市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【夏季限定】祝! 営業再開した『ヒルトン 東京ベイ』初となる『アフタヌーンティー』を体験♪ 浦安市民ならではのショートトリップのススメ♡ 8月31日まで*好評につき9月11日(金)まで延長決定!

皆さんもご存じの通り、昨今の感染拡大の影響で浦安舞浜にあるホテル群は営業を余儀なくされていました。約2カ月がたち6月30日に再開した『ヒルトン 東京ベイ』。言わずと知れた超名門ホテルです。一部店舗の営業はされていませんが、他のホテルとは一線を画した『サマーアフタヌーンティー』をバーラウンジ「シルバ」で開催しているとのこと! 当然ながらホテルの感染拡大防止に向けた取り組みもしっかりされています。ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」を実施。通常の席数54席から30席に変更し、一日20名様だけの特別限定数で開催! 意外にも初の試みだという『サマーアフタヌーンティー』へお年頃同士の編集室スタッフとともにホテルステイをレポートしたいと思います!

バーラウンジ「シルバ」

ホテルへ到着する前から、どんなアフタヌーンティーをいただけるのかワクワクしていました。できるだけ「可愛い~!」というワードは使わないように他の語彙を試そう! ということに…。車を止め、正面玄関を入って左に真っすぐフロントを横目に、突き当りにあるのがバーラウンジ「シルバ」のある「ザ・スクエア」という空間へ。こちらは3つの異なるレストランとバーラウンジがオープンエアーに、落ち着いた雰囲気でオープンな空間と思えないほどゆったりとしています。残念ながらビュッフェレストラン「フォレストガーデン」は朝食のみの営業、地中海料理「アチェンド」は営業を休止中。そして今回『サマーアフタヌーンティー』を堪能できるのがバーラウンジ「シルバ」です。
 
営業の短縮、客席を減らし、テーブル配置を変更して営業されています。テーブルセッティングではお相手と正面にならないようになされていました。そしてメニューは一口のお料理やスイーツが分かりやすくイラストも素敵でした!

純スリランカ(セイロン)産『ディルマ』

アフタヌーンティーといえば紅茶ですね! 今回こちらでいただけるのは、紅茶の産地スリランカ初のティーブランド「ディルマ」。なんでもこちらの紅茶は「純スリランカ(セイロン)産」の茶葉を新鮮なうちにスリランカ国内で現地一貫生産されているとのこと、ヨーロッパなどの第三国を経由することなくできたてのまま各消費国へ直送されるのだとか。そうすることで抜群の鮮度が保たれたままいただくことができると、サービススタッフの方が丁寧に説明をしてくれましたよ。そんな特別な紅茶が選び放題で、飲み放題♡

 

思ってたのと違う!

スリランカ産の「ブリリアント・ブレックファースト」とインド産の「ダージリン」をオーダー。スタッフさんは手袋をし、数分経ったらお茶を入れに来てくださいました! 茶葉の香りが漂います。心地よい渋みをもった味わいが特徴の「ブリリアント・ブレックファースト」はストレートで、茶葉の深みを感じるのにさっぱりといただけます。「ダージリン」は多少の苦みを感じるものだと思っていましたが、全く苦みのないフルーティーな飲み口にびっくり~! 早く甘いものと一緒にいただきたい! と思っていると、数人のスタッフさんがテーブルに…、思ってたのと違う!!

じゃ~ん! 「可愛い~~~!!」と言った瞬間、二人で爆笑! やっぱり可愛いものは可愛いし、一つ一つが手が込んでいるのが一目瞭然です。どこから聞いて良いのかすべてが非現実的で、ドライアイスも涼やかに夏を彩ります。アフタヌーンティーと言えば鳥かごのようなものでサービスされるのかと思いきや! まるで宝箱に載せたジュエリーを運ぶように、スタッフさんのサービスの身のこなしも素敵でした☆ 夏を感じる爽やかなラインナップは見た目だけでも暑さを吹き飛ばしてくれるような、洗練されたお料理の数々が目の前に広がります。ちょうどそこへヒルトン 東京ベイ の総料理長、マーシャル ディフォー氏がわざわざテーブルまでご挨拶に来てくださいました! またまたびっくりです。


「一般的には紳士淑女が寛ぐアフタヌーンティーとしてマナーもありますが、今回はヒルトン 東京ベイならではのアフタヌーンティーを、浦安市民の方にも気軽に楽しめるよう、特別な時間を過ごしてほしいと思っています! 今まさに旬の果物と、ヒルトン発祥のお料理を合わせた、ヒルトンのオールスターが集結したお料理の数々を楽しんで!」と素敵な笑顔でお話してくれました♪ その後、ペストリーシェフの松下 陽亮 氏とセイボリーを担当された「ザ・スクエア」の料理長 袴田 憲二 氏ともご挨拶をさせていただきました。

(左)ペストリーシェフ 松下 陽亮氏(右)「ザ・スクエア」の料理長 袴田 憲二 氏

どれにしよ~?!

