市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

看板さんに会いに行こう!その2~泉銀堀江店 森田さん~

総合スーパーが増え、個人商店は軒並み数が減ってしまっている中、浦安魚市場にお店を構える「泉銀」さんが堀江に2号店を出店したそう! この時代にどうしてあえて『魚屋さん』をオープンさせたのか…。そこには店主森田釣竿さんの、魚への真摯な想いと浦安愛に溢れていました。

 「子どもの頃、町の魚屋さんにも連れて行ってもらったんだよ。するとお店の中で『昨日食べたけど、この魚美味しかったわよ』『煮付けにするといいのよ!』ってお客さんどうしで会話が始まったんだ。その風景は今でも目に焼きついている。すごく温かくて良い雰囲気で…。お店の中が人々の交流の場になっていたんだよね。そんな『町のお店』を復活させたくて、2号店をオープンしたんだよ!」今ではほとんど見られなくなってしまった魚屋さんですが、浦安にも当時は15軒くらいあったと言います。軒を連ねた八百屋さんやお豆腐屋さんで、店主とお客さんどうしがおしゃべりに花を咲かせる…森田さんのお話を聞いていると、古きよき時代の浦安の風景が目に浮かぶようでした。「対面で人と話しながら食材を選ぶとさ、その季節の旬のものとか食材の産地とか、値札だけじゃ分からないことをいっぱい知ることが出来るんだよね。売る側も番美味しい
食べ方をお客さんには伝えたいんだ。」会話を楽しみながら魚を選んでほしい…取材中も絶えずお客さんが訪れる店内では「コレね、今日入ったやつ。刺身にすると美味しいよ!」と積極的に会話をする森田さん。すると「いいわね! 一番美味しいところください!」とお客さんからも自然と笑顔がこぼれます。

「浦安って元々漁師の町だから、今でも築地で働いている人が多いんだけど、俺の同級生とかもね、たくさん働いていて。このカツオも友達のところから仕入れたんだよ。」ツヤツヤの鱗と澄んだ目を見れば、その新鮮さは一目瞭然! 丸々と太ったカツオは見るからに脂がのっていて美味しそうです。「絶対に美味しいものを教えてくれる知り合いに恵まれたよ。」

「夕市物」とは、夕方に釣った魚がその日のうちに即売されたもの。なかなか仕入れられない代物なのだそう…!

  築地や千葉の漁港、北海道から九州まで全国の漁師さんから届けられる魚たちは、どれもこれもキラキラと光っていて美味しそうです! それにしても、どうして全国津々浦々に知り合いの漁師さんがいるのか…不思議に思っていると、「バンドのライブで全国に行くからさ。」と森田さん。そうなんです。実は森田さん、ロックバンド『漁港』のボーカルとしてメジャーデビューをしている…という、驚きの顔の持ち主でもあります。「17年前に魚屋を継いだとき、若者が全然魚屋に来なくて。これは何かしなければと思い、ライブで魚をおろしてみせたんだ。そしたらねー、盛り上がったよ!その後ライブに来てくれた子たちが自分の魚屋にも来てくれてね、嬉しかったなー!」それから『フィッシュロック・バンド』として「日本の食文化を魚に戻し鯛(たい)!」を合言葉に、全国でライブを続けています。「全国を回っていると色んな人に出会えるんだ。漁港でライブをすることも多くて地元の漁師さんとも知り合いになるんだけど、ホントみんな真剣だよ。魚と真摯に向き合っている。それを俺はお店でお客さんに伝えていきたい。」

お店には「漁港」のCDも並べられています。

 注文をすれば料理に合わせて魚をおろしてくれるし、自宅でのさばき方も積極的に教えてくれます。「おろしたてが一番美味しいからね! 切り身にしちゃうとやっぱり鮮度が落ちていっちゃうから。美味しくて身体にいいものをいっぱい食べてほしいね!」ここでは書ききれないほど魚のこと、町のこと、食育のことまで色々と教えてくださった森田さん。是非お店を訪れてお話を聞いてみていただきたいです!(時間を忘れてしまうほど面白いですよ。)バンドなんてやっているから色物に見られちゃうけどね…とも話す森田さんですが、魚と向き合う真剣な姿は『本物の魚屋さん』です。「浦安の個人商店がもっと元気になってほしい!」泉銀堀江店の活動によって、商店と人々で賑わう浦安の町並みが出来ていく…。そんな近い未来を夢見て、心から応援をしたくなる『看板さん』でした。

  
キラキラ光る新鮮な魚に、お店で手作りされた惣菜もずらりと並びます。夕ご飯のおかずにも嬉しいですね!

泉銀 堀江店…浦安市堀江3-25-1 047-713-8274
火~土11:00 ~ 18:00( 日の5:00 ~ 12:00 は魚市場のお店が営業しています!)

※この記事は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」9・10月号に掲載された内容です。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る