市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

海の街、高洲公民館で【熱狂のボサノヴァライブ!】

浦安市内小・中学校が一学期の終了式を迎えた7月17日金曜日の夜、高洲海浜公園からほど近い、高洲公民館でボサノヴァライブがありました。
出演は、プロバンド・Toquio Bossa Trio。テレビCM等で大活躍のブラジル出身のギタリスト・歌手のシキーニョさん。そして、公民館や市内小・中学校で行われるダンスエクササイズ講師としてもお馴染み、プロダンサーのジゼルさん。

さて、みなさんは〝ボサノヴァ〟と聞いてどんなイメージを持たれますか?
たとえば、夕暮れのビーチで寛ぎながらゆったりと聴くムーディな曲? ボサノヴァはブラジル発祥の音楽。ブラジルには美しいビーチがたくさんありますから、海をテーマにした曲も多いのです。ここ浦安も海の街ですよね。
でも、ブラジルと言ったら、やっぱりサンバ! 来年オリンピック開催されるリオ(デジャネイロ)のカーニバルはとくに有名。実はボサノヴァってこのサンバの一種なんですって!

さて、ライブ中盤ではシキーニョさんが講師を務めるボサノヴァサークル〝Ponte do arco-iris〟の初演奏もありました。
2
演奏されたのは、まず、日本でも人気の高い「イパネマの娘」。リズミカルな中にもしっとり聞かせるところもあり…。まさに私たちがイメージするボサノヴァです。
次はパワフルでダンサブルな「トリステーザ」。トリステーザはラテン語で「哀しみ」を意味します。それがこんなにノリノリな曲だなんて…。ブラジル人ってカッコイイ!

さて、ライブ後半では背中にゴージャスな羽をつけてジゼルさん登場! 華麗なダンスに客席は釘付けです。
サンバの陽気なリズムとジゼルさんの笑顔に誘われ、Ponte do arco-irisのメンバーや、お客さんも巻き込んでのダンスの輪がどんどん広がっていきます!
4
熱狂のボサノヴァライブで大いに盛り上がり、この夏を元気に乗り切れそう!

このボサノヴァライブに行き損ねてしまった!という人に朗報。10月に行われる高洲公民館祭の中で、Ponte do arco-iris(10月10日)とサンバチームEstrangeiros(10月11日)の演奏&ダンスが行われるそうですよ!今度はぜひ見逃さないで!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る