありません! また、友人や親戚がホテルに泊まることになっても、一緒に時間を楽しめ、ゆっくりと過ごすことができそうです。パーク後にSPAをご利用する方は、シャトルバスの時間を確認して下さいね。

そして舞浜アネックス行きのシャトルバスを待ち、ホテルに帰ったら後は寝るだけ! しかし予想外の展開が。この時点で22時30分。舞浜ユーラシア→舞浜アネックスへ向かう途中、舞浜駅周辺で渋滞が起こり車がなかなか動かない。「そうだった…この時間はみんなパークから出てくる時間…」。シャトルバスで移動される方は時間配分を気にされた方がスムーズにいきます。この渋滞で、子どもたちは寝てしまいます…。起きるか不安でしたが、状況を察知し無事に起きてくれました。数十分寝たおかげで帰ってからは寝ません。ケーブルTVでキッズチャンネルを視聴し、やっと就寝。

ホテル内設備

 
 

フロント横には備品と一緒に、売店も設置されています。階によって軽食、アイスクリーム、ソフトドリンク、アルコールドリンクの自販機もあります。1F朝食場所の『La Marche』内に、レンジとポットが設置されているので夜小腹が減っても大丈夫そうです。こちらの会場は朝食ブッフェが楽しめ、内装もとても素敵でした。朝のブッフェが楽しみ♪

『La Marche』で朝食

夜は真っ暗で、ホテル外の様子を見ることはできませんでしたが、朝目が覚め、部屋の窓の外を見ると海が~!!! 見慣れた浦安の海ですがホテルに泊まっているとこともあり、やはりテンションは上がりますね♪

 

朝は特に急ぐこともなかったので、朝食の予約は8時。順番に並び、カウンター席に案内されました。窓際の席からは隣接する緑地も見ることができて、朝から気持ちが良い♪

   
朝食は思っていたよりもメニューの数が豊富! 何にしようか迷うほどでした。中でもパンの種類が豊富で、お好みでサンドウィッチが作れるコーナーまでありました。サラダ、スープ、グラノーラ、フルーツ、ヨーグルト等、女性が喜ぶメニューで洋食メインの朝食。マカロンのようなパンはヨーグルトホイップクリームにフルーツが入っていましたが、全く重くなく、甘くないので何個でも食べられます! とても美味しかった! 朝から健康的な食事ができ、ゆっくり食べられるのはホテルならでは。そんな時間も楽しまないと損かも! と感じました。朝食は余裕を持った時間指定をおすすめします。子どもは朝からポテトフライにハンバーグ、サラダ、朝からがっつり系…。

 

そして朝からパークへ向かう方は舞浜駅北口行きのシャトルバスを。また、前夜パークで遊び疲れた方は舞浜ユーラシアSPAの特別チケットを利用して、午前中からSPAを楽しむのも良い旅になりそう♪ 露天風呂の夜の景色も最高でしたが、朝の景色も壮大な眺めでリラックスできますよ! 

パークを楽しみたい方も、コスパを気にせず旅行がしたい方も、子連れでも、大満足な旅を提案してくれます。是非チェックしてみてください♪

HOTELユーラシア舞浜ANNEX
〒279-0032 千葉県浦安市千鳥10-5
047-700-7000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る