市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【壮大な景色!】福栄緑道を散策。

「野鳥の楽園」に「宮内庁新浜鴨場」。行徳の海沿い近くには、広大な敷地をもつ場所があります。

今回は、そういった敷地を外側から見る形で散策してみようと思います。

●場所

場所は、浦安市のお隣である行徳エリア。

●出発

「南行徳駅前通り」を左折し、緑道へと入っていきます。

「塩浜橋」という橋が目印です。

右奥に続く細い道が目的の緑道です。

緑道の右手には小川が流れており、動植物の憩いの場となっているようです。ほら、カルガモがのんびり休憩しています。

左手には手入れされた植物。右手には動物達と水源。自然の魅力に溢れた緑道となっております。

進むこと数分。足元を照らしてくれる黄色い花々。

振り返るとこんな感じ。自然が豊富で街の真ん中にいる事を忘れてしまいます。

これぞまさに”緑のトンネル”。程よい射光が降り注いでいます。

道の途中には…

以前紹介した「行徳ふれあい周回路」の案内板が。

おっ、何やら水辺に桟橋らしきものが見えてきましたよ。

ここは、「緑の国」と呼ばれる自然の散策路。丁度、管理人の方と遭遇しまして、土曜日曜・祝日に開放するのでぜひ来てくださいねと、丁寧にお声がけ頂きました。

どんな光景が広がっているのか、こちらも楽しみです…!

進むこと数十分。視界が開けてきました。

この辺りには、屋根付きのベンチなどがあります。一息つきたいときに便利です。

右手には、皇居に勝るとも劣らない壮大な景色が…!浦安市の直ぐ近くに、こんな景色が広がっていたなんて!

写真を見て分かる通り、その広さは自然保護区そのもの。対岸までかなりの距離があります。

立派に根を生やした並木近くを通ります。

鳥の巣箱も。

鳥の飼育小屋なんかもありました。

進むことしばし。またしても広大な景色が…!遠くに見える建物は、市川塩浜駅付近。それだけ敷地が広いという事です。

周辺には新築の観察舎が!「市川市行徳野鳥観察舎 あいねすと」と呼ばれる施設で浦安市で言う所の「三番瀬環境観察館」のような存在です。

感染症の状況が緩和され次第、利用したいですね。利用を検討している方は、最新の情報をご確認下さい。
以下、市川市ホームページ。
あいねすと(行徳野鳥観察舎)グランドオープン | 市川市公式Webサイト (ichikawa.lg.jp)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る