市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

就学前の子どもたち集まれ!「親子フェスタ 2017」で保育園の先生たちと思いっきり遊んじゃおう!

3月12日(日)10:30~16:00 浦安市民プラザWave101 大ホールで行われた「親子フェスタ 2017」。2015年から始まり、今年で3回目のこのイベントは、浦安市で働く保育士が有志で集まり運営している「親子フェスタ実行委員会」が主催する、就学前の子どもとその保護者が対象のもの。公営の公立保育園とは、当代島保育園、猫実保育園、入船保育園、富岡保育園、東野保育園、日の出保育園、高洲保育園の7園で、その先生方が以下のようなたくさんの遊びやワークショップを企画して、一緒に楽しい時間を過ごしてくれます。もちろん参加費は無料です。予約も不要で、開催時間も10:30~16:00と長いので、都合のいい時間に気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。

◆「手形うちわ」


会場に入るとすぐに出来るのがコレ。丸い紙のうちわにピンクかブルーの好きな色のインクで手形をペタン!日付入りなので、子どもの成長記録にもなりますね。

◆「遊びコーナー」

・的当て

・カプラ

◆「ミニステージ」

 
・絵本読み聞かせ
・歌、手遊び
・パネルシアター

◆「ワークショップ」

 
・でんでんだいこ
・カスタネット
・こま
・さらまわし

◆「バランスウェーブ」

 
唯一、体を動かして遊べるコーナー。

◆「変身コーナー」

 
ぞう、くま、とら、うさぎ・・・好きな動物に変身して写真を撮れる。

◆「赤ちゃんコーナー」


まだ歩けない赤ちゃんがゴロゴロできるスペース。たくさんのおもちゃや絵本も。

◆「情報コーナー」

保育園給食のレシピ配布など。

時間帯により、会場内の人数がかなり変動していましたが、毎年100組程度の親子が参加されているとのこと。私は娘と10:30過ぎに会場入りし、お昼を食べるのも忘れて13:00までノンストップで遊び倒しました。それもそのはず、どのコーナーにも優しい先生が温かく子どもたちを見守っていて下さって、一つ一つの言動を大袈裟に褒めてくれるので、娘のテンションは上がりまくりでした。

また、「さすが先生!」と思ったこともありました。最後にアンケートを記入すると、もれなく風船のサービスがあったのですが、娘が風船に喜んではしゃいでいると、はずみで風船を割ってしまったのです。大きな破裂音にショックを受け、風船を失った悲しさで言葉を失う娘の所に、一人の先生がパッと駆け寄って、「大丈夫、大丈夫!次は何色の風船にする? またオレンジがいいかなぁ?」と声を掛けて下さったのです。娘の表情はパッと明るくなり、先生と一緒にまた風船をもらいに行くことができました。

保育士さんは育児のプロフェッショナル。ママのどんな些細な子育て相談にも耳を傾けて、適切なアドバイスをして下さるはずです。子どもが楽しく遊べるだけでなく、ママのちょっとした困り事も解決するかも…。こんなに素敵なイベント、知らないなんてもったいない! おそらく来年も実施予定とのことですから、今年参加できなかった未就学児を持つパパ・ママも、是非来年は足を運んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る