市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】小顔になりたい!今の自分を変えたい!!そんな夢を一緒に叶えてくれるサロンが当代島にオープンしました♪11月中は初回4,900円と超お得なお値段で受けられますよーっ!

鏡を見て、今の自分の顔に満足していますか? お肌の悩み、目の大きさの左右差や顔の歪み、たるみにむくみ、加齢に伴う悩み、いろんなストレス…「昔はこうじゃなかったのに」「もっとこうなったらいいのに」と思うこと、たくさんありますよね。その悩みを解決した先にある「〇〇したい!」を一緒に叶えてくれるサロンが、当代島にオープンしたんです!『小顔矯正サロン ラリマール』…“矯正”と付くと、なんだか痛そうな気もしますが、いやいやむしろ全く痛くなく、寝落ちしちゃうくらいの小顔矯正なんだとか。一体どんなサロンなのか、取材してきました♪

カウンセリングを重点的に行なうのは、「なりたい自分」を共有するため!


バイパス沿い、東京ベイ医療センターの近くにあるビルの4階に、『小顔矯正サロン ラリマール』はあります。インターフォンを押すと、オーナーセラピストの大熊さんが「こんにちは!」と迎えてくれます。

白を基調とした明るい店内で、まずはソファに座ってカウンセリングから。

顔の悩みはもちろん、健康面やライフスタイルまで細かく質問されます。

「うちのサロンでは、カウンセリングに時間をかなりかけています。お客様がここに来たということは『悩みを解決したい』『変わりたい』という想いがあるから。なぜ小顔になりたいのか?なぜうちのサロンに来たのか?というモチベーションの部分を掘り下げて、ご自身の悩みに真っすぐ向き合い、お客様と二人で『こうなる!』というゴールを決めます。そこへ向かって、二人三脚で頑張っていくんです」と大熊さん。二人三脚…! 確かにそうですよね。なんとなくエステに行ったからキレイになったような気がする♪ではなく、『こうなる!』という明確な目標を共有することで意識が高まり、自分も努力できるし、結果の検証もしやすくなる。こうして“一緒に”なりたい自分を目指してくれるサロンって、すごく頼もしいです…!

ちなみに私の悩みは、最近気になるたるみとむくみ。「たるみは、顔の筋肉が固くなっているのが原因のことが多いです。特に今や必須となったマスク、付けているだけでストレスはかかるし、マスクで隠れるから顔をあまり動かさないでしょう。筋肉が固くなると皮膚が下に引っ張られて、たるんでしまうんです。顔の筋肉をゆるめて柔らかくしていくと、皮膚のたるみも気にならなくなります。むくみについては、今日私がマッサージでむくみを流す道をつくるので、お水をたくさん飲むようにしてください。共同作業です!」。そうか、共同作業! やってもらうだけではなく、自分も目標に向かって努力することが大切なんですね。

さて、そんな私が決めた目標は「先日買ったベレー帽をかっこよく被れるようになること♡」。目標を共有したら、マスクを外して現状確認。「顔の左右差・ゆがみを確認していきます。右側がちょっと下がってますね…噛みグセや歯の食いしばりはありますか?」。食いしばり、意識はあまりしていないのですが、歯医者さんに行くと指摘されます。「無意識に左のほうをよく使っている可能性があります。今日骨の位置を元に戻していくので、これから意識して右側をよく使っていただくようにすると良いと思います」。

続いて自分で自分の顔を触って、自分の顔の形を確かめます。ふんふん、こんな感じね…。後々比較するためにビフォーの写真も撮っておきました。施術後の写真とあわせてお見せしますので、お楽しみに!

小顔を目指して! 全然痛くない、むしろ気持ちよい施術

さあ、施術です。ベッドへ仰向けになり、まずはクリームで顔を優しくマッサージ。

「お顔を触りながら、顔の筋肉をゆるめていきますね」。両手を使って顔の表面を流していくのですが、本当に柔らかく優しい手…これは眠ってしまうという方がいるのもわかります。私は目のまわりがかなり固くなっていたようで、重点的に流してもらいました。

流した後は、骨を触っていきます。「私の小顔矯正では、エラと頬骨とおでこの骨、その3か所しか触りません。今から骨をもとの位置に戻していきます」。

痛くないとは言うものの、ちょっとは力がかかるのかな?と身構えたのですが、むしろ手を当てているだけ、そっと手を添えてくれているだけ。大熊さんの温かい手のひらが顔を包み込んでくれている感じで、すごくリラックスします…。

初回の方は、半顔だけ施術してその効果をチェックさせてくれます。

「右側が本来のお顔。左側が生活習慣によって作られたお顔です。エラと頬骨をしまい込んだので、右側だけフェイスラインが引き締まったのがわかりますか? あとは目の大きさ、右はパッチリと開いていますよね」。確かに! なんだか右側だけシュッとした気がします!

