市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

レッドブルエアレース千葉2016 浦安会場 設営状況

RED BULL AIR RACE CHIBA 2016 の開催が、来週末の6月4日(土)5日(日)と迫ってきました。
浦安市では昨年同様、墓地公園の海側堤防に滑走路、浦安総合公園内にはパブリックビューイング会場と公園海側堤防に飛行機を格納するハンガーエリアが設置されます。現在の準備状況を確認したく、5月25日お昼過ぎに浦安総合公園へ行ってまいりました。

浦安総合公園ではまだパブリックビューイングに使用される大型ビジョン等の設営は始まってませんでした。海沿いハンガーエリア予定地に大型クレーンが見えるので、近くへ確認へ行きました。

1
ハンガーに使用される鉄筋の骨組みが、設置予定地と思われる場所に置かれているのがわかります。

2
フォークリフトで鉄筋骨組みを所定の位置へ運び、大型クレーンで持ち上げ組み立てているようでした。こうした風景が見れるのも、今この場所ならではだと思います。

3
一番奥のハンガーの組み立てが進み、ハンガーの骨格が確認できます。この中に飛行機が格納されるんですね。全ハンガーの組み立て終わった時を想像するだけで、気持ちが高ぶります。

4
一番奥のハンガー隣に仮設の小屋が建てられていました。小屋の奥には大きなソファと椅子が数十脚並べられていました。この部屋で何をされるのか、気になります。 

5
更に奥に、先ほどの小屋の数倍もある大きな仮設小屋が建っておりました。ここに多くのスタッフ、関係者の方々が来るであろうと想像します。

準備状況の確認ができ、気持ちの高ぶりを抑えながら公園を後にしようと歩いていると、園内の至る所に「おしらせ」が掲示されているのが目に入りました。
6
このお知らせには大会開催中、及び開催前、浦安会場での重要な注意事項が記載されておりました。
既に海沿いのエリアは一部立ち入り禁止となっておりますが、6月1日から6月5日は浦安総合公園でも立ち入り禁止エリアが設けられると書かれております。裏を返せば5月31日までであれば、ハンガーエリアの至近距離まで近づける可能性が高いです。

また、公園内の立ち入り禁止エリア設定日とテスト飛行開始日が関係してるのではないかと想像します。筆者は昨年、総合公園でテスト飛行を見ることができました。大会当日と比較して圧倒的に見学者も少なく、ゆっくり落ち着いて見ることができてラッキーでした。今年のテスト飛行がいつからどのように行われるのか定かではないですが、今年のテスト飛行も期待したいと思います。

浦安総合公園付近は徐々にRED BULL AIR RACE モードに入っております。昨年以上の熱い戦いを期待して、大会当日と当日までの期間を楽しみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る