市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安市立中央図書館、3月24日(火)リニューアルオープン!市内公民館内の図書館(分館)もオープンしています

2018年末から一年3ヶ月ほど、大規模改修のため休館していた、市内最大規模の浦安市立中央図書館3月24日(火)がリニューアルオープンしました!

こちら、リニューアルオープンの記念品。ミニタオルです。かわいい。

本来なら、新しくなった図書館の内覧会、また有名作家を招いての記念講演会などのイベントがあったのですが、国内いたるところで感染が確認された新型コロナウィルスの影響を受け、すべて中止となりました。また、館内サービスは、

・図書の貸出・返却
・図書館利用券の発行手続き
・開館時間を午前10時から午後6時

のみとなり、長時間の利用や、館内での読書はできません。通常なら自由に手に取れる新刊雑誌も置いてありません。雑誌の書架にはバックナンバーだけが並んでいます。

館内設置の各テーブルにはこのような注意書きも…。

都内の図書館などでは、インターネットで蔵書を調べて予約し、カウンターで受け取るサービスを実施していたようですが、「書架の本を自由に手に取る楽しみがない」という声もありました。

内田市長はリニューアルオープン直前の挨拶の中で「図書館の中でたくさんの本を実際に手に取って欲しい」と述べられていました。

早くから並び、待ちきれずに「あと何分?」と何度も保護者に尋ねていた子ども。いよいよ絵本コーナーに足を踏み入れたときの輝いた瞳、隅々まで本が並べられた書架を見る大人たちの満足そうな顔…。市民のための文化施設が三週間ぶりに戻ったことに感謝します!

入館前には、スタッフによる検温があり、手指のアルコール消毒もします。

館内の奥まったエリアには時代の古い本が階段の上下にズラリ。

国内外の文豪たちの全集も揃っています。DVD、CDの種類も豊富。

こちらのコーナーでは、私たち一般利用は入室不可の地下書庫(閉架)の本を探してもらうコーナー。貴重な蔵書が多く、私はよく利用しているのですが、このサービスはお休み中。

ただいま、中央図書館のリニューアルオープンに伴い、通常ひとり10冊まで2週間貸し出しのところ、20冊を3週間借りられるとのこと。普段よりたくさんの本を長期間借りられるので、週末、お家でのんびり過ごすにはもってこいですね。

「中央図書館は家から遠くて」という方。改修中の美浜公民館を除く、6つの公民館内にある分館も同時にオープンしていますよ。

ただし、分館は、中央図書館とは異なり、17時にクローズしてしまうため、ご注意を。

浦安市中央図書館 猫実1-2-1 10〜18時開館
猫実分館 猫実4-18-1(中央公民館1階) 10〜17時開館
当代島分館 当代島2-14-1(当代島公民館1階)
堀江分館 富士見2-2-1(堀江公民館1階)
富岡分館 富岡3-1-7(富岡公民館1階)
日の出分館 日の出4-1-1(日の出公民館1階)
高洲分館 高洲5-3-2(エスレ高洲1階)

リニューアルオープンの日は、なんと約2.000人の市民が来館し、約7,000冊の貸出しがあったそうです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る