市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

音楽好き必見☆浦安初上陸のギタリストユニット「TMT」を始め、80年代ポップスやボサノヴァが聴ける!『ライ葡ショー』でコロナ疲れを癒しませんか?【9/21開催@浦安音楽ホール】

コロナウイルスの感染拡大が社会問題になってからというもの、生の音楽を聴く機会というのはめっきり減ってしまいました。そろそろ生音を聴きたい!元気をもらいたい!…という方も、多いのではないでしょうか? 7月から営業再開した浦安音楽ホールにて、来る9月21日(月祝)に『ライ葡ショー』が開催されます! 浦安を中心に活動しているバンド『えいとまん倶楽部』が主催のこちらのイベント、オープニングでは水墨画の実演が行なわれ、続いて『えいとまん倶楽部』がポップスを演奏。スペシャルゲストではボサノヴァを聞かせてくれる『bossa do Ar』、そして浦安初上陸のギタリストユニット『TMT』が登場し、久しぶりのステージを盛り上げてくれます! 

こちらは昨年の様子。(撮影:鵜澤昭彦)

感染対策は?

このご時世、やはり一番気になるのは感染対策ですよね。「音楽ホールからは最高水準の感染症対策を要請されています。それを遵守し、ホールにいらっしゃるお客様の体温計測、マスクの着用、手指消毒をお願いしております。観客席には一つおきにお座りいただきます。ホールも常に外気換気を行っていますので三密に対する施策は充分です。万全を期してお迎えいたしますので、安心してお出掛けください!」と、主催のえいとまんさん。

音楽の持つ力を、全身で感じよう!

今回の『ライ葡ショー』のテーマは、『アートでコロナ疲れを癒しませんか。~美術と音楽のチカラ 心躍る午後のひととき~』。「いつもと違う窮屈な時間が続き、イライラしたりむしゃくしゃしたりすることが多いと思います。そんな中、元気の出る音楽やアートに触れて、癒されてもらえたら。会場で味わうライブだからこその“一体感”の心地よさも、ぜひ感じていただけたらと思います」

(撮影:鵜澤昭彦)

オンラインライブやYoutubeでは感じられない、会場全体の“一体感”。耳で聴くだけではない、音の波や空気の震えを全身で感じられるのも、ライブの醍醐味ですよね。聴いたあとに「楽しかった!」「元気もらえた!」と思えること、間違いナシ!

嬉しい参加特典もあり♪

『ライ葡ショー』では葡萄つながりということで、浦安音楽ホール2階「ラテン・イタリアン・ダイニング シャンティー」さんへチケットの半券を持っていくと、1杯500円でワインを楽しむことができます。終演後はもちろん、ステージとステージの間の休憩時間は30分ほど取るそうなので、その時間で行くのも良いですね! また、協賛の美容室オレンジポップさんからは、ヘアケアサンプルプレゼントがありますよ☆ チケットは前売り2,800円、当日2,900円。ご予約・お問い合わせはえいとまん倶楽部(Email:eightmanclub@gmail.com)までどうぞ!

日程 2020年9月21日(月祝)
演目 12時~ ロビー開場
14時~ ホール開場
15時  開演、水墨画実演・えいとまん倶楽部
16時半 bossa do Ar
18時  TMT super guiter trio
チケット 予約:2,800円、当日:2,900円
※ロビー展示会は無料でご覧いただけます
場所 J:com浦安音楽ホール ハーモニーホール
ご予約・お問い合わせ えいとまん倶楽部(eightmanclub@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る