市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】堀江の路地裏の古民家が、アンティークな雰囲気のティールームに♡ 女子がときめく隠れ家カフェ『うさぎティーガーデン』

堀江3丁目、フラワー通り。かつては商店街として賑わった通りも、今は住宅街になりつつあります。今年2月、ここフラワー通りから路地を1本入ったところに、『うさぎティーガーデン』という古民家カフェがオープンしました。アンティークな雰囲気の中で美味しい紅茶と焼き菓子が楽しめる『うさぎティーガーデン』、早速取材させていただきましたよ!

元々漁師さんのお家だった古民家。うさぎさんがたくさんの、女子がときめくティールームに!

堀江フラワー通りの旧宇田川家住宅の脇に、『うさぎティーガーデン』の看板が出ています。

え、ここ入っていいの?と思われるかもしれない細い道ですが、大丈夫! この道の先に、目的の古民家カフェがあります!

小さなお庭と、奥には平屋のお家。ここが古民家カフェ『うさぎティーガーデン』です。お庭にはそこここにうさぎちゃんが♡

窓の端が入り口になっており、段を上って店内へ。ここでもうさぎがお出迎えしてくれますよ。掃き出しの窓を開けると、「いらっしゃいませ! お店の中は土足で大丈夫ですよ」と笑顔で迎えてくれる店主の木村さんです。実はこの古民家、漁師さんだった木村さんのお祖父さんが住んでいたお家で、築年数はゆうに50年を超えるのだそう。浦安の歴史がつまったお家なんですね。

店内は家具や什器、絵から鏡まで、アンティークな雰囲気が満載。絵画の世界に迷い込んだような、ヨーロッパの古き良きお宅に招かれたような…こういう雰囲気って、女子なら一度は憧れますよね! いろんな場所にうさぎがいるのも要チェック☆

棚にある雑貨や帽子・洋服は販売中。帽子と洋服は作家さんの委託作品で、全て手作りです。お店の雰囲気にピッタリ♡「ぜひ手に取ってご覧くださいね」と木村さん。棚の中にはディスプレイ用の非売品もあるのでご注意ください。

お店の奥には、本日の焼き菓子が並びます。この並んでいる姿も…とってもカワイイ…!! 思わず写真を撮りたくなっちゃう、そんなお店ですね。

質の良い茶葉で丁寧に淹れる紅茶を、ぜひ味わって

看板メニューは西日暮里にある『Cha Tea』さんから仕入れる上質な紅茶。実は木村さん、15年ほど前まで当代島で『giulietta』というギャラリーを開いていらっしゃいました。そのギャラリーで紅茶教室を開いてくださったのが『Cha Tea』さんで、そこからのお付き合いなのだそう。「それまでも紅茶は好きだったんです。でもCha Teaさんに出会って『こんなにも淹れ方で味わいが違うんだ!』『上質な茶葉はこんなに美味しいんだ!』とビックリして。目からウロコでしたね。Cha Teaさんの紅茶教室に通って、丁寧にお茶を入れることがこんなに幸せなんだ、と気づかせてもらいました」。お湯は沸騰したてを使う、2ポット方式で淹れる…ちょっとしたことで味わいがガラッと変わる、そんな紅茶の魅力にどんどんのめり込んだのだそう。お店には『Cha Tea』さんが書かれた紅茶の本がたくさん置いてあって、自由に読むことができます。

『うさぎティーガーデン』の紅茶メニューは、「ダージリン」「アッサム」「ヌワラエリヤ」の3種類。時折限定メニューが登場するそうです。ポットでの提供(約2.5杯分/660円)で、茶葉やお好みに応じてミルクやお砂糖を付けてくれます。「淹れてるときの時間も手間も、とっても幸せなんです」と柔らかな笑顔の木村さん。

この日はアッサムをいただきました。「アッサムはミルクと合うので、ぜひミルクティーにしてみてくださいね」。ティーポットから金で縁取られた優雅なティーカップに注ぎ、香りと味と温度を確かめながら紅茶をいただく。一杯一杯丁寧に淹れられた紅茶は、この上なく優雅な気分にさせてくれます。

優しい甘さの焼き菓子も、紅茶のお供にぜひどうぞ。テイクアウトもできます

紅茶はケーキセット(1,430円)にすることも可能。この日のケーキは『ヨーグルトたっぷりのしっとりオレンジピールざくざくショコラ』(単品880円)…え~、どんなケーキなんだろう! 生クリームを+55円で付けることができるので、こちらもオーダーしてみました。

ケーキは名前の通りしっとりとしていて、優しい甘さ。やっぱりチョコレート系には生クリーム付けるのが正解ですね♪ 1カットもけっこう大きめなので、ポットの紅茶といただくのにちょうど良い感じ。午後のひと時をゆったり過ごしたい方にピッタリ♡

もともとお菓子作りが好きだったという木村さん。試行錯誤を繰り返しながら、お店で出すケーキを考案したそうです。「紅茶に合わせて美味しいように、自分の好みの味になるまで何度も試作しました。マフィンも何回も作っていっぱい食べたんですよ(笑)」。ケーキやマフィンには北海道産の小麦粉と、フランス・ヴァローナ社のチョコレートを使用しているそう。ちなみにこの日のマフィンは『りんごとチェリーのアールグレイティーマフィン』(440円)。ケーキとマフィンは日替わりで、お持ち帰りも可能。帰りにマフィンをテイクアウトしてみました!

「レンジで20秒くらい温めるといいですよ」という木村さんのアドバイス通り、ちょっと温めていただいたのですが、そうすることでアールグレイの香りが引き立つ! すごく上品な味わいです。やっぱり紅茶と合わせたくなっちゃいますね…。

ぜひ足を運んでみてください♡

オープンして数週間ですが、遠方やご近所からもお客様がいらしているという『うさぎティーガーデン』。「私、昔からヨーロッパが大好きなんです」と木村さん。「なかなかコロナで海外旅行ができないけれど、次は紅茶文化の本場であるイギリスへ行ってみたいですね。イギリスには、普通のお宅を開放しているティールームがいくつもあるんです。ヨーロッパのお家でお茶をしているような、非日常だけど改まりすぎない、くつろげる雰囲気をここでも出せたらいいなぁ…と思っています」。ゆくゆくはお庭をテラス席として使えるようにしたい!と、構想を練っているのだそう。楽しみです♡

女子がときめく隠れ家のような、古民家カフェ『うさぎティーガーデン』。不定休なので、訪れる前にInstagramをチェックしてみてくださいね。美味しい紅茶を飲んでゆったりしたいとき、カワイイものに囲まれてウキウキしたいとき、一人の時間を満喫したいとき…ぜひ訪れてみてください!

うさぎティーガーデン…浦安市堀江3-5-2 047-702-5784
12:00〜18:00 不定休
※お休みはInstagramからご確認ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る