市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

北栄の猫実川沿いを散策してみた。

個人的にまだまだ未開拓な北栄エリア。今日に至るまで北栄のことを北栄(ほくえい)と呼んでいたんですが、正式な呼び方は北栄(きたざかえ)とのこと。我ながら恥ずかしい。

さて今回は北栄に流れている猫実川沿いを散策していきます。

●場所

この川は浦安駅から海楽2丁目へ向かってほぼ直線状に流れています。ちなみに北栄の現行行政地名は北栄一丁目から北栄四丁目。

●出発

4~5mの石垣の下を流れる水。川というよりは用水路に近いかもしれません。

梅雨の時期、大雨が降り続いた影響でしょうか。川底がかなり濁っています。

歩道は左右に設けられており、写真から見て右側の方が道幅が広く、自転車などが通りやすいです。今回は試しに左側の道を進んでみます。

アスファルトに雑草が生い茂っているけど、大丈夫かしら…。

進むこと数分。柵に見覚えのある看板が張り付けられていました。そうです。海楽の猫実川沿いにも設置されていた川の浄化を促す”かえるくん”の看板です。こちらの看板は塗装が完全に剥がれてしまっています。最早、ホラー…。

一つ目の橋が見えてきました。特に名称は無いようです。写真右に見える建物は「ファミリーマート浦安北栄四丁目店」。

左側の歩道を進んでみましたが足場が少し悪く、柵ごと崩れそうな場所もありました。通れないこともないですが安全面を考えると、やはり右側を通った方がよさそうです。

遠くを見てみると、大きなクレーンが!浦安駅付近だと思われます。

石垣には降りるためのはしごが設置されていました。

二つ目の橋を越え、

三つ目の橋に到着。

下を見てみると、何やら穴ぼこから水が流れていますね。

水は割と透き通っているように見えます。海水なのでしょうか。

人が入れてしまいそうな暗いトンネルもありました。想像するだけでも恐ろしい…。

進むこと数十分。川底を覗いてみると…そこに見えてきたのは「水」ではなく「草」。見渡す限りの草草草です。

柵のそばには、草が生い茂るささやかな花壇が。絵になる光景です。

浦安駅に続く線路の高架下が見えてきましたね。

浦安駅付近に到着しました。先程の用水路は小川となって綺麗に整備された街中を流れています。

今回散策した北栄に流れる猫実川は浦安駅に向かう際の道しるべになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る