市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】自由で革新的なのが面白い! 同じ味・スタイルがふたつとない『クラフトビール』で おうち時間を楽しもう!

「法や流儀というものにとらわれず造る、クラフトビールの自由で革新的な味やスタイルが魅力的なんです!」そうお話してくださったのは、昨年までオーセンティックバーの経営兼バーテンダーとして活躍していた飯塚さん。彼が今夢中なお酒がそう『クラフトビール』なんです。

ソムリエの資格を取り、ウイスキーの知識などを勉強しながら、20年以上バーテンダーを務めてきたという飯塚さん。昨年までは都内で『オーセンティックバー』(いわゆる重厚なドアの向こうに本格的なバーカウンターとベストを来たバーテンダーがいるお店)を経営。しかし、コロナ禍をきっかけに以前より心の内に秘めていた『地元浦安でお店を開きたい!』という想いが強くなっていったそう…。そして昨年末、やなぎ通り沿いに『クラフトビールの専門店』をオープンしました。

日本とアメリカのクラフトビール100 種類以上!壁一面圧巻のクラフトビールは「どれにしようか迷っちゃう!」そんな時は、気軽に飯塚さんに話し
かけてみて!お客様とのコミュニケーションを大切に、希望、意見などを取り入れながら常時ラインナップも変えているそうです。

そんな『クラフトビール』の魅力をお伺いすると…「『クラフトビール』に魅了されたのって、私がバーテンダーを志すきっかけになった『カクテル』にワクワクした気持ちと同じなんです」と飯塚さん。クラフトビールって『間違っている』ということがないそうなんです。「クラフトビールは寛容で、自由に作られるから多彩。だからこその未知なる味にどんな味がするのかワクワクしちゃうんです。同じ味・同じスタイルがふたつとない中に、驚きや発見があったりしてね」と楽しそうにお話ししてくれます。

店内を見回すと本当面白そうなビールが沢山。私が特に気になったのは、山椒の実を使った山椒ビール、酒蔵で作られた日本酒風のジャケットの和ビール!「新種のホップ”Sabro(サブロ)”を使って作ったココナッツの風味の『フームリナードサブロ』なんかも面白いですよ」と飯塚さん。どれも飲んでみたくて迷ってしまいます~。『ジャケ買い』で人気なのは、カラフルな色使いと猫がかっこ可愛い『リヴィジョン』や、あのキャラのオマージュ?『ニーディープ ダークセーバー』。クラフトビールは、見た目も華やかなので贈り物にもぴったりですね。

「この辺りではなかったクラフトビール専門店なので、クラフトビールの良さ、楽しさをお客様と共有できたら嬉しいです! また、希望、意見などを取り入れながらラインナップも変えていますので是非お声かけください」と飯塚さん。いつ来ても新しい発見がある『Shepherd’s BEER LOVER URAYASU』で、クラフトビールを楽しみませんか?

★「ひとあじ違ったクラフトビールのギフト

大切な人の贈り物に迷ったら、見た目も華やかなクラフトビールはいかが?お店でもオンラインストアでも、全国発送OK です!<送料> 関東¥600 ほか¥800(沖縄・離島除く)

やなぎ通り沿い、青いタペストリーが目印! 浦安初のクラフトビール専門店です。

Shepherd’s BEER LOVER URAYASU…浦安市猫実3-17-21 上田第5 ビル101 047-317-7233
Instagram
月~土11:00 ~ 23:00
日・祝10:00 ~ 19:00

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2021年3・4月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る