左側も施術したら、お顔にパックをしながら頭皮のマッサージと頭蓋骨調整。

これまためちゃくちゃ気持ちイイ…。頭をぐぐっと持ち上げて引っ張ってくれるのですが、頭の中に溜まっていた液体が、ふぁ~っと流れ出す感じ!「家族に頭を持ち上げてもらうだけでも気持ちいいですよ。ぜひお家でもやってみてくださいね」。

髪も触ってくれます。束にしてねじったり、全体にバサバサと触ってくださるのですが、こうして髪のストレスを取り除いているんですって! 毛根が適度に刺激されるのが気持ちよかったです。

最後は手技による保湿。

マイクロパウダー・保湿・美白・ヒアルロン酸の4種類から、最も自分に必要だなと思うものを選びます。もちろんお肌の状態を見てもらって、大熊さんに相談してみてもOK! こちらで約40分の施術は終了です。

たった1回の施術で、フェイスラインと顔のパーツが引き締まった!

施術前後の写真はこちら。

フェイスラインが引き締まり、顔がシュッとしたのがわかりますでしょうか? 目の開き方もぱっちりしました。顔のパーツがくっきりして、顔の凹凸がしっかり出ています。写真だとわかりづらいですが、頬骨もエラもしまい込まれていて、施術後に顔を触ったときの手のひらの感触が全然違いました…!これには驚き! (施術の効果は個人によって異なるとのこと。ご参考までに…)

アフターカウンセリングでは、現在の顔の状態と、普段の生活で気をつけるポイントを教えてくれます。私の場合は…

  • エラは右のほうが張っていた
  • 奥歯の噛みしめは左のほうが強いので、右側を意識的に使ったほうが良い
  • 目の周囲がけっこう固かったので、疲れたなぁと思ったらアイマスクやホットタオルを当てるなど、その時その時で対処して溜め込まないようにしてみて
  • むくみにはお茶やコーヒーではなくお水を飲むこと!体重×0.03が1日に必要な水分なので、意識してお水を摂ってみて
  • 睡眠の質が表れる頭皮は、比較的柔らかくて良い状態


「今日、骨を本来の位置に直しました。でも、初回は1週間くらいで以前の顔へ戻ってしまいます。1週間おきにもう2回通っていただき、その後は月1度通っていただくと、効果は継続していきます。骨の位置を元に戻し、お顔のストレスを取ってあげることで、肌質・体質改善にもつながるんですよ」と大熊さん。お客様の中には吹き出物が出来なくなったり、良く眠れるようになったりと、お顔の悩みを解決するだけではない効果が表れた方もいらっしゃるのだとか。

リニューアル記念で、11月中のお試し施術はとってもお得♡ 変わりたい方、必見です!

セラピストの大熊さんは、もともとは美容師さん。出産を機に美容師を辞め、その後エステティシャンとして化粧品会社へ就職し、美容の世界に戻ってきました。「8年前に葛西で自宅サロンを開業しました。ボディメインのエステを行なう中、小顔矯正の技術『エンドリングフェイシャル』に出会って。神戸の学校へ半年間通い、技術を習得して2年半前に小顔矯正メインのサロンへリニューアルしました。そしてこの度、浦安へ移転オープンしたんです」と大熊さん。

現在ラリマールの看板メニューである『エンドリングフェイシャル小顔矯正』は、今まで様々な美容の施術に携わってきた大熊さんが「これだけ自信を持って施術できる技術はこれしかない!」と言い切るほど。小顔矯正のみのコースのほか、さらにむくみへアプローチする『小顔矯正+腎臓調整』、もっと癒されたい方向けの『小顔矯正+ヘッドスパ』といったプラスアルファのコースもあります。特にヘッドスパは、ちょっと頭触ってもらっただけでもあんなに気持ちよかったのに、どれだけ癒されるんだろう…!?と興味津々。

サロンのリニューアルを記念して、11月中は初回のお試しコースがとってもお得! 通常12,000円の小顔矯正コースは4,900円(11月中のみ。12月からは5,900円)、通常15,000円の『小顔矯正+腎臓調整』『小顔矯正+ヘッドスパ』は7,900円(11月中のみ。12月からは8,900円)です。小顔になりたいアナタはもちろん、顔の歪みが気になる方、むくみやたるみの気になる方、自分を変えたい!と思っている方にも、ぜひ一度試していただきたい! 女性限定&完全予約制サロンなので、ご予約はホットペッパーもしくはLINE@からどうぞ。明日の自分をもっと好きになれるはず♡

小顔矯正サロン ラリマール…浦安市当代島3-3-1トミーハイツ407
日・祝定休 10時~18時
https://larimar-salon.com/
★ご予約はホットペッパーからが便利です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る