市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

妙典橋完成!本日開通式典が開催されました

本日2019年3月26日午後4時、とうとう妙典橋が開通しました。それに合わせて開通式が開催されました。

市川市の妙典地区と高谷地区を結ぶこの橋の完成を祝い市川市長のあいさつ、市川市消防音楽隊による演奏などが行われました。その後テープカット、渡り初めと続きました。

式典直前の様子 どんどん人が集まってきます

片側一車線、歩道付です

市川市消防音楽隊のみなさんがスタンバイ

さらに人が集まってきます

始まった様子、市長のスピーチだと思われるがマイクの音が小さすぎて話している内容がほぼわからず残念

音楽隊による「川の流れのように」の演奏

チーバくんが現る!子供たちの歓声が

テープカット、市川市長も参加

いよいよ歩き初め!市川市消防音楽隊によるマーチングバンドの先導でゆっくりと進みます

さらに進みます 天気も良くなってきて暑くなってきました

車道から見た東西線車両基地 このアングルからの撮影は車が通ってしまうと撮影するのが難しいかもしれません

いい景色です

車道側の欄干 歩道側に比べ低く近づくと少し怖いです

歩道は広く自転車も乗ったまま渡れるようになっています

だんだん高谷側に近づいています

もうすぐ渡り切ります

あれ?妙典橋じゃなかったっけ・・・どこかで境目があるのでしょうか

外環道との交差点手前まで来ました 歩き初めで来れるのはここまでなので引き返します

行徳富士も見えます

歩道側からの車両基地の眺め 電車ファンにはうれしいかもしれませんね

開通前の道路を歩くのは初めての体験なので結構楽しいです

もうすぐ妙典側へと帰ります

こちら側には妙典橋という表記が・・・

午後4時の開通に向けて大急ぎで撤収作業

まもなく午後4時 パトカーの先導で開通します

妙典側からの最初の一般車両はバイクでした

高谷側からの初めての一般車両は軽自動車でした

 開通直後からどんどん車が増えてきました。みなさん新しい橋を渡りたかったのでしょう。私もこのあとすぐ渡りました。橋の途中から渋滞になりほとんど進まなくなりました。10分以上かかってやっと渡りきるかなというところで渋滞の原因がわかりました。

この写真の奥が高谷側なのですがそちら側から来る車両による写真左側へと曲がる右折待ちが多数発生で流れが止まってしまっていました。さらに奥の交差点の信号待ちが長く大渋滞が発生していました。新しい橋ができるということでの交通量の増加があったとは思いますがちょっとこの先不安な感じがありました。

この妙典橋の開通により妙典側と高谷側の住民の移動が便利になる、消防、救急などの緊急車両の到着時間の短縮、市川大橋・行徳橋などの周辺の混雑の緩和などの効果が期待できるかと思われます。

開通式典では「やっと完成したねえ」「生きている間に出来るとは思わなかった」などの声が聞こえてきました。周辺の住民もこの橋の完成を期待していたようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る