鳥かごの場合は下からいただくのがマナーだとのことですが、自由に好きなものからお召し上がりくださいと、スタッフさん。それはそれで悩む~! と思いながらも、松下氏が一番のおすすめだという焼き立ての「2種のスコーン」からいただきました。

付け合わせのマーマレードにブルーベリージャムは無限…止まりません。やはり温かいものは温かいうちに…ということで大正解! プレーンと紅茶の茶葉(これもディルマの茶葉を使用)が香ばしい! 個人的にはマーマレード推しでした。これはセットにしておうちでも楽しみたいですね! スコーンとジャムで朝食なんてできたら特別な一日になりそう! なんて妄想が膨らみます♡ にしてもどのお菓子もお料理もほんとに手が込んでいるものばかり。


7種のスイーツと6種のセイボリー、2種類のスコーン。思わず写真を撮りたくなるほど繊細な「パッションレモンマカロン」は、パッションフルーツとレモンのクリームをサンドした黄色いマカロンに、レモンの花をモチーフにした白いお花形のホワイトチョコレート。精巧な作りで食べれるの? と半信半疑でしたがこちらも一口でいただきました。マカロンの可愛さとともにさっぱりした夏の酸味を感じられます。

口いっぱいに瑞々しいフレッシュマンゴーの香りが広がる「マンゴーエクレア」も美味~! 割と大き目なスイーツでしたが、甘みが抑えられた上品な一品でした。そしてパイナップルジュースやココナッツミルクを使用したヒルトン発祥のカクテル「ピニャコラーダ」をプリンにアレンジした、さっぱりした味わいの「ヒルトン  ピニャコラーダプリン」。小さなグラスに入ったココナッツミルクを好きなだけかけていただきましたが、これはいくらでもおかわりしたい一品! まさに夏のリゾート気分を味わえます。

完熟メロンと軽い口当たりのスポンジケーキがとろける「完熟メロンショートケーキ」完熟したところだけをくりぬきました、と松下氏。なんて贅沢なケーキなんでしょう♡ こちらもメロン自体の甘さが引き立ち嫌味のない甘さがたまりません。色鮮やかな旬のフルーツをふんだんに使用したスイーツをお楽しみいただけます。

そしてそしてドライアイスに包まれた小さなビーカーに入っているのが、「スイカのガスパチョ」。スイカと夏野菜を半日マリネした後ミキサーで攪拌し、一度冷凍した後に解凍しながら濾すことで、旨味を引き出していると、袴田氏。クリアなスープの見た目からは想像できないほど、甘味や酸味が詰まった栄養価の高い冷製スープです。濾す前のスープを粒状にしたオレンジ色のガスパチョは旨み詰まった味わい。これで夏バテも克服できそう!

玉蜀黍(とうもろこし)のババロア」は、下地に敷いたコーンクッキー、焼きとうもろこしの風味が香るババロア、トップに飾ったスパイシーなポップコーンまで、全てにとうもろこしを使用。様々なとうもろこしの食感を一口で味わってほしいという袴田氏の思いが詰まった一品です。アフタヌーンティー定番のきゅうりを使用したサンドイッチには海老とアボカド。「スモークサーモンとリコッタチーズのブリニ」は間違えのない一品でした。添えられているハーブはディルかと思いきや、口に入れた瞬間漂う大葉の香りにビックリ~! 正直もっといただきたいです。

一皿のお料理がミニマムに、一口で届けてくれるなんて超~贅沢な午後…。この他にもヒルトン発祥のエッグベネディクト。うずらの卵をポーチドエッグにし、一口サイズにアレンジした「一口サイズのエッグベネディクト」。贅沢にも竹炭を使用したブリオッシュの上に、濃厚なフォアグラをのせました。ポートワインの甘味と芳醇な香りがフォアグラの旨味を引き出している「フォアグラのキューブ」。これがすべていただけるのです。贅沢なのに気軽にいただけます。すべてが満足~。一口サイズなのに、すべていただいたらお腹がいっぱいに! これは当然紅茶もすすむし、おしゃべりもすすみますね。紅茶以外にもコーヒーや、お昼からお酒を楽しみたい方、うふふ…シャンパンのご用意もありました! 

スタートは11時からなので、ランチの時間帯からアフタヌーンティーをいただけます。また、お子さま用のランチプレートのご用意や、ハンバーガーやサンドウィッチも別途ご用意があるとのこと、ご家族でも楽しむことができます。残念ながら今年は夏らしいことが制限されてしまいますが、ひっそりと夏を思う存分味わいました! お互いにソーシャルディスタンスを上手に守りながら、特別な時間を過ごせます。それにしても超名門というホテルだけあって、サービスもホスピタリティも一流。そしてホテル発祥の食べ物や飲み物をいただけるなんて、歴史を感じながらいただけるものヒルトン 東京ベイならでは! 今年の夏はちょっぴりおうちのことを忘れて、舞浜へ出かけてみては?

「Summer Afternoon Tea(サマーアフタヌーンティー)」概要

期間: 2020年7月23日(木)~2020年8月31日(月)
*好評につき9月11日(金)まで延長決定!
場所: ヒルトン東京ベイ バーラウンジ「silva(シルバ)」(浦安市舞浜1-8)

営業時間: 11:00~17:00(1日20名限定、事前のご予約をお願いいたします)
料金: 2,950円
※コーヒー・紅茶付(フリーフロー)
※別途税金とサービス料を頂戴いたします。
ご予約、お問合せ TEL:047-355-5000(代表)レストラン部
https://www.hiltontokyobay.jp/plans/restaurants/sweets/silva_afternoontea
※表記内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。
※仕入れ状況によりメニューは変わる場合がございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る