市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

コース仕立てのホテルランチが2,460円~! 『サクラクルール(桜色)』をテーマにした、ホテルオークラ東京ベイ『フォンタナ』のシーズナルセレクトランチが4月4日から再開します♡

一流ホテルが集う浦安。ホテルが市民の生活にこれだけ近い場所も珍しいですよね! ちょっと贅沢ランチや記念日のディナー、謝恩会などなどホテルを活用している方も多いと思います。

そんなホテルでランチ…というと、ブッフェがほとんどな気がしていました。ところが、舞浜にある『ホテルオークラ東京ベイ』のレストラン『フォンタナ』では、コース仕立てのランチが提供されています。しかもお値段2,460円~…これは気になる!! ということで、3月・4月のシーズナルセレクトランチ『サクラクルール(クルール=フランス語で「色」の意味)』をいただいてきました♡

春満開のホテルランチは、メインを4種類から選びます

ホテル正面を入り、回廊を左手側へ。すぐにレストラン『フォンタナ』が見えてきます。

ランチメニューはサラダ・スープ・選べるメインディッシュ・デザート、おかわり自由のパン、おかわり自由のコーヒーor紅茶付き。メインディッシュは肉や魚など4種類から選べます。種類とお値段は下の表のとおり。

桜鯛とドライトマトのペペロンチーノ 大葉添え
※平日限定
2,460円
鶏モモ肉とベーコン、長ネギのハーブオイル煮2,860円
(土日祝3,260円)
カレイと舞茸のレタス包み 桜の香りをつけて2,860円
(土日祝3,260円)
バベットステーキ 焦がしバター醤油で3,260円
(土日祝3,660円)

これは…迷いますね!! スタッフさんにお伺いすると、シェフのイチ押しは『カレイと舞茸のレタス包み』、一番人気は『バベットステーキ』とのこと。うーん、シェフイチ押しの『カレイと舞茸のレタス包み』にしました!

シェフの技と心遣いが行き届いた、質の高いコースランチ

まず運ばれてきたのは、ミモザサラダ。ミモザに見立てたゆで卵をあしらった、カラフルで春らしいサラダです。みずみずしくてシャキシャキのお野菜と卵の優しい味、そしてアクセントになっているのはなんとカラスミ! さすがホテル、贅沢です♡

お代わり自由のパンは、自家製ロールパンによもぎパン、ライ麦パンにフランスパンの4種類。小ぶりなサイズなので、気に入ったパンをリピートしちゃうのもアリですね! バターやメインディッシュのソースと一緒にいただいても。

続いてこちらがにんにく風味の玉子スープ。にんにくというとガツンとパンチのあるイメージですが、優しくって柔らかいお味…。体の隅々まで染み渡って、元気をくれます。もちろんパンとの相性も最高♪

そしてメインディッシュはこちら! 『カレイと舞茸のレタス包み 桜の香りをつけて』、桜の花の塩漬けが芳しい一皿。春が旬のレタスは柔らかく、ナイフでスッと切れます。中身のカレイはフワフワで、舞茸の旨味と合わさってあっさりながら滋味深い味わい…。あさりのクリームソースがコクと春らしさをプラスし、そこに桜の花の香りと塩味がビシッと効いて、“桜色”な一皿を完成させている! 「桜を料理に使うのはなかなか難しいのですが…上に乗った桜の塩漬けだけでなく、レタスに包まれた中にも桜の風味がしのばせてあるんです」と、フォンタナのシェフ・北山さん。春を感じずにはいられません♡

余韻に浸りながらもデザートへ。コーヒーまたは紅茶が選べ、なんとお代わり自由! 紅茶はスリランカのブランド『ディルマ』から6種類の茶葉が用意されています。お好きな味を選んで、ゆったり贅沢な時間に身をゆだねて…。

デザートはヨーグルトシャーベットのベリーソースがけ。マンゴーのチュイールが見た目にも味わいにもアクセントになっていて、さっぱり爽やか♪ 甘さと酸味のバランスが計算しつくされた、しっかりとした味わいなのに重すぎない、コースランチの最後にふさわしい一皿です。

他のメインディッシュも見せちゃいます!!

