市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

リクルートから住みたい街ランキングが発表されました。浦安は何位?

リクルートから、住み続けたい街(自治体/駅)ランキングが発表されました。住み続けたい自治体ランキング1位は東京都武蔵野市、2位は中央区、3位は文京区。気になる浦安市は…自治体ランキングで10位でした!

リクルートの住まい領域の調査研究機関、SUUMOリサーチセンターによって「住んでいる街に住み続けたいか」という“継続居住意向”調査が実施されました。(調査対象:関東圏にある各駅から6km以内に在住の20歳以上の男女で、2021年1月から2月にインターネットを利用して実施。有効回答数は、「住み続けたい街」に30万6,948人、そのうち「街の魅力」については4万2,947人。)

 「住み続けたい自治体ランキング」TOP50では、1位が武蔵野市となりました。2位は中央区、3位は文京区、4位は目黒区、6位は港区、8位は渋谷区と、東京都23区が多数を占めました。また、神奈川県では4位は逗子市、8位は葉山町と湘南・三浦エリアが上位の傾向となりました。そんな中、千葉県では浦安市だけが唯一トップ10に入っています。すごいですね!さすが浦安市!!

 「住み続けたい駅ランキング」では、東京都では1位は銀座と築地の中間にある東銀座、9位は馬喰町と、中央区の駅で2か所が入り、神奈川県では、鵠沼・江ノ島エリアの駅が2位の石上駅、3位の鵠沼駅、6位の片瀬江ノ島駅、7位の鵠沼海岸駅、8位の湘南海岸公園駅が選ばれ、トップ10のうちの半数を占めた結果となりました。残念ながら本調査では、千葉県の駅は10位以内にはランクインならずでした。

 今回の調査では、住み続けたい街の条件を探るために、街の魅力を35項目にわたってヒアリングされたそうですが、その結果、「街の住民がその街のことを好きそうだ」という傾向があることがわかったそうです。また「街を好きそう」との関連を掘り下げてみると、「顔見知りができやすい」「子育てしやすい」「教育環境が良い」「防災・防犯に優れている」といった安心して暮らせる環境に加えて、個性的な店が多いことや、街に活気や賑わいがあり、今後の発展期待がある賑わいと街の発展性が重要な要素であることが見えてきたようです。このような調査で上位に選ばれるのは、浦安市民にとってはとても誇らしいですね。

◆住み続けたい自治体ランキングTOP10

1位 東京都武蔵野市
2位 東京都中央区
3位 東京都文京区
4位 東京都目黒区、神奈川県逗子市
6位 東京都港区
7位 神奈川県横浜市西区
8位 東京都渋谷区、神奈川県三浦郡葉山町
10位 千葉県浦安市

◆住み続けたい駅ランキングTOP10

1位 東銀座(東京メトロ日比谷線)
2位 石上(江ノ島電鉄線)
3位 鵠沼(江ノ島電鉄線)
4位 北参道(東京メトロ副都心線)
5位 みなとみらい(みなとみらい線)
6位 片瀬江ノ島(小田急江ノ島線)
7位 鵠沼海岸(小田急江ノ島線)
8位 湘南海岸公園(江ノ島電鉄線)
9位 馬喰町(総武快速線)
10位 赤羽橋(都営大江戸線)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る