市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【気になる“ あのお店” に行ってみた!!】“ちょっとした不調”を相談できる! 薬剤師さんのお店『森の薬局』

森の薬局

東京ベイ医療センター近くのバイパス沿いにお店を構える「森の薬局」。
恐る恐る扉を開けると、人の健康に真摯に向き合う薬剤師さんがいらっしゃいました。

便秘や不眠、更年期の不調…。「病院に行くほどでもないけれど、なんとかしたい」という症状、ありませんか? 「慢性的な症状には漢方がおすすめですよ」と話してくれたのは、北栄2丁目にある「森の薬局」店主の藤田さん。もともとは総合病院に薬剤師としてお勤めでしたが、症状が良くならず何度も来院する患者さんにお薬を出すたび「自分のお店を持てたらいいのに」という思いが強くなったのだそう。その思いが実り「森の薬局」をオープンしたのは3年前、69歳のときでした。

藤田さん


「森の薬局」では、各種症状に効く漢方薬をはじめ、生薬(漢方薬の原料)も扱っています。中でも特に藤田さんがおすすめするのは「ガジュツ」。体の中にあるいらないものを排出したり、血液をきれいにしたり、抗酸化作用もあると言われる「ガジュツ」は、藤田さんご自身も愛飲されているそう。「便秘にも効くし、疲れを感じにくくなりました。たくさんの方に試していただきたいので、500g(6〜8ヶ月分)で3800円とお求めやすい価格設定にしています」と藤田さん。他の漢方薬も、1日分150円から販売してくれます。

漢方薬量り売り


「森の薬局」のもうひとつの特徴は、処方箋が無くても薬が買える「零売薬局」であること。カロナールやロキソニンなどの西洋薬も処方箋無しで購入できるので、コロナ禍では買い求める患者さんが多かったのだそう。「ここは皆さんの薬箱。気楽にいらしてくださいね」と温かな笑顔で話してくださいました。

総合病院に勤めながら漢方薬の勉強を始めたという藤田さん。「42年前に本を買ったのが始まり。奥が深くて、どんどんのめり込んでいきました」と朗らかな笑顔。時には本で調べながら、お客様の症状に合わせてお望みの漢方を提案します。お薬だけでなく、桂皮(シナモン)の粉末や生姜の粉末なども置いてあり、取材中に訪れたお客様は「ここのルイボスティーが美味しいの!」とルイボスティーの茶葉を購入されていました!

森の薬局
浦安市北栄2-20-23
047-395-6473
12:00~18:00
月・金定休
www.morinoyakkyoku.work

※お薬・漢方薬ともに在庫切れの場合がございますので、ご来店前にお電話をいただけると確実です。

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2022年7-8月号に掲載された内容です。
※フリーペーパーに掲載されている日程が変更になる場合があります。最新情報はそれぞれの店舗・主催者にご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る