市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【ブリオベッカ観戦記】セカンドステージ後半戦は、新加入選手にも注目!

8月26日(土)、柏の葉公園総合競技場にて、ブリオベッカ浦安 VS ホンダロックSC の試合が行われました。8月の中断期間に新たな選手が4名加わり、厚みを増したブリオベッカ浦安。前節のFC今治戦では、さっそくスタメンで活躍した新加入選手もいるということで、期待が高まります…!

前日までの猛暑に比べると、気温はそこまでではないものの湿度が高く、雨が落ちてきそうな空模様。

おっ、今日もべか彦が来てますよ! 水鉄砲持参です。

今日のスタメンには、新加入の選手が3名。DF32番・後藤選手MF33番・石坂選手FW11番・多木選手が名を連ねています。
 
32番・後藤選手は、ケガで戦列を離れている7番・秋葉選手の代わりに、右サイドバックを守っています。33番・石坂選手は、前節のFC今治戦でもスタメン出場し、得点も決めている選手。さて、どんな活躍を見せてくれるでしょうか…!?

さあ、試合開始です!

今まで取材した試合では、前半はスタンドから見て左→右へ攻める形だったのですが、今日は右→左への攻め。あら、いつもと逆だ!と私が慌てていると、前半5分、ホンダロックのカウンター攻撃を受け、あえなく失点してしまいます。

まだまだ前半始まったばかり。気を取り直して、攻めるブリオベッカ! ゴール前では10番・清水選手の存在感が際立っていました。
 

11番・多木選手のプレーは、見ていて力強い! ブリオベッカ移籍前にはモンテネグロのリーグに所属していた多木選手、ちょっとやそっとでは倒れない、フィジカルの強さを感じさせます。しかしそれが仇となったのか、全然悪いことをしているように見えなかったのにイエローカードをもらってしまう場面も…。
 

ここで雨が降り出します。心なしか、転ぶ選手が増えたような…やはり滑るのでしょう。雨の試合を取材するのは、実は初めてです。
 
スローインの際にはボールを拭き、ボールボーイはカッパを着て、試合は続きます。

少しずつ雨が弱まってきた前半終了間際。ゴール前でのフリーキックを与えてしまい、これがなんと入ってしまいます…。

0-2で折り返し。

ハーフタイムにはべか彦とブルーキャッツのショーが行われます。前回見たのとちょっと違いました! 
 

2選手が交代して、後半スタート。新加入選手では、31番・幡野選手が入ります。

幡野選手はコーナーキックやフリーキックを任されていました! 前線を右へ左へ、走り回ってチャンスを探ります。
 

後半は右サイドで撮影をしていたこともあり、33番・石坂選手の活躍も間近で見られました。
 

しかし、なかなか攻撃がつながらないブリオベッカ。守る時間が多くなります。開始早々のようにカウンターを仕掛けられ、ヒヤっとする場面もしばしば…。

17番・富塚選手9番・田中選手も、少ないチャンスに攻め込みますがゴールが遠い…。
  
結局、0-2のままタイムアップ。


昨年から選手の半数が入れ替わって始まった2017年は、7月に監督が交代、8月にはさらに新選手が加わって、ブリオベッカ浦安にとって変化の大きいシーズンとなりました。通算順位は16チーム中現在14位。JFL残留をかけて、これからも厳しい戦いが待ち受けています。残り9試合、1つでも多く勝ちが積みあがるように、応援するしかありません! 次回のホームゲームは9月23日(土祝)の東総、その次が10月15日(日)のフクダ電子アリーナです。頑張れ、ブリオベッカ浦安…!


ちなみに、舞田べか彦のラッピングカーが登場しています! 浦安を走っていることもあるそうなので、見かけたら良いコトあるかも♪

ブリオベッカ浦安 公式HP




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る