今回は取材ということで、他のメインディッシュも味見をさせていただきました!!なんという幸せ♡

■バベットステーキ 焦がしバター醤油で

一番人気のステーキは、牛カイノミを使用。「普段はロースやヒレなどを使用することが多いのですが、今回はバラ肉の中でもヒレ肉に近い部分を使いました」と、レストラン フォンタナの北山シェフ。赤身がありつつ柔らかいカイノミは、噛み締めるごとに旨味がじゅわっと溢れだす…! 付け合わせのジャガイモのグラタンにロメインレタスといった名脇役が、お肉の旨さを引きたてます。細部まできちんと行き届いたシェフのこだわりを感じる一皿。

レストラン フォンタナの北山シェフ。お忙しい中ありがとうございました!

■鶏モモ肉とベーコン、長ネギのハーブオイル煮

登場したのは熱々のポット。フタを取った瞬間、ローズマリーの香りがふわっと広がります。中には厚切りのベーコン、長ネギ、エリンギ、そして柔らか~く煮こまれたホロホロの鶏モモ肉! 残りのオイルはぜひパンにつけて食べてみて。中身もオイルも二度美味しい、食べ応え◎の一品です。

■桜鯛とドライトマトのペペロンチーノ 大葉添え

平日限定のパスタには、『サクラクルール』にちなんで桜鯛を使用。真鯛なのですが、この時期に獲れるものは体が桜色に色づくことから桜鯛と呼ぶのだそう。ふわりと味わい深い桜鯛が、ドライトマトのギュッと濃縮した旨味と相性◎! オリーブやケイパーがゴロッと入り、地中海の春を思わせるパスタ。こちらもぜひパンと一緒に食べてみてほしい♡

フェア『サクラクルール』は4月4日~4月10日まで。ぜひお見逃しなく☆

フォンタナの『サクラクルール』フェアは、4月4日~4月10日まで。ランチだけでなくディナーでも、桜と桜色をお楽しみいただけます。直接お越しいただいても大丈夫ですが、ご予定が決まっている場合はホテル公式サイトからの事前のご予約がオススメ。ちなみに現在(~4月3日まで)は春休みシーズンということで、『春のお祝いランチ』が提供されています。詳しくはホテルオークラ東京ベイ公式サイトをチェック!

宿泊が割引になる!千葉県民割が再開しました

3月24日からは、千葉県民割「千葉とく旅キャンペーン」が再開されました。1人1泊につき最大5000円割引+平日は地域限定クーポン2,000円分が付与されるそうです。これを機に、レストランは利用したことあるけど泊まったことはない…という浦安のホテルへ宿泊して、非日常を味わってみるのも良いかもしれません!

ホテルオークラ東京ベイでは、桜色のフラワーウォールでお部屋を華やかに演出した期間限定の宿泊プランが登場しています。パティシエ自慢の桜スイーツ付き、フォトスタイリングボード付きでステキな思い出の写真が撮れちゃいますよ♡ 詳細はホテルオークラ東京ベイ公式サイトから!

ホテルオークラ東京ベイのこれからも、とっても楽しみ♪

桜の季節の後は…新緑。ホテルオークラ東京ベイでは、4月11日からは新緑をテーマにしたフェアが開催される予定だそう。レストランにスイーツに宿泊に、どんなラインナップが飛び出すのか楽しみですね♪今後はSDGsを念頭に、地産地消や地域との連携といった取り組みにも、さらに力を入れて行くそうです。舞浜だけじゃない、浦安や千葉をさらに盛り上げてくれそうなホテルオークラ東京ベイのこれからに、ぜひご注目ください!

ホテルオークラ東京ベイ…浦安市舞浜1-8 047-355-3333(代表)
https://www.okuratokyobay.net/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る