市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

近場でワンランク上のおもてなしならココ!浦安の迎賓レストラン「燔」

とっても美味しいもの、かつそれを夜景の楽しめる環境で食べたくなった時、どうしますか? とっても大事なゲストが来て、自分の家以外でもてなしたい時、どこに行きますか?だけどできれば都内ではなく、酔っ払ってもすぐに帰れるような近場が良いとなったら?

そんなわがままな願望を一発で叶えてくれるのが、ここ新浦安駅前の浦安ブライトンホテル東京ベイ最上階の鉄板焼きレストラン「燔(ひもろぎ)」です。以前から大好きで、特別な日、特別なゲストが浦安に来た時、懐具合の良い時(!)限定で行きますが、満足できずに帰ったことはほぼありません。

今回は家族の誕生日祝いに行ってまいりました。(味とは関係ありませんが、受付も完璧です。日程と時間変更のお願いをしましたが、パリッとした気持ちの良い応対をしてくださいました)

こちらが今回頂いたコースです。
【ひもろぎおすすめディナー 信州和牛コース】 *こちらのコースは終了しています。今あるコースは燔のHPからご確認ください。
menu

スタートは一口で食べられる前菜と、さっぱりした白菜のサラダでウォーミングアップです。特にこちらのサラダの白菜が柔らかくてみずみずしく、意外な美味しさでした。鍋に使う白菜とは違う品種の白菜を利用されているとのことでした。
a1
燔サラダ

お次はフォアグラと茸。目の前で焼かれたフォアグラと茸は、文句なしの美味しさ。とろけるような舌触り、独特のちょっとこってりした風味、久しぶりに美味しいフォアグラを(しかも丸ごと)食べた!という満足感でいっぱいになりました。もちろん茸を途中で食べるとそのハーモニーもまた格別でした。
a2

お魚料理は信州サーモン。信州サーモンとはニジマスとブラウントラウトを掛け合わせてできた品種で、肉質は「サーモン」というだけあって「鮭だよ」と言われたら分からないかもしれません。信州サーモンの皮をカリカリに焼いたものを添えて頂いたのですが、上品な魚の脂と香ばしい皮がマッチした素敵な一皿でした。
a3

間に季節の焼き野菜をはさみ、次がお待ちかね。メインの信州和牛サーロインステーキです。きめ細やかなサシの入ったピンク色の肉を見て、焼く前から期待は高まります。
料理長のお勧めで、肉を2段階に焼いていただきました。1回目はミディアムレア、2回目はミディアムウエルダンです。写真はミディアムレアの時のものですが、肉本来の味が優しく舌に伝わってきて十分満足。と思ったら、次にミディアムウエルダンのものを出して頂いたところ、焼いたことによる香ばしさが増してまた違う美味しさに変身していました。
aicatch

ここまででおなか一杯ですが、次に出てきたのが野沢菜のガーリックライス。料理長の手際の良いガーリックライスの作り方に見とれ、それが美味しそうな香りとともに目の前に置かれたら、食べないわけにはいきません。炒めてありますが、まったく諄さはなくあっという間におなかの中へ。一緒に出てきた味噌汁も上品な味で「日本人に生まれてよかった」と思いました…。
a5

最後はデザートです。こちらの写真は最初から最後まで調理・給仕をして下さった料理長の菊川さんがデザートのソースの仕上げをしているところ。カルバドスの風味のきいた、信州林檎のソースをかけたクレープを頂きました。クレープの前でおなかがはちきれそうでしたが、芳醇な香りのソースにひかれ、クレープも綺麗に胃の腑に収まりました。
a6

大満足なディナーを過ごすことが出来たのですが、料理のおいしさもさることながら、もう一つ感心したのが目の前で調理をして下さった料理長の技術です。私たちを含め、3組のお客に対し、それぞれタイミングよく焼いて、さりげなく会話をする。食べているものも、食べるタイミングも異なりますので、かなり技術を要すると思われますがそれを楽しそうにやられていました。

「燔」が私にとっての迎賓館である理由はここにあるのかもしれません。まだ行かれたことがない方、ぜひ何かの記念日などに行かれてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る